日本シリーズ第4戦 ホークス優勝が決定?!

Pocket

第3戦も勝利し、2年振りの日本一に王手をかけたのはパリーグ覇者ソフトバンク。

2戦以降は接戦続きですが、勝負所での力強さは流石といった所ですね。

他方denaは崖っ淵。

明日明後日と連勝しなければ、ハマスタでの屈辱的な胴上げが決まります。

果たして第4戦を逆転の足掛かりにできるのか?

ここから4連勝となるとかなり厳しきとは事実ですが、まずは1つ勝って気持ちを落ち着ける必要があるでしょう。

プロ野球日本シリーズ第4戦。

午後6時30分キックオフの見逃せないゲームの行方を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきます。

 

 

初回に別れた明暗 denaは2度の盗塁死でチャンスをふいに

本拠地で少なくとも2勝が絶対条件だったdena。

是が非でも勝って明日以降につなげたいところでしたが、またも初回にあっさり先取点を奪われます。

1番バッター柳田にヒットを打たれると、盗塁とバントで3塁へ。続く3番デスパイネが当たり前のようにタイムリーを放ち、ソフトバンクはこれで3戦連続・初回得点ということになりました。

一方denaもその裏、すぐにノーアウト1.2塁のチャンスを作り反撃の地盤を築こうとします。

ソフトバンク先発武田は明らかに乱調気味で、得点できるチャンスも多いにあったといえるでしょうか?

出典 http://0p0td.blog.fc2.com



ここで流れに乗って逆転・・・といきたかったdena。

ですが、その良い流れを断ち切るかのように桑原・梶谷が盗塁死でチャンスを潰してしまいます。

今に思えばこれが致命傷でした。

チャンスをしっかりものにしたソフトバンクに対し、自らのミスでそれをふいにしたdenaという構図。

これは第3戦に限った話ではなく、とにかく今シリーズdenaは自滅している印象が強いですね。

流れをそのまま生かすことが出来るソフトバンクが「勝負強い」ことは間違いありませんが、このままでは4タテは必至でしょう。

打順を組み替えるなどの思い切った策を講じた方が、よい結果に繋がるかもしれません。

特に1番桑原が大ブレーキで試合の流れを止めている感もあるので(未だ無安打)、好調の9番倉本と入れ替えるなど、シーズン中にはない大胆な起用法を4戦では試したいですね。

 

 

7回以降は盤石 denaはリードを奪われると万事休すか?

denaは初戦こそ10失点大敗ではありましたが、その後はシーソーゲームの熱戦を演じています。

しかし結果は3連敗。

特に2戦目などは一時リードしたものの、逆転を許しての敗戦でしたのでチームとしても悔いが残るでしょう。

接戦を演じながら後一歩届かないといった試合展開に、点差以上の差を感じているかもしれませんね。

ではその差とは一体何なのか?

見方によって様々あるでしょうが、やはり一番は中継ぎ陣の戦力の違いに他なりません。

dena・ソフトバンク共に勝利の方程式を抱え、リードしている試合での継投に差はないはず。

しかし、層の厚さという意味では雲泥の差です。

事実denaは、パットンを除いた全リリーバーの防御率が4点台を下回っており、彼らではとてもソフトバンク打線を抑え込めるとは思えません。

csでのマシンガン継投なども話題になりましたが、それ自体が欠点の表れ。

今永や井納がリリーフに回らなければいけない現実を考えても、この当たりがdenaの顕著な弱点と言えるはずです。

出典 http://haruyasu225.blog.fc2.com



他方ソフトバンクは、勝利の方程式以外にも嘉山・森・石川ら2点台・3点台のピッチャーを多く要しており、仮に先発が打ち崩されたとしても早い段階から継投にスイッチすることが可能となっています。

これはとくに短期決戦において有効に働くでしょうか?

チャンスの場面で積極的な代打攻勢をしかけることもできますし、5.6をしっかり抑えて勝利の方程式に繋げば、敵にプレッシャーをかけることにも繋がります。

またリーグ戦に比べ明らかに先制点の重みが増していますので、先発は早い回から全力投球が必須。

そうなるとどうしてもシーズンより球数も増え、5.6回当たりで息切れしてしまうという現実もあります。

ですからこの差は相当なアドバンテージと言えるでしょう。

denaとしては5.6回までの大量リードが、勝利の為には必須となっているんです。

崖っぷちの4戦目ではとにかく先発が長い回粘ることが大事になりますが、まずは先取点を絶対に与えないこと。

ソフトバンクは先制した時の勝率が9割を上回っていますので、まずは序盤きっちりと0風を続けて、敵にリズムを与えない試合運びを心掛けたいですね。

 

 

ブックメーカーのオッズで勝敗予想

それでは運命の第4戦のオッズを、有名ブックメーカーで確認していきます

ブックメーカー1xbet  dena勝利 2.375 ソフトバンク勝利 1.464


やはり有利はソフトバンク。

現在の流れですと4タテもやむなしといった見方が強いようですね。

ただし現実に4タテが起こったのは2005年にまで遡ります。

つまりこの試合に限っていえばdena勝利の目も少なくないと言えるのではないでしょうか?

日本シリーズ制覇ははっきり言って絶望的ですが、「この試合」に限って言えばdena勝利の確率は3割を超えてくると予想できます。

 

 

 

総括

日本シリーズ第4戦は1日の18時30分開始予定。

果たしてソフトバンクが4タテで優勝を決めてしまうのか?

それともdenaが意地を見せ勝利をもぎ取るのか?

日本シリーズの命運派この試合に全てかかっています。

もちろんブックメーカーでもオッズが発表されているので、是非予想を楽しみながらこの一戦をご覧になってみて下さい。

 

アイキャッチ画像 出典 http://yakyufan.blog74.fc2.com

 

 

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る