欧州cl開幕 14日はユヴェントスがトッテナムと激突

Pocket

13日(日本時間14日早朝)から開幕するチャンピオンズリーグ決勝T。

今年は早い段階でビッグマッチが相次いでおり、ファンにとっては見逃せない試合が続いていきます。

そんな中初日に登場するのは、昨年準優勝ユヴェントスと、プレミアの強豪トッテナム。

どちらも最近調子を上げてきており、激戦が予想されるでしょうか?

また圧倒的完成度を誇るシティも、同時刻にバーゼルとの試合が予定されており、そちらも見逃せません。

欧州clベスト16決勝ラウンド1stleg。

世界が注目する対戦カードの行方を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

トッテナムはビックマッチ勝利で勢いに乗る ユヴェントスホームで善戦できるか?

トッテナムは2月のビッグマッチ3連戦(マンU・リヴァプール・アーセナル戦)を見事2勝1分けで乗り切り、気分良くcl決勝ステージに臨むことができます。

リヴァプールとのアンフィールドでの一戦を除けば完勝と言っても良い試合内容で、4位チェルシーとの勝ち点差を1にまで縮めてきました。

ただ今季はアゥェーでの成績が散々で(6勝3分け4敗)、対ビック6に限って言えば長い間がありません。

あくまでもリーグだけの数字で、clグループステージではレアル相手に勝利を挙げたりもしているのですが、やはりアゥェー・ユヴェントス戦は鬼門となるでしょうか?

clは2戦での勝負となっており、アゥェーでの勝利に固執する必要もありませんが、最少失点かつ貴重なアゥェーゴールを奪うことをポチェッティーノは望んでいるはずです。

出典 http://strongestjuve.blog.fc2.com



対するユヴェントスですが、こちらも新年に入ってから好調をキープ出来ています。

前節は難敵フィオレンティーナからも白星を挙げ、8連勝。

敗戦の記録を辿れば11月のサンプドリア戦にまで遡ることとなり、データにも現在の好調振りが如実に現れています。

少し気になるとすれば、それでもリーグ順位ではナポリを追う2位に甘んじているということでしょう。

例年この時期には首位に立っていたユヴェントスですが、こうなるとリーグにも集中する必要があるので、感じる疲労は昨年の比ではないはず。

久しぶりに二足の草鞋を履いている状態となったユヴェントスは、例年より難しい戦いを強いられているのかもしれません。

 

 

ブックメーカーのオッズで試合を予想

それではユヴェントスがトッテナムをホームで迎える試合の行方を、ブックメーカーのオッズでも確認していきます。

ブックメーカーウィリアムヒル ユヴェントス勝利 2.05 引き分け 3.25 トッテナム勝利 3.80


ブックメーカー1xbet ユヴェントス勝利 2.05 引き分け 3.36 トッテナム勝利 4.4


やはりホームのユヴェントスが有利となっていますね。

トッテナムがアゥェーに弱いのは先程も触れた通りで、この差となるのは仕方ない側面もあるのでしょう。

ただトッテナム側は仮に敗戦したとしても、アゥェーゴールさえ奪えれば良しと考えているはず。

1-2.1-3程度のスコアなら第2戦でも十分逆転可能ですし、2-3などの結果になれば、トッテナムが逆に優勢と言えます。

そのためユヴェントスに今節求められるのは、攻撃というよりは守備といえるかもしれません。

エースケインを抑えるのは容易なことではないはずですが、理想はクリーンシートでの勝利で、選手達も守りきるといった意識が強くなっていることでしょう。

 

 

ペップシティは安定感抜群 バーゼルは対抗できるか?

13日にはバーゼルvsシティの一戦も予定されていますが、こちらはやはり下馬評には相当な差があり、シティ勝ち抜けは決まったも同然と思われています。

実際シティはレアル・バイエルンらと当たる可能性があった訳ですから、この対戦カードはラッキーと言わざるを得ないでしょう。

出典 http://ameblo.jp/forzamilan



リーグ戦でようやく敗戦を喫しましたが、その後も崩れることなく順調に勝ち進んでおり、最早リーグ優勝は頭角と言えます。

現時点では4冠の可能性も残していることを見ても、完成度だけなら欧州1と言え、格下相手に不覚を取るとも思えません。

バーゼルはこのシティに立ち向かわなければ行けない訳ですが、どのようなプランを組んでくるでしょうか?

今までシティを苦しめてきたチームを思い返すと、パターンは大きく2つに分かれています。

一つは自陣エリアを徹底的に固めてシティ側の攻撃を跳ね返し、ロングカウンターを狙うパターン。

もう一つは、ハイプレスでボールを奪いに行き、積極的に前から羽目に行くパターン。

バーゼルがどちらを選ぶにせよ(あるいは自分のサッカーを貫くにせよ)、今節は選手間での意思疎通を高めなければいけません。

守るなら守る。奪いに行くなら奪いに行く。

常に陣形をコンパクトに保ちながら、11人全体で連動した動きを見せ、なるべく少ない失点です1stを切り抜けたいですね。

 

 

ブックメーカーのオッズで予想しよう

それではこちらの一戦の行方も、ブックメーカーのオッズで確認していきます。

ブックメーカーウィリアムヒル バーゼル勝利 8.00 引き分け 5.00 シティ勝利 1.36


ブックメーカー1xbet バーゼル勝利 10.5 引き分け 5.3 シティ勝利 1.38


決勝tとは到底思えないオッズ差がついていますが、これもシティの強さの表れなのでしょう。

現在のシティを倒すのは、恐らくビッグ3でも困難であり、今季cl優勝を予想する声も多くなっています。

リヴァプール戦の内容を見るに下馬評ほど他クラブを圧倒しているとは思いませんが、やはり安定感は傑出しており、バーゼル勝利はとても予想できません。

仮に今節アゥェーで苦戦するようなことがあっても、間違いなく2戦合計では勝利し、ベスト8に進んでいくと思われます。

 

 

総括

いよいよ欧州チャンピオンズリーグ決勝Tの舞台が開催します。

今年はベスト16の段階で強豪同士のビッグマッチが相次いでおり、サッカーファンの注目度は例年より高いかもしれません。

まず初日に登場するのはユヴェントス・トッテナム・シティ・バーゼル。

中でもユヴェントス・トッテナム戦は激戦が予想されます。

果たして今期clを勝ち進むのはどのクラブになるのか?

まずは日本時間14日開幕の初戦に注目してみて下さい。

 

アイキャッチ画像 出典 http://bookmakerjp.blog.fc2.com

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る