カラバオカップ準決勝 チェルシー・アーセナルが激突

Pocket

リーグ杯準決勝(カラバオ杯)がいよいよ開幕。今年は序盤から波乱が相次ぎ盛り上がりを見せています。

中でもユナイテッドの2部相手の敗戦は、今後語り継がれるかもしれません。

準決勝でも、何かが起きそうな予感がしますよね。

FA杯・プレミアリーグに比べればまだまだ注目度も薄い大会ではありますが、頂点を目指してクラブがぶつかり合う姿は、ファンなら見逃せません。

果たして決勝に進むのはどのクラブになるのか?

ブックメーカーのオッズを交えながら勝敗を予想していきましょう。

 

 

2部上がりのダークホース 徹底的な守備でシティに応戦

リーグ杯の中でも一番の大番狂わせと言えば、ユナイテッド・ブリストルシティ戦でしょう。

通常1st/2ndレグ制のゲームマッチでは大金星は起こりにくいものですが、ブリストルは徹底的な守備で奇跡を現実のものにします。

ただ準決勝で待ち構えるはマンチェスターシティ。今季リーグで圧倒的な成績を残しており、欧州1の完成度を誇っているでしょうか?

出典 http://football2channel.blog.fc2.com



当然2部のブリストルが正攻法で挑んで勝てる相手でもありません。

両クラブのオッズを見てもその差は歴然。

ブックメーカー1xbet シティ勝利 1.14 引き分け 10.5 ブリストル・シティ勝利 25


ブックメーカーウィリアムヒル シティ勝利 1.14 引き分け 8.00 ブリストル勝利 17.00


1xbetでは差が20倍を超えており、ブリストル勝利の確率がかぎりなく低いことを物語っています。

勝率は1割を切っているのではないでしょうか?

リヴァプール戦を控えているシティがベストメンバーで挑むとは思えませんが、やはりブリストル勝利とはとても予想できませんね。

仮に勝利することがあれば、それは1年に数回あるかどうかの奇跡と読んでよいはずです。

 

 

 

ビックマッチ実現 アーセナルはFA杯でまさかの敗退

3日にはリーグで顔を合わせたアーセナル・チェルシーの両者ですが、その時は2-2のドロー決着に終わりました。

試合はアーセナルが攻め込み、チェルシーが守勢に回るという予想通りの展開。

ただチェルシーのカウンターがハマっていた印象も強く、モラタが決定機を外さなければ勝利していたとの見方が強いです。

出典 http://tokutoku629.blog.fc2.com



今の力関係でいえば、間違いなくチェルシー優勢と言えるでしょうか?

リーグ杯は1st/2ndレグでの勝負になりますし、一発勝負よりも差は如実に現れてしまうかもしれません。

またアーセナルはFA杯でも2部相手に惨敗。リーグではELにすら進めない順位に位置しており、状況は悪化の一途をたどるばかりです。

チェルシーはチェルシーで過密日程からくる選手層の薄さが指摘されており、実際FA杯でも格下相手に引き分けてしましましたが、アーセナル程勝負弱い印象もなくリーグでは2位に踏みとどまっています。(シティとの勝ち点差を見るに、とても満足すべき成績とはいえないが・・・)

ちなみに両クラブの勝敗予想をオッズで確認していみると御覧の通り。

ブックメーカー1xbet チェルシー勝利 1.88 引き分け 3.88 アーセナル勝利 4.48


ブックメーカーウィリアムヒル チェルシー勝利 1.80 引き分け 3.75 アーセナル勝利 4.20


やはりオッズでも優勢はチェルシーとなっているようです。1stはチェルシーホームでの一戦になるので、この差となるのは仕方ないかもしれません。

ですがアーセナルはチェルシーを苦手としている印象も少なく、実際今シーズンは2試合とも引分けを演じました。

1stで粘れれば、金星を上げる可能性もあります。

 

 

現時点での優勝オッズは?

それでは現時点での優勝オッズを確認していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル シティ勝利 1.61 チェルシー勝利 3.75 アーセナル勝利 5.00 ブリストルシティ勝利 26.00


シティが圧倒的な数字。他の追随を許していません。

というよりむしろ、他クラブに対する期待の薄さがうかがえるというべきなのでしょうか?(ブリストルに至ってはシティと20倍近いオッズ差がある)

ただシティはリーグ杯・FA杯などのカップ戦では苦戦が続いています。リーグ杯では2試合連続PK勝利と勢いは感じますが、他チームにも付け入る隙はあるでしょう。

またチェルシーも過密日程の中、それほどリーグ杯に力を注ぐことはできないかもしれません。

そうなると有利はアーセナルになるのでしょうか?FA杯では既に敗退が決まり、日程的にはシティ・チェルシーよりも有利となっています。

ただ今季リーグ戦の成績を考えればELに力を入れるべきでしょうし(EL優勝ならcl出場権獲得)、余裕がないことは傍から見ても明らか。

2部ブリストルが優勝とも考えずらく、結局はオッズ通りシティ優勢と言わざるを得ませんね。

 

 

総括

リーグ杯準決勝が日本時間10日から開幕。

中でもチェルシーアーセナルのビックマッチは見逃せません。

またダークホースブリストルが、シティにどのように挑むのかも注目が集まっています。

果たして勝利で2ndに弾みをつけるのはどのクラブになるのか?

熱い戦いを期待しましょう。

 

アイキャッチ画像 出典 http://football2channel.blog.fc2.com

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る