フェデラーvsチリッチ 全豪決勝をオッズで予想

Pocket

いよいよ全豪opも決勝の舞台ですね。

ここまで波乱が相次いだものの、最終的には強者2人がそのステージに辿り着きました。

連覇を狙う36歳フェデラーに対し、gs優勝経験もあるビッグサーバーチリッチ。

共に準決勝では上々のパフォーマンスを見せており、決勝戦でも激戦が期待されます。

果たしてフェデラーが通算20度目のgs制覇を達成し、歴史に新たなページを刻むのが?

それともチリッチが全米以来2度目のgsを制するのか?

日本のテニスファンでも見逃せない一戦を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

ここまで失セット数なしのフェデラー 決勝はビッグサーバーチリッチが相手

圧倒的な勝ち上がりを見せているのは連覇を狙うフェデラー。

ベデネ戦から始まり、未だ失セット数0でここまで来ています。

準決勝では勢いのあるチョンヒョンも軽くあしらい、格の違いを見せつけました。

ここまでの好調を支えている要因はやはり安定感のあるサービスで、1stサーブpoints.wonは80パーセント越えの数字を残しています。

当然ストロークも一級品で、ラリー勝負になってもポイントわ失わず、プレーに死角が見当たりません。

決勝でも隙が見られなければ、簡単に3セットマッチで優勝を決めてしまう可能性すら感じます。

出典 http://yukisato0802.blog.fc2.com



対するチリッチは、準々決勝ナダル戦を始め苦戦する試合も見られましたが、準決勝では若手エドモンド相手にストレートで勝利を収めます。

彼もフェデラーと同じくサービスが好調で、球足の速いコートも相まってその威力は強烈。

決勝戦でもサーブが好調ならば、フェデラーとも互角に戦えるかもしれません。

逆に言えば1stサーブが決まらなければ不利になることは明白で、勝利のためには安定感・威力共に上げていくこと。

ウインブルドン対戦時は、2ndサーブpoints.wonが39%と低い数字になっており(フェデラーは71%)、やはり1stが決まらなければ厳しい展開が待っています。

生命線であるサーブでどれだけ優位に立てるかが、勝利の鍵を握ることになるでしょう。

 

 

対戦成績ではフェデラーが圧倒 チリッチはサーブでミスを減らしたい

フェデラーとチリッチの対戦成績を確認してみると、8勝1敗とフェデラーが大きくリードしています。

直近で印象深かったゲームと言えば、ウインブルドン決勝。

その時は終始フェデラーがクレバーなプレーを見せ、逆にチリッチはミスが相次ぎました。

最終スコア3-0が表しているように、チリッチは何もさせて貰えなかったという印象も強いでしょう。

出典 http://www.kei-tennis.xyz



パワープレーヤーのチリッチは勢いに乗せると怖いですが、技術という意味では遠く及びません。

そのためラリー勝負になると分が悪く、先程も紹介したように、2ndサーブpoints.wonがウインブルドンでは39%しかありませんでした。

1stサーブで押していけるような流れを作っていけば、自ずと2ndサーブpointwonも上がって来るので、今季好調のサービスを決勝でも継続させれば、フェデラー相手にも対抗することが出来ます。

 

 

ブックメーカーのオッズで優勝を予想しよう

それでは全豪op決勝の行方を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル チリッチ勝利 4.20 フェデラー勝利 1.26


ブックメーカー1xbet フェデラー勝利 1.26 チリッチ勝利 4.66


やはりフェデラー有利との評価がオッズでも下されています。

対戦成績だけを見てもフェデラーが圧倒していますし、準決勝0で体力を温存できたのも大きいですね。

チリッチとしても昨年ウインブルドンでの苦い思い出が頭に強く残っているでしょう。

ただ直近ツアーファイナルでは1セットを奪うなど善戦し、フェデラーを苦しめました。

その時のように流れ良くアグレッシブなプレーを披露出来れば、金星のチャンスもあります。

思い切りよくプレーしそれが得点に繋がれば、フェデラーもその勢いに押されてしまうかもしれません。

勝率はフェデラー側から見て7割を超えそうですが、チリッチの調子が良ければ、勝利も少ないながら予想出来ます。(1セット時点で調子が良ければ、チリッチにもチャンスは出て来る)

 

 

総括

全豪op決勝の舞台に歩みを進めたのは、連覇を狙うフェデラーと2度目のgs制覇を狙うチリッチ。

両者共にツアーを代表をするプレーヤーですが、これまでを振り返ればややフェデラー有利にも思えますね。

果たして18年度初戦となるgsを制覇するのは、どちらの選手になるのか?

下馬評でもフェデラー有利ですが、チリッチの力強いプレーは流れを変える力もあります。

注目の一戦は日本時間28日17時30分開始予定。決勝に相応しい白熱した試合を期待しましょう。

アイキャッチ画像 出典 http://akogaresan.net

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る