【プロ野球】セ・リーグ クライマックスシリーズ 東京ヤクルトスワローズvs読売ジャイアンツ

Pocket

2018年10月14日に開催される、プロ野球セ・リーグ クライマックスシリーズ ファーストステージ第2戦、東京ヤクルトスワローズvs読売ジャイアンツの一戦を予想します。今シーズンの対戦成績はヤクルトの13勝11敗1分けとなっています。

この試合ではヤクルトが原樹理が投手、巨人が菅野智之投手の先発が発表されています。

 

両チームについて分析してみよう

クライマックスシリーズの第1戦を4-1で勝利した巨人ですが、一気に勝負をかけるべく、エース菅野智之投手を起用してきました。第1戦では岡本和真内野手、坂本勇人内野手が結果を残し、今シーズン限りで退任する高橋由伸監督に「恩返し」をすべく、虎視眈々と「下克上」を狙っています。

対するホームのヤクルトは、第1戦で巨人の先発である今村信貴投手、上原浩治投手らの継投陣を相手に打線が沈黙。わずか4安打に止まり、巨人に「逆王手」を許してしまっています。ホームのアドバンテージを生かせず、しかも第2戦は菅野智之投手が相手という事もあり、苦しい戦いが続いています。

 

さっそくベットしてみよう

 

それでは、早速ベッティングサイトを見てみましょう。今回は「ウイリアムヒル」というベッティングサイトを利用します。

ウイリアムヒルのトップページから「スポーツ」をクリックすると、左側にカテゴリーが表示されますので、「野球」、「プロ野球」を選択すると、試合一覧が表示されます。


それでは東京ヤクルトスワローズvs読売ジャイアンツのオッズを見てみましょう。倍率は読売ジャイアンツの勝利が1.57、東京ヤクルトスワローズの勝利が2.37となっています。順位と倍率が逆転しているのが分かります。また、様々なベットオプションを追加する事もできます。


 

巨人は第1戦での快勝で勢いに乗っており、第2戦ではエース菅野智之投手を投入し、一気にクライマックスシリーズのファイナルステージ進出に向けて勝負をかけようとしています。今シーズンを2位で終え、アドバンテージがあるはずであるヤクルトですが、一発勝負の舞台で実力を発揮できているとはいいがたい状況です。3年ぶりとなるクライマックスシリーズの戦い方の難しさに直面している状況とも言えます。しかし2位の意地を見せるべく、なんとか菅野智之投手を攻略したいところです。

この試合、菅野智之投手を攻略して第3戦に望みをつなげたい東京ヤクルトスワローズの勝利と予想します。

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る