勢いそのままに突き進むパリ バルサの8強進出はほぼ無理?

Pocket

衝撃と言っていい敗戦。

CL1stの出来事は、選手だけでなく、ファンにも相当なダメージを及ぼしたはずです。

バルセロナVSパリサンジェルマン。

1st ではまさかの0-4の敗戦に世界中が言葉を失いました。

また、スコアだけでなく試合内容でもパリが圧倒。

ピッチ上で総崩れとなったあの悪夢は、バルセロナファンは忘れられないことでしょう。

ただ、CLは二戦合計の勝負。落ち込む間もなく、次戦が帰ってきます。

バルセロナのホームで迎える2ndleg

大注目の好カードを、オッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

両チームの近況

バルセロナは、相変わらずリーグでは好調を維持しています。

1試合少ないとはいえ、レアルを押しのけてリーグ首位をキープ。

前節セルタ戦でも5-0の快勝。

パリ戦後は4連勝で調子を上げています。

特にMSNの中心選手。メッシがここにきて復調気味。セルタ戦でのスーパーゴールは圧巻でした。

(C)gettyimages

一方パリは、リーグ戦は相変わらず苦戦続き。1位に迫ったとはいえ、3位ニースにも勝ち点が並ばれるなど、油断のならない状況が続いています。

不調というほどでもありませんが、バルサ戦に向けて若干の不安要素を残しているのは事実。

前節は下位相手に1-0の辛勝。しかし、前々節マルセイユ戦は5-1の大勝。

好不調が判断しにくいパリですが、バルサ戦に向けて力を蓄えているかもしれません。

ホームで4-0と勝利してはいますが、2ndカンプノウはやはり危険。

決して気を抜くことなく決戦に挑むはずです。

特に監督のエメリはスペイン時代からカンプノウを苦手にしています。

4点差程度なら、すぐに逆転されてしまうかもしれません。

 

それでも厳しいバルセロナ

上記でも述べたように、バルセロナは爆発的な攻撃力を備えたスター軍団。

4点差は、彼らにとっては許容範囲のはず。

ですが、仮にパリに1点でも得点を許すこととなれば、バルセロナが必要な得点数は6.

これはもう絶望的な数字といってよいでしょう。

今季バルセロナが6点差以上で勝利した試合はわずか6(41試合中)

それも格下クラブ相手の勝利が大半を占めています。

パリに得点を許したその瞬間に、バルセロナは8強進出の望みを絶たれてしまうことになるでしょう。

 

 

試合のキーポイント

この試合、鍵となるのはパリの試合の入り方です。

1stで大勝を収めたパリですが、2ndはバルサのホームだけに、気を抜くことは許されません。

ただ、心のどこかに油断があるのは事実。普段通りのプレーができないうちに1点2点先制されると、試合の行方は分からなくなります。

守備的・攻撃的というよりは、普段通りのプレーを心がけることが、最も重要になるはず。

第1戦でも見せた攻守一体・前線からの積極的ハードワークで、バルセロナのパスワークを封じたいところでしょう。

完璧な勝利を演じて見せた1stそのままに、勢いでこの試合をねじ伏せたいのがエメリ監督の本音といったところか。


対するバルセロナは、とにもかくにも攻撃面が最重要ですが、それ以上に全ての選手がパリ以上の走行距離を走り切り、ハードワークすることです。

1stでは序盤からハイプレスに苦しめられたバルセロナですが、ハイプレスの対策はそれを上回るハイプレスです。

特に、メッシやスアレスがこの試合でどれほど前線からプレスをかけることができるか?

普段は余り守備での貢献は少ない両選手ですが、彼らがDFに圧力をかけることが大事になります。

ただ、バルセロナは前線と比べて中盤の脆さが顕著です。パリのハイプレスにあぐねた中盤の選手が、MSNに上手くボールをつなげないと、1stそのままの試合展開となってしまうでしょう。

この試合では、つなぐ意識よりも、より得点に近づくプレーを意識するべきかもしれません。

慣れないサッカーを強豪相手に試しても上手くいかないことが多いですが、それでも1stのサッカーそのままを実践するのは危険です。

この試合では両者のチームの団結力が試されることになるでしょう。

 

 

ブックメーカーのオッズを確認しよう

それでは、この試合のオッズを確認していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル バルセロナ勝利1.44 引き分け4.80 パリ勝利6.00


ブックメーカーbet365 バルセロナ勝利1.50 引き分け4.50 パリ勝利6.00


この試合の予想でいうならば、やはりバルセロナの勝利予想が大半です。

ただ、CLは2戦合計の勝負。

0-4のディスアドバンテージを背負っているバルセロナが8強進出を果たすのは、並大抵のことではありません。

奇跡に近い何かを期待するといったら大げさですが、普通に考えれば、パリが8強に進むことは間違いありません。

バルセロナにとってはここがシーズンの正念場。

不可能と言われる2ndで巻き返しを図ることができるか?

全世界が注目を集める試合になるでしょう。

 

 

総括

CL2nd バルセロナのホームでパリを迎える一戦。

パリは相当なアドバンテージを得ているだけに、この試合での入り方が注目されます。

一方なりふり構っていられないバルセロナは、普段以上にMSNの活躍が求められることになるでしょう。

1stではパリのハイプレスに上手く抑え込まれたMSNですが、2ndでは本来の力を発揮できるか?

いずれにせよ、サッカーファンなら見逃せない試合になることは間違いありません

熱い試合を期待しましょう。

 

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る