プロ野球パリーグ開幕 開幕戦をオッズで予想

Pocket

29日に一斉開幕するプロ野球(パリーグ)。

ここ10年で飛躍的にレベルが上がり、今では実力のパ・人気ノセと呼ばれるまでになりましたが、今年も提言通りの高レベルな戦いを見せてくれるでしょうか?

絶対王者ソフトバンクを始め、楽天や、西武・ロッテら実力派球団の動向には目が離せませんね。

プロ野球2018パリーグ開幕戦。ブックメーカーのオッズを交えながら、開幕戦注目カードの勝敗や日本シリーズ優勝球団の予想を確認していきましょう。

 

 

オープン戦不調のソフトバンク 調整は間に合うのか?

昨年度1年振りのリーグ制覇を果たし、日本の頂点にも立ったソフトバンク。

ここ数年間の成績は圧倒的で、他球団を全く寄せ付けません。

強豪と言えばソフトバンクと呼ばれる程の常勝軍団日本ハムに成長しており、今シーズンももちろん優勝候補筆頭と見られているようですね。

出典 日刊魔胃蹴 http://blog.goo.ne.jp/datian17town



しかし18年度のオープン戦では5勝10敗と大きく負け越しており、開幕に向けやや不安も残ります。

またムードメーカー川崎の自主退団(自律神経によりプレー続行は不可能)など暗いニュースも続きました。

ブックメーカーのオッズではやや有利と見られていますが、そう簡単には行かないのではないでしょうか?

ブックメーカーマラソンベット オリックス勝利 2.75 ソフトバンク勝利 1.50


オープン戦の調子を引きずっていれば、開幕戦黒星で18年度を迎えることになってしまうかもしれません。

 

 

ロッテは昨シーズンもオープン戦好調だった!? 楽天も

ロッテは今シーズンのオープン成績を2位で終え、開幕に向け順調な仕上がりを見せています。

ただ昨年もオープン戦で好成績を残しており、それにもかかわらずリーグ順位は6位に終わってしまいました。

オープン戦は各球団調整という意味合いも強いですし、余りこの成績は参考にすべきではないのかもしれませんね。

また4番バッターが予定されていた角中が怪我で離脱し、戦力の不足も露呈。

井口監督が頭を抱えていたように、今季も難しい立ち上がりとなってしまうのでしょうか?

出典 http://baseballcontinent.blog.fc2.com



一方の楽天は昨シーズン序盤までは好調をキープ。しかし、交流戦終了後には失速し、結果的にはソフトバンクに抜かされてしまいます。

やはりソフトバンクに比べると層の薄さが目立ち、ペゲーロ離脱時の選手の補填がスムーズに行きませんでした。

今季もフロントは戦力補強に勤めましたが、現在の選手陣を見渡しても、ソフトバンクには到底太刀打ちできそうにありません。

だからこそ勝てるゲームは必ず勝ちに行きたい所。

昨季不調だったロッテ相手の開幕戦は、喉から手が出るほど勝利が欲しいはずです。

ブックメーカーのオッズで確認すると有利と見られており、

ブックメーカーマラソンベット 楽天勝利1.63 千葉勝利 2.40


優勝に向けては開幕戦勝利は必須と言えます。

昨年度は15勝9敗と大きく勝ち越してもいますし、手堅く勝利し幸先の良いスタートを切らなければいけません。

 

 

清宮開幕スタメンから外れる 復帰は2軍巨人戦?

7球団統合の末日本ハムに入団が決まった清宮。高校時代にHR記録を塗り替えた大物スラッガーには当初から多くの期待が寄せられていましたが、プロの球に随分と苦しめられたようですね。

速球・変化球共に対応できず、オープン戦では無安打が続きました。おまけに胃腸炎で緊急入院を余儀なくされるなど、精神面での弱さも指摘されつつあります。

開幕メンバーから外れることも既に決定しており、ファンは少しガッカリしているかもしれません。

出典 http://baseball-nanj.com/



ただ、2軍で着実とプロレベルの技術を身につけていく方が、間違いなく彼の為になります。

現時点での守備力では起用法も制限されてしまいますし、多少時間を掛けてでも将来を考えた育成を行うことが、日本ハムには求められているのではないでしょうか?

 

 

日本シリーズ優勝はソフトバンク? 王者に立ち向かえる球団はあるか?

それでは今季最終戦日本シリーズ2018の優勝予想を、気が早いかもしれませんが確認していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル


やはり優勝候補筆頭はソフトバンクホークス。昨年度盤石の体制でシリーズを制覇した絶対王者に死角はありません。

ここ数年はソフトバンクの独壇場が続いており(過去5年で3度の制覇)、不測の事態が起こらなければシリーズ制覇は固いと思われます。

そんなソフトバンクの対抗馬になり得るのは、広島カープやdena・阪神らセリーグの強豪球団。

特にdenaは昨年の日本シリーズで、積極的な左投手起用を用いソフトバンクを追い詰めました。

タイガースも韓国最強スラッガーロサリオを獲得しましたし、広島もリーグの調子を維持さえ出来れば、十分ソフトバンクに渡り合えるでしょう。

またオッズでは6番手の評価を受けている巨人も、戦力は相当なものです。

ソフトバンク優勢の構図は今年も変わりませんが、そろそろセリーグ球団がシリーズを制してもおかしくありませんね。

 

 

総括

プロ野球パリーグが29日から一斉に開幕します。

果たして今年もソフトバンクが圧倒的な実力を見せつけるのでしょうか?

それとも他球団が連覇を阻止するのでしょうか?

今年もプロ野球パリーグは見逃せませんよ。

 

 

アイキャッチ画像 出典 http://gakudoh.blog67.fc2.com

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る