【サッカー】国際親善試合 日本代表vsウルグアイ代表

Pocket

2018年10月16日に埼玉スタジアム2002(埼玉県)開催される、サッカー国際親善試合、日本代表vsウルグアイ代表の一戦を予想します。

12日のパナマ代表戦ではFW南野拓実が2試合連続となるゴールを挙げ、また「地元」での試合となったFW川又堅碁が凱旋ゴールを挙げるなど3-0で快勝しました。森保ジャパンが始動してから3試合目となるこの試合では、パナマ代表戦で出場機会の無かった選手を中心に出場するものと思われます。ウルグアイ代表はFWルイス・スアレスが招集外となっているものの、DFディエゴ・ゴディンやFWエディソン・カバーニらの主力選手が来日しています。

 

両チームについて分析してみよう

それでは、「FUTBOL24.COM」という予想分析サイトを活用して、両チームの戦績等について分析してみましょう。


日本代表とウルグアイ代表は過去3度、親善試合で対戦しており、いずれもウルグアイ代表が勝利しています。


直近の6試合をみてみると、日本代表が2勝2敗1分け(1試合は北海道の地震により中止)、ウルグアイ代表は4勝2敗となっています。新生・森保ジャパンの3試合目となりますが、いまだ無失点となっています。

 

それではベットしよう

 

それでは、実際に「ウイリアムヒル」というサイトでベットしてみましょう。

まずはウイリアムヒルのトップページを開き、「スポーツ」を選択。スポーツの一覧が表示されますので、「サッカー」カテゴリーより「国際親善試合」を選びます。


オッズについては、日本代表の勝利が2.75、ウルグアイ代表の勝利が2.50、引き分けが3.40となっています。ウルグアイ代表は12日の韓国代表との親善試合で敗れた為、オッズが極端に低くなっています。


 

森保一監督就任3試合目となるこの試合は、ロシアワールドカップを戦ったメンバーを中心にスターティングメンバーが組まれると思われます。相手が強豪ウルグアイ代表なだけに、現時点での日本代表の力が試される一戦となります。対するウルグアイ代表は韓国代表戦での敗戦によりウルグアイ国内で批判が相次いでおり、極東アジアの2チームに連敗しようものなら、就任12年目を迎え、71歳となったオスカル・タバレス監督の進退問題にもつながりかねません。何としてでも勝利が求められるウルグアイ代表は、親善試合ながらも本気で日本代表に襲いかかってくるでしょう。

この試合はウルグアイ代表の猛攻を何とか1点に凌ぎきり、1-1のドローと予想します。

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る