UEFAヨーロッパリーグ グループリーグ グループH フランクフルトvsラツィオ

Pocket

2018年10月4日に開催される、UEFAヨーロッパリーグ グループリーグ グループH、フランクフルト(ドイツ)vsラツィオ(イタリア)の一戦を予想します。グループリーグ初戦をともに勝利した両チームの対戦となりました。フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠にとっては、ヴォルフスブルク時代の2009-10シーズン以来となるUEFAヨーロッパリーグ参戦となります。ラツィオはチームを代表する存在であるイタリア代表FWチーロ・インモービレおよびセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチの2023年までの契約延長が発表された効果がどう出るのでしょうか。

 

両チームについて分析してみよう

それでは、「FUTBOL24.COM」という予想分析サイトを活用して、両チームの戦績等について分析してみましょう。


フランクフルトとラツィオは、2000年以降に親善試合を含めても対戦実績がありません。


直近の6試合をみてみると、フランクフルトは2勝3敗1分け、ラツィオは5勝1敗となっています。フランクフルトはブンデスリーガで勝ちきれない試合が続いており、UEFAヨーロッパリーグ初戦のマルセイユ戦での勝利で弾みがついたとは言えない状況です。ラツィオはリーグ戦で強豪相手の2連敗を経て4連勝となっていましたが、ローマダービーでの敗戦の影響を切り替えられるのかに注目です。

 

それではベットしよう

それでは、実際に「チェリーカジノ」というサイトでベットしてみましょう。

まずはトップページを開き、「サッカー」のカテゴリーを選択し、「UEFAヨーロッパリーグ」を選択すると、フランクフルトvsラツィオが表示されます。


オッズはフランクフルトの勝利が2.35、ラツィオの勝利が2.95、引き分けが3.35となっています。ホームのフランクフルトがやや有利という状況になっています。


対戦実績が無い為、なかなかどちらを選ぶのかが難しい状況ではあります。直近の結果から見ると、ラツィオが優勢という見方ができますが、フランクフルトもラツィオもUEFAヨーロッパリーグへの参戦に向け、大幅なターンオーバーを敷いており、リーグ戦の結果をそのまま鵜呑みにはできません。特にラツィオは先発の11人が全員入れ替わるほどのターンオーバーを実行する可能性が高く、戦い方に変化がみられる可能性が高くなっています。

この試合、ドロー決着と予想します。

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る