名古屋が王者川崎と激突 J4節をオッズで予想

Pocket

jリーグも開幕してから早3節。

苦戦が予想されていた広島が3連勝と絶好のスタートを切り、昨季覇者浦和などは未だ勝利がありません。

波乱の立ち上がりとなっているだけに、今後の動向には目が離せませんね。

今年はw杯イヤーということもあり、選手達の気合も段違いで、インテンシティ高いぶつかり合いが続いていきそうな予感です。

果たして18年度のJ覇者となるのは、どのクラブになるのでしょうか?

ブックメーカーのオッズを交えながら、4節の注意カードを一斉に予想していきます。

 

 

2連勝ストップの名古屋 aclで崖っ縁に立たされた、昨季王者と激突

開幕2連勝と絶好のスタートを切った名古屋ですが、湘南との昇格組対決ではスコアレスドローに終わりました。

攻撃陣がこれまでに比べると機能せず、ジョーが孤立する場面も目立った印象です。

サイド側のボールタッチや繋ぎには相変わらず感嘆させられますが、それに固執しすぎている傾向もあり、別パターンの攻撃を模索ていくべきかもしれませんね。

例えばシンプルにジョーにロングボールを預けるような時間があっても、敵は嫌がるはず。

パスワークを更に生かしていくためにも、今行ったハイボールなどを効果的に使い攻撃に幅をもたせていく事が、重要になっていくでしょう。

出典 http://netabox.com/



一方の川崎フロンターレは、jリーグでは好調をキープ。

しかしながら、aclでは未だ勝利なしで突破は絶望的になってしまいました。

カップ戦での結果がそのままリーグに繋がる訳でもなく、オッズでは川崎有利との評価も下されていますが…

ブックメーカーウィリアムヒル 名古屋勝利 3.60 引き分け 3.60 川崎勝利 1.91


ブックメーカー1xbet 名古屋勝利 3.9 引き分け 3.94 川崎勝利 1.95


やはりどこか不安が残ってしまいますよね。

ジョー・Gシャヒエルを中心とした攻撃陣の爆発力はj最高クラスですし、気を抜けば直ぐ大量失点へと繋がります。

磐田・湘南のように徹底的な守備戦術を敷けば、対策も難しくないかもしれませんか、川崎のスタイル上どうしても打ち合いの展開になりやすいでしょうか?

ファンはインテンシティの高いぶつかり合いを望んでいるはずですが、対策を間違えればオッズ差を覆される可能性もあります。

 

 

浦和・横浜共に制裁を欠いた立ち上がり 念願の初勝利を収めるのは?

4節では浦和・横浜の名門クラブ対決も予定されていますが、共にリーグでは不調が続いています。

開幕から3節で勝ちはなく、順位は13位と16位。

まだシーズンは始まったばかりで、余り結果にこだわりすぎるべきでもないのでしょうが、スタートダッシュに失敗したのは否定のしようがない事実ですね。

出典 http://nofootynolife.blog.fc2.com



果たしてそんな不調同士の両クラブの対戦は、どのような展開になっていくのか?

ブックメーカーのオッズで確認すると、浦和が有利と見られている事が分かります。

ブックメーカーウィリアムヒル 浦和勝利 1.73 引き分け 3.60 横浜勝利 4.40


ブックメーカー1xbet 浦和勝利 1.8 引き分け 3.88 横浜勝利 4.76


浦和が槙野ら日本代表選手を多く揃える一方で、横浜はマルティノスや斎藤など多くの主力選手を放出してしまいました。

単純に戦力だけを比較すれば、この差になるのも致し方ないでしょうか?

しかし、過去5戦の対戦成績は2分3敗で、浦和は一度も勝ちがないのは気になります。

またルヴァン杯でG大阪相手に4失点大敗を喫するなど、守備陣にも不安が多く残る状況。

横浜も3節では苦しい戦いを演じており、浦和有利と予想するのが手堅いですが、オッズ程差の開いた試合展開にはならないような気がします。

 

 

ルヴァン杯で衝撃ゴールの久保 不調にあえぐチームの救世主となれるか?

jリーグで最も注目を集める選手の一人といってよい久保。そんな久保はしっかり開幕から出場を続け、遂にルヴァン杯で公式戦初ゴールを記録しました。

メッシを彷彿とさせるようなドリブルから選手を剥がし、そのまま左足一閃。16歳らしからぬゴールには観客だけでなく、監督や周りの選手も舌を巻いたことでしょう。

しかし久保の活躍とは裏腹に、fc東京は開幕から不調が続いています。

長谷川健太監督が就任し、段々とハードワークが根付き始めてきたような気もしますが、やはり得点を挙げなければ勝利はありません。

現在リーグ戦で挙げた得点は、開幕戦の1得点のみ。この攻撃力では終盤戦まで降格争いを続けるハメになってしまいます。

出典 http://nofootynolife.blog.fc2.com



そんなfc東京に対するは、昇格組ながらまずまずの成績を残している湘南になります。(勝点5で7位)

3節名古屋戦では徹底的なブロックで中央を固め、敵の攻撃を跳ね返し続けました。

昇格組同士で、ある程度手の内は分かっていたたのかもしれませんが、好調だった相手から勝ち点1を奪取できたことは大きいはず。

ただ、まだJ1は始まったばかりですし、大崩れしないためにもこれまでのような守備戦術は徹底しなければいけません。

ちなみにこの試合のオッズをブックメーカーで確認してみると…

ブックメーカーウィリアムヒル FC東京勝利 2.10 引き分け 3.10 湘南勝利 3.50


ブックメーカー1xbet FC東京勝利 2.22 引き分け 3.36 湘南勝利 3.64


流石にホームfc東京が有利との評価が下されているようですね。

ただ調子だけを見れば湘南にかなり分があるように思えます。

とにかく今季のfc東京は点が取れず、攻撃陣の迫力不足は深刻。逆に湘南は開幕から非常に強固な守備ブロックを敷いており、東京に崩されるとははとても思えません。

そうなってくると期待したいのは久保や永井を始めとした、個の力のある選手の打開力です。

特に直近ルヴァン杯で鮮烈なゴールを奪った久保の活躍には、皆が期待を寄せています。

 

 

総括

jリーグが開幕し各クラブ間の熾烈な争いが続いています。

今年は、久保をはじめとした若手の活躍も目立っており、新しい波が来たとまで言われるようになりました。

また予想にもしていなかったクラブが軒並み好調をキープしているなど、何かと話題にも事欠きません。

既に混戦模様が垣間見えるjリーグですが、果たして今後どのような展開となっていくのか?

ファンなら4節の行方も見逃せませんよ。

アイキャッチ画像 出典 http://football2channel.blog.fc2.com

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る