【サッカー】明治安田生命J1リーグ第30節 浦和レッズvs鹿島アントラーズ

Pocket

2018年10月20日に開催される、明治安田生命J1リーグ第30節、浦和レッズvs鹿島アントラーズの一戦を予想します。

一時期は降格圏近くまで順位を落としていた6位浦和は、既に優勝の可能性はほぼ消滅しましたが、調子を取り戻し来季のAFCチャンピオンズリーグ出場権を得られる3位フィニッシュの可能性を残しています。対する3位鹿島は僅かながらに優勝の可能性が残っているものの、現実的には不可能に近く、AFCチャンピオンズリーグ出場圏内でフィニッシュする事が最大の目標となっています。AFCチャンピオンズリーグ準決勝で水原三星(韓国)を相手に大逆転勝利を挙げるなど調子を取り戻していましたが、ここ3戦は足踏みが続いています。

 

両チームについて分析してみよう

それでは、「FUTBOL24.COM」という予想分析サイトを活用して、両チームの戦績等について分析してみましょう。

浦和レッズと鹿島アントラーズは2005年以降に33回対戦しており、浦和レッズの12勝12敗9分けと、五分の成績となっています。直近の直接対決6試合では、鹿島が6連勝しており、浦和は2016年11月以降、鹿島に勝利できていません。

直近の6試合をみてみると、浦和レッズは3勝2敗1分け、鹿島アントラーズは2勝1敗3分けとなっています。浦和が復調傾向にあるのに対し、鹿島は終盤戦でやや足踏み状態が続いています。

 

それではベットしよう

 

それでは、実際に「スポーツベットアイオー」というサイトでベットしてみましょう。

まずはスポーツベットアイオーのトップページを開き、「スポーツ」を選択。スポーツの一覧が表示されますので、「サッカー」カテゴリーより「J1リーグ」を選びます。


オッズについては、浦和レッズの勝利が2.38、鹿島アントラーズの勝利が2.95、引き分けが3.45となっています。圧倒的な浦和ホームでのアドバンテージからか、順位と倍率が逆転していますが、倍率はやや拮抗した形となっています。


ルヴァン杯準決勝で横浜F・マリノスに敗退するなど、AFCチャンピオンズリーグ準決勝の勢いが失われつつある鹿島ですが、過密日程の中でも大崩れを起こすことなく、着実に勝ち点を積み上げています。浦和はここ数年の不振から払拭すべく、来季のAFCチャンピオンズリーグ出場権獲得が至上命題となっています。注目は前節Jリーグ初ゴールを挙げた、若きDF橋岡大樹です。

この試合、ドローと予想します。

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る