ブリーダーズカップフィリーズ&メアターフ 気になる注目馬はこれ!!

Pocket

アメリカの芝1800mで争われる古馬牝馬限定G1レース「ブリーダーズカップフィリーズ&メアターフ」が11月4日に開催となります。

ブリーダーズカップフィリーズ&メアターフはアメリカ競馬の祭典「ブリーダーズカップ」2日目に施工されるレースです。

世界中の女傑が集まるレースなのですが、意外にも時期的には日本のG1レースシーズンと被る時期なのに2000年にマルターズスパーブ、2010年にレッドディザイア、昨年はヌーヴォレコルトが出走していずれも惨敗に終わっています。

今年は日本馬の参戦こそありませんが世界中の強い女馬が集結し盛り上がりを見せています。

では有力馬のご紹介の前に、まずはブックメーカーにてオッズを確認していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル

レディーイーライ 3.75倍、ロードデンドロン 4.50倍、クイーンズトラスト 8.00倍、ウーヘイダ 11.00倍、センガ 13.00倍、


ブックメーカーbet365

レディーイーライ 3.50倍、ロードデンドロン 4.00倍、クイーンズトラスト 9.00倍、ウーヘイダ 9.00倍、ダシータ 11.00倍、


現在のオッズを見るとレディーイーライとロードデンドロンが人気を分け合っていますね。

ではレディーイーライから順にご紹介していきましょう。

レディーイーライはアメリカの名門チャド・ブラウン厩舎所属の5歳牝馬で戦績は13戦10勝2着3回と未だ連対を外したことがありません。

G1を6勝し、現在G1を3連勝中と向かうところ敵なし状態です。

昨年もブリーダーズカップフィリーズ&メアターフに出走し2着に敗れていますので、今年はリベンジにに燃えているはずです。

今年は距離が2000mから1800mに短縮したことでレディーイーライにはプラス材料ですから勝ち負けすること間違いないでしょう。

実績的に見てももっと人気してもよさそうな馬ですが、理由は勝ち方が渋いからだと思います。

勝っても負けても辛勝の馬だけにイマイチ信頼が置けないのでしょうね。

続いてロードデンドロンをご紹介します。

ロードデンドロンはアイルランドの名門オブライエン厩舎所属の3歳牝馬でG1はフィリーズマイルとオペラ賞を制しています。

英オークスでは後の凱旋門賞馬となるイネーブル相手に5馬身差の2着と強い馬なのでしょうが、怪物級の牝馬ではありません。

出典http://umaumanews.com



人気の上ではレディーイーライと2分していますが個人的にはレディーイーライの方が数段上の馬だと確信しています。

とすれば3番人気のクイーンズトラストを対抗馬に推したいのですが、昨年のブリーダーズカップフィリーズ&メアターフ優勝馬のクイーンズトラストも優勝して以降、5戦して勝ち星なし、見せ場すらない状態なので信用が置けません。

ブリーダーズカップフィリーズ&メアターフはレディーイーライとロードデンドロンの一騎打ちの様相と化しているので逆らわず素直に人気2頭の購入をお勧めしたいと思います。

 



アイキャッチ画像 出典 http://blog.livedoor.jp/turfabeille


ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る