トッテナムがアーセナルを迎えるダービー戦 オッズで予想!

Pocket

冬の移籍市場も終わり、本格的に後半戦へと突入したプレミアリーグ。

以前首位シティは独走を続けていますが、cl出場圏内争いは苛烈を極めています。

特に3位リヴァプールと、5位トッテナムの差はわずかに2ptしかなく、今年も最終節にまでもつれる大混戦になるかもしれません。

そんな中今節予定されているのは、6位アーセナルと5位トッテナムの一戦。

果たしてどちらが貴重な勝ち点3を手にするのでしょうか?

注目の一戦をブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

アーセナルは新戦力が躍動 ムヒタリアンのアシストから、オーバメヤンがゴール

下位クラブ相手の取り零しが響き、6位に甘んじているアーセナルですが、冬の大型補強で復調の兆しを見せ始めています。

ムヒタリアン・オーバメヤン共に実力はトップクラスで、直ぐにチームに適応して見せました。

元ドルトムントのメンバー同士ということもあり、連携にも全く問題は見られず、今後も二人で得点を量産するのではないでしょうか?

またリーグ戦ももちろんですが、25日に控えるリーグ杯シティ戦も非常に楽しみですね。

特にオーバメヤンのスピードは対戦クラブにとっては非常に脅威的ですし、今節トッテナム相手にも勝利出来れば、プレミア後半戦の台風の目となるかもしれません。

出典 http://footballersnews.blog.fc2.com



対するトッテナムはアンフィールドで勝ち点一を手にし、何とかcl圏内争いに踏みとどまっています。

ただ後ほど触れますが、試合のジャッジには批判が集まっており、少しメンタル面が心配でもあります。

また、前回対戦ではアーセナル側のハイプレスにやられたので、何らかの対策を練る必要があるでしょう。

今節はポチェッティーノの指揮官としての能力が、試される一戦といえるかもしれません。

 

 

トッテナムは値千金の引き分けも、ジャッジに批判が集まる

トッテナムは昨節、苦手のアンフィールドで引き分けという上々の結果を手にしました。

仮に敗戦していれば、大差の6pt差を付けられている可能性もあったので、一先ずは安心しているファンも多いかもしれません。

出典 http://bookmakerjp.blog.fc2.com



ただ実際の試合のジャッジには不可解な点も多く、主にfwのケインを中心に批判が集まっています。(特に1度目のpkの場面はオフサイド。加えてケインのダイブ疑惑も)

この際ジャッジの真偽はさておいたとしても、明らかに笛が遅れていた場面が見られたのは事実で、審判団が試合中ジャッジについて意見し合うシーンが試合の中で2度もありました。

こうなるとやはりトッテナム陣営のメンタルが心配されるでしょうか?

fwケインは批判に対して、真っ向から反論する姿勢を取っていますが、今節は迂闊にエリア内で倒れることは禁物です。

これからのことを考えても、ダーティなイメージは付けたくないでしょうし、ペナルティ内では少し大人しめなプレーとなってしまうかもしれませんね。

 

 

オッズで勝敗を予想しよう

それではブックメーカーのオッズで勝敗を予想していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル トッテナム勝利 2.00 引き分け 3.75 アーセナル勝利 3.40


ブックメーカー1xbet トッテナム勝利 2.08 引き分け 3.75 アーセナル勝利 3.68


ホームトッテナムが有利との予想になっています。

直近6戦の対戦成績では、2勝3分け1敗でアーセナルがリードしていますが、今季のトッテナムはホームで僅かに1敗しかしていません。

逆にアーセナルはアウェーでの成績は散々な物で、13試合を終えて3勝のみ。(3勝4分け6敗)

ここ5試合は勝利から遠ざかっているというデータを見ても、アーセナル苦戦は必至といえるでしょう。

ただ前半戦のゲームでは、アーセナル側のハイプレスに面食らったトッテナムが為すすべなく破れています。

ポチェッティーノ政権後初めてアーセナルに敗戦したトッテナムですが、スコア以上に内容でも圧倒された試合でした。

新戦力加入で湧くアーセナルは、今節もインテンシティ高く試合に臨むことでしょう。

勝率はそれでもトッテナム6割と予想しますが、ダービーマッチということもあり、白熱した試合になりそうな予感がします。

 

 

総括

プレミアリーグ27節。アーセナルがトッテナムを迎え入れるノースロンドンダービー。

ホームで僅か1敗に留まるトッテナムが優勢との見方も強いですが、アーセナル側も新加入選手の活躍で勢いを取り戻しつつあります。

そう簡単にオッズ通りトッテナム勝利とはいかないのではないでしょうか?

プレミアトップスコアラーを走るケインと、ドルトムントから加入したオーバメヤンのエース対決にも期待したいですね。

注目の一戦は日本時間午後9時30分キックオフ。

日本人でもこの一戦は見逃せません。

 

 

アイキャッチ画像 出典http://football2channel.blog.fc2.com

 

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る