【プロ野球】パ・リーグ クライマックスシリーズ ファイナルステージ 埼玉西武ライオンズvs福岡ソフトバンクホークス

Pocket

2018年10月17日に開催される、プロ野球パ・リーグ クライマックスシリーズ ファイナルステージ第1戦、埼玉西武ライオンズvs福岡ソフトバンクホークスの一戦を予想します。今シーズンの対戦成績は西武の13勝12敗となっており、ゲーム差(6.5ゲーム差)の割にはソフトバンクが健闘していると言えます。

この試合では西武が菊池雄星投手、ソフトバンクがバンデンハーク投手の先発が発表されています。

 

両チームについて分析してみよう

クライマックスシリーズ ファーストステージでは最終戦までもつれ込んだ結果、2勝1敗でファイナルステージ進出を決めたソフトバンク。注目選手はデスパイネ選手です。クライマックスシリーズ ファーストステージでは3試合で3ホームラン、打率.545と大暴れしています。その好調さをファイナルステージでも発揮したいところです。

本拠地メットライフドームで迎え撃つ西武ですが、今シーズン14勝を挙げた菊池雄星投手が先発します。ただ対ソフトバンクの通算成績は1勝13敗と相性が弱く、既に優勝が決まった状態で対戦した際に、悲願の初勝利を挙げています。ソフトバンク戦での初勝利が奏功するのか、菊池雄星投手のピッチングにも注目しましょう。

 

 

さっそくベットしてみよう

 

それでは、早速ベッティングサイトを見てみましょう。今回は「スポーツベットアイオー」というベッティングサイトを利用します。

スポーツベットアイオーのトップページから「スポーツ」をクリックすると、左側にカテゴリーが表示されますので、「野球」、「プロ野球」を選択すると、試合一覧が表示されます。


それでは埼玉西武ライオンズvs福岡ソフトバンクホークスの試合をみてみましょう。オッズは西武の勝利が1.50、ソフトバンクの勝利が2.55となっています。また、様々なベットオプションを追加する事もできます。


今シーズンは対戦成績こそ大差が無いものの、本拠地メットライフドームではソフトバンク相手に3敗しか許していない西武が試合を優位に進める事が予想されます。対するソフトバンクは「お得意先」とも言える菊池雄星投手を攻略する手立ては十分に持っていると言えますが、とにかくメットライフドームでの勝率の悪さが気になるところです。そして西武の強力打線を抑えつけることができた今シーズンと同様の働きが投手陣にも求められます。

この試合、埼玉西武ライオンズの勝利と予想します。

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る