松山・池田にケプカも参戦 ダンロップフェニックスは激戦必至

Pocket

終盤に差し掛かり賞金王争いの行方も混沌としてきた、ゴルフ国内男子ツアー。

残り3戦グレードの高い大会が続きますので、まだまだ行方は分からないと言えます。

昨年王者池田を初め、選手会長宮里や小平らには特に目が離せませんよ。

そんな中16日から開幕するのはダンロップフェニックス2018。

何と言っても今年は日本の松山英樹が参戦が決定しており、観戦を楽しみにしているファンも多いでしょう。

また全米ゴルフ優勝者で昨年の同大会覇者でもあるブルックス・ケプカも来日します。

果たして今年のダンロップフェニックスを制する選手は誰になるのか?

世界ランク上位二人揃い踏みで注目度の高い今大会の行方を、ブックメーカーのオッズを交えながら予測していきましょう。

 

 

松山・ケプカが参戦 ファン期待の一戦に

現在国内男子ツアーでは賞金王争いの真っ最中。

4000万の中に4選手がひしめく大混戦模様となっており、もちろん見逃せませんが、今大会それ以上に注目を集めているのは恐らく、ケプカ・松山の参戦でしょう。

世界ランク4位・7位の選手がツアーに帯同とあって、ファンも大勢詰めかけることが予想できます。

特に昨年同大会覇者ケプカの有志はファンの脳裏に焼きついているはず。

出典http://sportours2008.blog120.fc2.com



終盤まで池田と大接戦を繰り広げた彼は、ここでの優勝を機に大きく飛躍を遂げ、5月にはメジャー初制覇も達成しました。

18年度はディフェンディングチャンピオンとしての凱旋となりますが、再び宮崎で力強いスイングが見られるのは嬉しい限りですね。

世界屈指の飛ばし屋としても知られる彼はエンターテイメント性も十分ですし、今年も大会を盛り上げる活躍を見せてくれることは間違いありません。

飛躍のきっかけとなった想い出の地で連覇達成なるか?

仮に実現すれば史上5人目・アメリカ人としてはタイガーウッズ以来の快挙となりますので、彼の活躍には予選から目が離せませんよ。

 

 

松山は不調 データ上ではパットに難あり

ケプカと並んで注目を集める松山ですが、最近は不調が続いているでしょうか?

cmbクラシックでは5位の成績を残したものの、今年度最後の米ツアーWGC HSBCチャンピオンズでは50位の惨敗に終わります。

出典 http://ckinmokusei.blog77.fc2.com



全米では好調を維持し、一時は首位に立つなど日本のファンを熱狂させたのは事実。しかしその後は疲労などもあり徐々に成績を落とし、結果的には尻すぼみのシーズンとなってしまいました。

また後半戦ではとにかくパットが安定しなかったのも気になるところです。

昨年の貢献率(ストロークパットゲインド)は全体で174位という数字で、松山にとってパットが明確な弱点となっていることは明らかですが、今シーズン後半は特に荒れた印象ですね。

WGCでは初日トリプルボギーもありましたし、不調のパットを改善できるかはダンロップでも大きな鍵を握ることとなりそうです。

今大会のみならず、今後のためにもパットの精度を上げて行くことは絶対条件。

来季に備えての2ヶ月間で是非とも弱点を克服しておきたいですね。

 

 

小平一歩前進 首位返り咲きで夫婦賞金王も視野

前回大会優勝で再び首位に返り咲いたのは小平。

3月にプロゴルファー古閑美保と婚約し、公私共に充実した年を送っている彼ですが、このままの成績を維持できれば夫婦賞金王獲得が現実になる日も近いかもしれません。

出典 http://moterugolfwear.blog.fc2.com



ただ4000万差で小平・cキム・池田らが追走しており、まだまだ油断は許されない状況と言えるでしょう。

特に4位池田はここから成績を伸ばしてくることが予想されます。

何と言っても池田は今後3大会に強く、昨年はダンロップ・カシオ・日本オープン合わせて8000万奪取に成功しました。

終盤ブーストをかけて来ることも予想できるので、勢いは早い内に止めておく必要がありそうです。

また、前回大会で惜しくも2位に終わった選手会長宮里もダンロップには相性が良く(15年度優勝)、最後まで食らいついて来るはず。

果たして史上初の夫婦賞金王獲得に向けて正念場を迎えている小平は、ダンロップ優勝で優勢を確個たるものにできるでしょうか?

松山・ケプカに注目が集まる今大会ですが、国内男子賞金王争いからも目が離せません。

 

 

オッズでダンロップフェニックスの優勝者を予想

ブックメーカーウィリアムヒル


ブックメーカーbet365


優勝予選一番手はやはりケプカ。

昨年大会覇者でもある彼は、直近WGC HSBCチャンピオンズでも2位と好成績を残しており、仕上がりは万全と言えます。

問題は移動によるコンディション面ですが、昨年の経験もありますし心配いらないでしょう。

初日で大崩れすることがなければ、再び彼中心で試合が進んでいきそうな予感がします。

そんなケプカとほぼ同程度のオッズ評価が下されている松山は少し不安が残るでしょうか?

全米以降不調が続いている状況ですので、早々と優勝戦線から脱落する可能性も否定はできません。

地の利という意味では、他の海外選手よりもアドバンテージはあるはずですが、やはり初日に安定したスコアを残すことが大事になるはず。

14年度優勝の感覚を思い出して、今大会を復調の足がかりにしてもらいたい所です。

また国内選手で注目したいのは賞金ランキング4位池田勇太。

前回大会での不調が響いたのかオッズ評価はそれほどでもありませんが、今大会に無類の強さを誇っていることでも知られます。

10年度優勝に始まり、昨年も終盤までケプカとデットヒートを繰り広げ観客を沸かせました。

松山・ケプカを脅かすとすれば、彼ということになるはず。

二人と互角に渡り合えれば世界進出の基盤にもなりますし、是非とも活躍に期待したいですね。

 

 

総括

16日から に渡って開催されるダンロップフェニックストーナメント。

松山・ケプカ参戦とあってメディアの関心も高い今大会ですが、国内男子賞金王争いの行方を占う上でも、重要な一戦と言えます。

果たして2018年度を制する選手は誰になるのか?

注目の一戦はブックメーカーのオッズでも発表されていますので、是非予想を楽しみながらご覧になって見てください。

 

アイキャッチ画像 出典 http://mysportsbookmaker.blog.fc2.com

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る