ジダン解任? 不調レアルがバレンシアのホームに乗り込む

Pocket

昨年cl初の連覇を成し遂げ、名実共に王者として君臨したレアル。

その絶対王者がここまでの不調に陥るとは誰が予想したでしょうか?

中心選手の高齢化やチームとしてのモチベーションの低下。問題点を挙げれば枚挙に暇がなく、昨季の面影はどこにもありません。

ジダンの首もいよいよ怪しくなってきており、ペレスは既に監督交代のタイミングを見計らっているかもしれませんね。

そんな不調レアル相手に勝利が欲しいバレンシアですが、こちらも12月に入って急ブレーキ。

バルサの背中を追走していたのは遠い昔のことのようで、今や3位にまで落ちてしまいました。

ラ・リーガ21節。中々調子が上がりきらない両者の一戦を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

レアルは国王杯まさかの敗戦 ジダンは2月のpsg戦に進退を掛けると言っていたが…

出典 livedoor.blogmig.jp



レアルが今シーズン不調が続いていることは、サッカーファンならご存知でしょう。

5節の段階で早々と敗戦を喫し、 clでもトッテナム相手に連敗。

クラシコでも前半良い試合を見せましたが、修正力の差を付けられ敗れてしまいました。

正直ここまでの不調になるとは誰も予想しておらず、驚いているサッカーファンも多いかと思います。

エースロナウドの不調から始まり、守備陣の軽さや勝負弱さ。原因を挙げればキリがありませんが、最近ではジダン監督に批判が集まっているでしょうか?

戦術は無策とのレッテルを貼られ、無能とまでの評価を下すファンもいます。

今まではタレントに支えられてきただけで、監督としての能力は今一つだと捉えるファンも増えてきました。

精彩を欠くベンゼマを起用し続けたりと、不可思議な采配も相次ぎ、それが勝利に実らないのですから批判を受けるのは致し方ないでしょうね。

国王杯敗戦後は、CLパリ戦に進退を掛けると宣言していましたが、万が一来季cl圏内から脱落するようなことがあれば、ペレスがそこまで待ってくれるかも分かりません。

毎試合毎試合、首の皮一枚繋がっている状態のジダンですが、今節は流れが変わるような大勝でファンを納得させる必要がありそうです。

 

 

バレンシアは12・1月で順位をやや落とすも、ホームでは13年以来レアルに負けがない!!

バレンシアも12月は負けが込み、現在はアトレティコに次ぐ3位に止まっています。

一時はバルサを追走し、着実に勝ち点差を縮めていた時期もありましたが、下位・中堅クラブ相手の敗戦がやはり響きましたね。

1月はやや建て直したものの、昨節最下位だったラスパルマスに敗れた試合を含め、精彩を欠くと言わざるを得ません。

そんなバレンシアですが今季はカウンターが鋭く、強豪相手には好ゲームを見せてきました。

レアル・バルサ・アトレティコ相手から勝ち点1を奪い取り、セヴィージャ戦では4-0の大勝も収めています。

出典 http://warrisoku.blog.fc2.com



このようにビッグマッチに強い傾向のあるバレンシアですが、今節は勝ち点3を狙っているでしょうか?

油断は禁物ですが、現在のレアルならばホームですし勝ち点3も決して不可能ではありません。

特に先制点を奪えれば途端にレアルは慌て出すので、そのような試合展開になれば、バレンシア勝利も容易にイメージ出来ます。

実際直近6試合の対戦成績は1勝2敗3分けとのデータも残っていますし、リーグ戦ホームゲームに至っては13年以来3シーズン負けがありません。

強豪の中ではむしろレアルを得意としていると言って良いくらいで、今節も当然期待できますね。

 

 

ブックメーカーのオッズで勝敗を予想しよう

それでは注目のビッグマッチの行方を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル バレンシア勝利4.50 引き分け 4.50 レアル勝利 1.61


ブックメーカー1xbet バレンシア勝利 引き分け4.64 レアル勝利 1.71


バレンシアホームではありますが、アゥェーレアルに有利なオッズとなっています。

レアルと同じくバレンシアの調子が上がりきらないのが、このオッズとなってしまった原因と言うべきでしょうか?

ただ深刻度で言えばレアルは群を抜いていますし、国王杯敗戦はファンも受け入れ難かったはず。

もちろんそれは選手も同様で、メンタル面が心配されます。

攻撃パターンが軌道に乗れれば、大量得点の試合も起こりえますが(セヴィージャ戦など)、今季バレンシアはカウンターに鋭さがあり、それ程攻撃ばかりに時間を割くわけにもいかないでしょう。

バレンシアも決して好調とは言い難く、簡単に勝利とは言いきれないものの、レアル敗戦の可能性はオッズ差以上にはありえそうな気もします。

また上述したようにバレンシアがリーグ戦ホームでレアルに負けたのは13年まで遡るので、そのあたりのデータを見てもレアル勝利とはとても断言できません。

 

 

総括

ラ・リーガ21節

失意のまま国王杯を去ることになったレアルが、リーグ直近で最下位に敗れているバレンシアのホームに乗り込みます。

果たして今後に向け大きな勝ち点3を手にするのはどちらのクラブになるのか?

特にレアルはcl圏内確保すら怪しくなっており、負ければジダン監督の首がいつとんでもおかしくありません。

本人はpsg戦に進退を掛けると宣言しましたが、ペレスはそこまで待ってくれるかどうか。

今節の結果次第でジダン監督の行く末も大きく変わってくるでしょう。

注目の一戦は日本時間28日1時キックオフ。

強豪同士の一戦は、日本人でも見逃せません。

 

アイキャッチ画像 出典 http://jipangnet.blog.fc2.com

 

 

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る