マンUが昨季覇者チェルシーと プレミア11節も見逃せない

Pocket

序盤から白熱した試合展開が続くプレミアリーグ。

現在無配継続中のシティが一歩リードしている状況ですが、追いかける5チームの争いは熾烈を極めています。

そんな中行われるチェルシーvsユナイテッドのビッグマッチ。

開幕から好調をキープしているユナイテッドに対し、チェルシーはやや不安定な立ち上がりとなっていますが、どちらもプレミアを代表するビッグクラブであることは疑いようもありません。

果たして勝利で今後に弾みをつけるのはどちらのクラブになるのか?

注目の一戦をブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

両チームの近況

昨季圧倒的な成績でプレミアリーグを制覇したチェルシー。

就任1年目のコンテ監督は見事にリーグに適応して見せ、他チームを寄せ付けませんでした。

ただ今年は苦しい試合展開が続いています。

開幕バーンリー相手の黒星スタートに代表されるように勝負弱さも目立っており、シティ戦敗戦で早くもホーム2敗目。

順位も4位に留まったままで、既に連覇はかなり厳しくなってしまったといえるでしょうか?

コンテサッカーには運動量が必要不可欠ですが、clとの過密日程の兼ね合いや、補強失敗による層の薄さも相まって、ガス欠気味な試合が多いのも気になる所です。

前々節ワトフォード戦などでは選手の動きのキレが悪く、一時は逆転されるなど随分苦しめられました。

これもひとえにチームの層の薄さの表れ。

マンチェスター勢と比べると控えの戦力差は明らかで、疲労が色濃い選手でも使わざるを得ないのは大きなディスアドバンテージです。

就任2年目にして初の苦境に立たされているコンテは、この事態をどう乗り切るのか?

出典 http://bookmaker-info.com



昨季はフォーメーションなどを大幅にテコ入れして、チームを立ち直らせた実績もありますし、これからの手腕に期待しましょう。

対するユナイテッドは昨節トッテナム相手に勝利。

試合内容はそれほど満足できるものでもありませんでしたが、大きな勝ち点3を手にすることに成功しました。

ただ首位シティとはまだ5ptの差があり、敗戦が許されない状況か続いています。

チェルシー戦とのビッグマッチでもそれは例外ではないでしょう。

これ以上離されると致命傷になり得るだけに、少なくともアウェーで勝ち点1でも手にしなければなりません。

まずは守備中心で試合に入ってカウンターのチャンスを伺いたい所。

トッテナム戦でも見せた堅い守備で、チェルシーの攻撃を跳ね返していくことが先決です。

 

 

舌戦を繰り広げた両監督 高圧的な会見とは裏腹に、試合は守備中心!?

メディアでも自分の考えを遠慮なく口にするモウリーニョは、その発言が問題になることも少なくありません。

9月にはコンテ監督を侮辱したともとれるコメントで、彼を怒らせたのは記憶に新しいでしょうか?

ただもちろんコンテも黙っているはずもなく、メディアを通して公然とモウリーニョを批判し、問題を大きくします。

この二人は昨年にも同じような形でやり合い、クラブ間に一触即発の雰囲気が流れていた時期もありましたが、今年も舌戦の段階から火花を散らしているようですね。

出典 http://chimotoportugal.blog76.fc2.com



このように劇場型の両監督ですが、試合内容はというと守備が中心。

特にモウリーニョは試合のほとんどの時間を守備に費やすことさえあり、その消極的な戦術はしばしば批判の対象にもなっています。

今節はそんな守備型チームの対戦ですからそうチャンスは多くないかもしれませんね。

ユナイテッドはロングボールを多用してくるでしょうし、チェルシーもサイドからのカウンターの攻め上がりを狙っているはず。

両チームとも自分からボールを持ちたがるとはとても思えませんし、噛み合わない試合内容になる可能性も十分に考えられます。

ですから今節の試合のカギを握るのは両エースストライカーの働きということになりそうな予感。

少ないチャンスを確実にものに出来たチームが試合後勝ち点3を手にしているでしょう。

 

 

ブックメーカーのオッズで勝敗予想

それでは注目の一戦の行方をブックメーカーのオッズでも予想していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル チェルシー勝利 2.50 引分け 3.20 ユナイテッド勝利 3.10


ブックメーカーbet365 チェルシー勝利 2.55 引分け 3.10 ユナイテッド勝利 3.30


優勢はホームチェルシーとの見方が強いようです。

やはり最近のユナイテッドの責めには迫力が感じられませんし、このオッズとなってしまうのも致し方ないでしょうか?

特にルカクがゴールから遠ざかっているのが気になりますね。

ただチェルシーも復帰が予定されるカンテのコンディションなど不安要素がないわけでもありません。

守備的な相手を崩すのも苦手としていますし、最近はギリギリの試合展開も続いてきました。

仮にユナイテッドに先制を許せば、かなり試合が難しくなってしまうでしょうね。

チェルシー優勢は揺るぎませんが、ユナイテッドにも4割以上の確率でチャンスがあると言えそうです。

 

 

総括

プレミアリーグ第11節。昨季覇者チェルシーが、ホームでユナイテッドを迎え入れての一戦。

今季ここまで調子が上がりきらないチェルシーですが、上位決戦を制して復調の兆しを掴むことが出来るでしょうか?

一方のユナイテッドも、序盤でこれ以上シティとの差は広げたくありません。

第注目の11節は11/6深夜1時30分キックオフ。

この試合のオッズはブックメーカーでも発表されていますので、是非予想を楽しみながらご覧になって見てください。

アイキャッチ画像 出典 http://bnjb.blog.fc2.com

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る