【サッカー】ドイツ・ブンデスリーガ第5節 ドルトムントvsニュルンベルク

Pocket

現地時間2018年9月26日に開催される、ドイツ・ブンデスリーガ第5節、ドルトムントvsニュルンベルクの一戦を予想します。

前節に今季初の公式戦出場となった日本代表MF香川真司ですが、得点に絡むようなプレーは無かったものの、まずまずの出来というところでした。果たして今節もスタメン起用されるのかどうかに注目が集まります。対するニュルンベルクは久しぶりの1部でのプレーになりますが、中堅チームを相手にまずますのスタートを切っています。

両チームについて分析してみよう

それでは、「FUTBOL24.COM」という予想分析サイトを活用して、両チームの戦績等について分析してみましょう。


ドルトムントとニュルンベルクは2001年以降に23回対戦しており、ドルトムントの13勝2敗8分けとなっており、ドルトムントが圧倒しています。ニュルンベルクが2部に降格した為、今回の対戦は2013-14シーズン以来となります。


直近の6試合をみてみましょう。ドルトムントは4勝2分け、ニュルンベルクは3勝1敗2分けとなっています。ドルトムントはリーグ戦で好調なスタートを切り、UEFAチャンピオンズリーグ初戦でも辛くも勝利を得ていますが、戦術やフォーメーションで試行錯誤が続いている状況です。

 

それではベットしよう

 

それでは、実際に「1xBit」というサイトでベットしてみましょう。

まずは1xBitのトップページを開き、「スポーツ」カテゴリーを選択し、左欄の「サッカー」カテゴリーから「ドイツ ブンデスリーガ」を選びます。


オッズについては、ドルトムントの勝利が1.34、ニュルンベルクの勝利が9.7、引き分けが5.05となっています。勝敗の他にも、様々なベットオプションを追加する事ができます。


ドルトムントは好調を維持している様にも見えますが、他チームはドルトムント相手に勝ち点を得ようと、分析を強めています。前節のホッフェンハイム戦でもその様な傾向が見られ、ドルトムントが苦戦する一因となりました。またドルトムントはFWピエール・エメリク・オーバメヤンをアーセナル(イングランド)へ放出した後に、核となるセンターFWの確保に難航しており、新加入FWパコ・アルカセルが初出場の試合で初ゴールを挙げてはいるものの、役不足は否めません。今季からチームを率いる大ベテラン、ルシアン・ファブレ監督の手腕を疑問視する動きもあり、今後に注目が集まります。

この試合、ニュルンベルクが先制するものの、ドルトムントが辛くも追いつきドローと予想します。

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る