バルセロナVSアトレティコ 両エースが激突!!

Pocket

ここまで無敗を維持しつつも、最近はやや勝ちきれない試合が増えているバルセロナ。

2位以下との勝ち点差も詰まっている状況の中、これ以上の勝ち点ロスは許されないと言えます。

一方のアトレティコは序盤の不調から見事にたちなおり、遂にバルセロナの背中にも手が届く位置にまで辿り着きました。

1月から復帰したコスタに加え、最近好調のグリーズマンらを見ると、攻撃陣の破壊力はバルセロナにも引けを取っていないように感じますね。

そんな両者がぶつかり合う首位攻防戦は、間違いなく激しいぶつかり合いとなることでしょう。

果たしてどちらが今季リーガ制覇に近づくのか?

ブックメーカーのオッズを交えながら、全世界注目の一戦の行方を予想していきます。

 

 

バルセロナは引き分け続きで窮地に アトレティコに破れれば勝ち点差はわずかに2

新年に入ってからも無敗をキープし続けているバルセロナですが、最近は引き分けるゲームも増えて来ました。

前節ジローナ戦を始め、直近6戦の内3度がドローゲーム。(内一つはclでのチェルシー戦)

いくら無敗とはいえ、こうも勝ち点を落とし続けては後半戦厳しくなるのは明白です。

実際後ろを追うアトレティコは勝ち点5差にまで迫ってきており、仮に今節敗戦すれば3月中に首位を明け渡すことになるかもしれません。

バルベルデ政権下初の正念場を迎えているバルセロナですが、果たしてここで踏ん張れるでしょうか?

最低でも引き分け以上で終えなければ、築き上げた無敗記録も水の泡となる可能性すらあります。

出典http://sakadama.blog.fc2.com



一方のアトレティコマドリーですが、こちらは着実に勝ち点を積み重ねてきました。

前半戦は不調で、clでは予選敗退の憂き目も味わいましたが、コスタ復帰などを経てチームは本来のファイトスピリッツを取り戻します。

現在は6連勝中で、勢いだけならバルセロナを優に上回るでしょう。

課題だった得点力にも改善の兆しが見え、今なら欧州ビッククラブとの戦いでも引けを取らないはず。

当然今節カンプノウでも勝ち点3を奪えるだけの実力は、備わっています。

 

 

爆発したグリーズマン 2試合7得点と絶好調のエースが、カンプノウでも得点を狙う

現在6連勝中と好調なアトレティコですが、それを支えているのは攻撃陣のパフォーマンスでしょうか?

前節は4-0での勝利。その前もセヴィージャ相手に5-2と大量得点を奪っており、優勝した13-14シーズン時のような攻撃陣の迫力を現在のチームにも感じます。

その中でも際立って好調なのはグリーズマンで、何と直近2試合で7得点を奪う活躍。

出典 http://www.calciomatome.net



今シーズン序盤は不調で中々得点が奪えなかった彼ですが、ここに来てその決定力が爆発し、エースらしい活躍でチームを引っ張っています。

コスタの加入で精神的な安定を得れたことも多きかったのかもしれませんね。

今の彼のゴール前での決定力は、恐らくメッシにも劣っていないでしょう。カンプノウでも決定力なシーンには必ず彼が関わってくると予想出来ます。

コスタとのコンビネーションプレーにも注目ですし、何よりメッシとの得点争いにも、今節注目してみて下さい。

 

 

ブックメーカーのオッズで勝敗を予想しよう

それではバルセロナがホームでアトレティコを迎える一戦の行方を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきます。

ブックメーカーウィリアムヒル バルセロナ勝利 1.65 引き分け 3.60 アトレティコ勝利 4.80


ブックメーカー1xbet バルセロナ勝利 1.76 引き分け 3.98 アトレティコ勝利 5.2


バルセロナに相当有利なオッズとなっているようですね。

アトレティコの方が現在は好調と言えるのですが、やはりカンプノウでの一戦ですから、ある程度オッズに差が出るのは仕方ないのかもしれません。

事実アトレティコはカンプノウで2006年以来勝利がなく、いかにカンプノウが鬼門となっているかはこのデータが表す通りです。

ただ最近ではドローの数も増えており、シメオネ政権後は善戦している印象もあります。(アトレティコが優勝した13-14シーズンや、昨年もカンプノウではドローに終わる)

厳しい試合となるのは事実でしょうが、アトレティコもそう簡単に引き下がることもないでしょうね。

またこのデータに加え、両チームの最近の調子も予想に加えると、引き分けの可能性も高いと言えるのではないでしょうか?

いずれにせよバルサ有利に違いありませんが、好調アトレティコも最後まで食らいつくゲーム展開になると予想します。

 

 

総括

ペップ時代の22戦連続無敗を超えてなお、記録を伸ばし続けているバルセロナ。

順調すぎるシーズンにも思えますが、最近では引き分けが込み、気づけばアトレティコがすぐ後ろにまで迫ってきました。

勝ち点差はわずかに5。仮に今節敗戦すれば、一気に逆転射程圏内の2差にまで縮まることになります。

一方アトレティコは、後半戦に入ってから6連勝を記録するなど、絶好調の状態でカンプノウに乗り込みます。

今季バルセロナの無敗記録に土を着けれるとすれば、現時点ではこのアトレティコ以外にいないでしょう。

果たして注目の一戦を制するのはどちらのクラブになるのか?

海外サッカーファンならこの一戦は見逃せませんよ。

 

アイキャッチ画像 出典 http://warrisoku.blog.fc2.com

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る