柴咲ヘタフェがアトレティコに挑む リーガ18節

Pocket

CLも敗退が決まり、リーグでもうだつの上がらない成績が続いているのはアトレティコ。

敗戦は1度しかありませんが、いかんせん引き分けが6と多く、バルサとの勝ち点差は9ptまで広がってしまってます。

これ以上下位相手に勝ち点を落とすことは致命的と言わざるを得ません。

特に今節はホーム戦ですのでなおさらです。

対するは柴咲が所属するヘタフェ。

順位は8位と2部上がりにしては上出来と言えるでしょうか?

強豪相手との試合内容も悪くはありませんし、今節にも期待できそうですね。

ラ・リーガ第18節。

アトレティコマドリードがヘタフェを迎え入れる一戦を、ブックメーカーのオッズで予想していきましょう。

 

 

両クラブの近況 アトレティコは2位浮上も、例年に比べると低調なパフォーマンス

昨節まさかの敗戦を喫したアトレティコ。後半43分の失点は、今季の勝負弱さを象徴しています。

他クラブが躓いていることもあり順位は浮上しましたが、シメオネは当然満足していないでしょう。

ただ悪いニュースばかりでもありません。長かった移籍禁止期間を経て、コスタが復帰。

国王杯では出場からわずか5分後に得点を奪って見せ、変わらぬ化け物ぶりを見せつけてくれました。

得点力不足に喘いでいるアトレティコにとって、彼はまさに救世主と呼ぶに相応しい存在です。

チームにフィットするまでにどれだけ時間がかかるかわかりませんが、間違いなく助けにはなるはず。アトレティコも彼を全力でサポートしていきたい所でしょう。

出典 http://footballavi.blog.fc2.com



対するヘタフェは前節最下位ラスパルマス相手に勝ち点3を手にします。

プラン通りにボールを保持せず、ひたすら堅守速攻を続ける姿勢は賞賛に値しますね。(バレンシアにも値千金の勝利)

実際順位も8位にまで浮上し、二部上がりとは思えない勝負強さも発揮できているでしょうか?

ただ、気になるのはヘタフェのアウェー戦での成績。ここまで8試合を終え、わずか1勝にとどまるなど散々な内容です。

加えて直近6戦(対アトレティコ)では勝ちが一度もなく、かなり厳しいゲームとなるかもしれません。

スタイル的には十分前線できそうなものですが、こういったデータが残っている以上、勝率は低いといわざるを得ないでしょう。

幸い直近6戦の内2点差以上をつけられて試合はないので、今節も粘り強く戦いたいところですね。

アトレティコ攻撃陣を上手く抑え込めれば、大金星も現実味を帯びてきます。

 

 

ヘタフェは堅守速攻のスタイル アトレティコはやりにくい?

ヘタフェの今シーズンのスタッツを確認すると、ロングボールに比率がとても高いことが分かります。

必然的にボール保持率も低くなり、例えば最近2試合ではどちらもポゼッション率が30パーセント台と低い数字。(勝ち負けにかかわらず徹底)

それでもそれが勝利に結びついているのですから、当面はこのスタイルを貫くのでしょう。

特に今節アトレティコ戦ではこのスタイルがハマる可能性が高くなっています。

堅守速攻を得意とするアトレティコですが、攻撃戦術にたけているとは言い難く、崩しというよりはカウンターでゴール前に迫るという戦術。

守備力には部類の強さを誇る反面、引いて守る下位クラブ相手に決めきれず、取りこぼしが多いという現状もあります。

ヘタフェはまさにそういった格下サッカーを徹底してくるチームですので、アトレティコ側が攻めあぐねる展開も容易に想像できますね。

実際バレンシアもヘタフェに不覚を取っていますし、首位を走るバルセロナも苦しめられました。

出典 http://warrisoku.blog.fc2.com



ただ当然ヘタフェがアトレティコから点を奪えるシュチュエーションも想像しがたく、ロースコア決着となる恐れも高いでしょう。

また両クラブセットプレーに力を持つクラブでもあるので、CK・FKでの空中戦がキーポイントとなりそうな予感です。

 

 

 

ブックメーカーのオッズで勝敗をよそうしよう

それでは注目の一戦の行方をブックメーカーのオッズで予想していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル アトレティコ勝利 1.40 引き分け 4.20 ヘタフェ勝利 9.00


ブックメーカー1xbet アトレティコ勝利 1.42 引き分け 4.74 ヘタフェ勝利 10.5


やはりオッズの差は相当なもの。ヘタフェ勝利を予想するのは難しいと言えるでしょうか?

実際ヘタフェは今季アウェーゲームを苦手としており、加えてアトレティコ相手には6戦連続未勝利でもあります。得点すら1点も奪えていないのですから、苦手としているのは明らかですよね。

ただ6戦の内全てがロースコア(2点差以内)であるということも事実。

仮にヘタフェが先制できれば面白い展開となるかもしれません。

今季のヘタフェはセットプレーに強いというデータも残っており、アトレティコ攻撃陣が不調という事も加味すれば、例年よりは勝率が高まっているともいえるでしょう。(それでも勝率は2割に満たないだろう)

 

 

総括

ラ・リーガ18節。

柴咲が所属するヘタフェがアトレティコホームに乗り込む一戦。

果たしてどちらが勝利を掴むのでしょうか?

コスタ復帰で勢いづくアトレティコは、バルサに迫るためにこれ以上負けは許されませんし、ヘタフェも強敵の敵地で少なくとも勝ち点1は持ち帰りたいところでしょう。

注目の一戦は日本時間1/6日午後9時キックオフ。

柴咲の活躍を期待しましょう。

 

アイキャッチ画像 出典 http://nofootynolife.blog.fc2.com

 

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る