NPBセリーグ 東京ヤクルトスワローズvs阪神タイガース

Pocket

2018年9月19日に開催される、NPBセリーグ、2位東京ヤクルトスワローズvs6位阪神タイガースの一戦を予想します。今シーズンの対戦成績は、ヤクルトの11勝、阪神の10勝となっており、このカードではヤクルトが破竹の6連勝中となっています。

この試合では、ヤクルトがブキャナン投手、阪神が岩貞祐太投手の先発が発表されています。

両チームについて分析してみよう

ヤクルトは阪神戦で相性の良い坂口智隆外野手に注目しましょう。中日は苦手にしているものの、阪神戦は打率.359と相性の良さを見せています。先発のブキャナン投手は2桁勝利に向けた数少ないチャンスをものにしたいところです。

いっぽうの阪神は天候不良による試合中止のため、9月に休みわずか5日、25試合を戦うというハードスケジュールとなっており、9月下旬以降は魔の13連戦が待ち構えています。そして追い打ちを掛けるように、チームの大黒柱であるメッセンジャー投手が2軍調整(今季復帰困難)、キャプテン福留孝介外野手も試合に出られるコンディションではありません。その様な中で、大山悠輔内野手が9月に入ってから8ホームランと調子を上げています。

 

それでは、早速ベッティングサイトを見てみましょう。今回は「スポーツベットアイオー」というベッティングサイトを利用します。

スポーツベットアイオーのトップページから「スポーツ」をクリックし、「野球」カテゴリーから「日本」を選択すると、試合一覧が表示されます。


それでは東京ヤクルトスワローズvs阪神タイガースの一戦を見てみましょう。オッズはヤクルトの勝利が1.74、阪神の勝利が2.07となっています。その他、複数のベットオプションを追加する事もできます。


2位につけているヤクルトは、クライマックスシリーズ進出をほぼ手中におさめていますが、2位という順位を死守し、クライマックスシリーズの展開を楽に進める為にも、落とせない戦いが続きます。今季最終戦である神宮での阪神戦の前に、なんとか決着をつけたいところです。また阪神戦の開催遅延により、クライマックスシリーズまでの準備期間が短いという事も考慮しなければなりません。6位阪神は満身創痍の状態が続き、甲子園の来場者数も減りつつありますが、若手選手を中心に奮起し、来季のためにも熱狂的なファンを納得させるプレーが求められます。

この試合、東京ヤクルトスワローズの勝利と予想します。

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る