【サッカー】明治安田生命J2リーグ第36節 東京ヴェルディvsヴァンフォーレ甲府

Pocket

2018年10月6日に開催される、明治安田生命J2リーグ第36節、東京ヴェルディvsヴァンフォーレ甲府の一戦を予想します。

ここ3試合で下位チームを相手に不甲斐ない戦い方に終始したものの、1勝2分けと勝ち点を積み上げてきた東京ヴェルディはプレーオフ圏内の6位となっています。対するヴァンフォーレ甲府は1年でのJ1復帰を目指していましたが、序盤戦と夏場の失速が大きく響き、14位となっています。まだプレーオフ圏内に進出する可能性は残されているものの、勝ち点差を考えると非常に厳しいと言わざるを得ない状況です。

 

両チームについて分析してみよう

それでは、「FUTBOL24.COM」という予想分析サイトを活用して、両チームの戦績等について分析してみましょう。


東京ヴェルディとヴァンフォーレ甲府は2009年以降に8回対戦しており、ヴァンフォーレ甲府の6勝1敗1分けとなっています。過去の対戦成績ではヴァンフォーレ甲府が圧倒しています。しかも東京ヴェルディはホームの味の素スタジアムでヴァンフォーレ甲府相手に勝利を挙げたことがありません。

直近の6試合をみてみると、東京ヴェルディは4勝2分け、ヴァンフォーレ甲府は2勝3分け(1試合は悪天候による延期)となっています。両チーム共に好調を維持しているのがよく分かります。特にヴァンフォーレ甲府はルヴァンカップでJ1下位の柏レイソル相手にあと一歩のところまで迫るというところまで追い詰めました。

 

それではベットしよう

 

それでは、実際に「チェリーカジノ」というサイトでベットしてみましょう。

まずはチェリーカジノのトップページを開き、「スポーツ」を選択します。左欄の「サッカー」カテゴリーより「日本」そして「J2」を選びます。


オッズについては、東京ヴェルディの勝利が2.60、ヴァンフォーレ甲府の勝利が2.55、引き分けが3.10となっています。順位や勝ち点差があるものの、過去の対戦成績を加味してか、倍率が逆転してしまっています。


フクダ電子アリーナでの初勝利等々、かつて「鬼門」と言われてきた相手に今季は初勝利を挙げるなど、克服してきた東京ヴェルディの前に、また新たな「鬼門」が現れています。ここのところ余り良くない試合内容が続きますが、それでも最低限の勝ち点を積み重ねてきただけに、ここはどうしても負ける訳にはいきません。

この試合、ホームの東京ヴェルディ勝利と予想します。

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る