F1メキシコGP ハミルトンがドライバーズチャンピオンに王手

Pocket

F1の第18戦メキシコGPが10月27日から29日にかけてエルマノス・ロドリゲス・サーキットにて開催となります。

前レースの第17戦アメリカGPでは、メルセデスのルイス・ハミルトンが前評判通りの走りを見せアメリカGP4連覇を果たしました。

ハミルトンが優勝したことで、所属チームのメルセデスは残り3戦を残しながらもコンストラクターズのタイトルを獲得、ドライバーズポイントリーダーのハミルトンも年間王者のタイトルをぐっと引き寄せました。

ドライバーズポイント2位のセバスチャン・ベッテルもアメリカGPで2位を死守したことでタイトル獲得に望みを繋げましたが、直近のレース結果が6戦5勝と絶好調のハミルトンを抜く事は至難の業と言えるでしょう。

奇跡が起きない限りベッテルの逆転タイトル獲得は難しいでしょうが、今季F1残り3戦を盛り上がる意味でもベッテルの活躍に期待が高まります。

ではメキシコGPの優勝者オッズをブックメーカーにて確認していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル

ルイス・ハミルトン 1.83倍、セバスチャン・ベッテル 3.75倍、マックス・フェルスタッペン 6.50倍、ダニエル・リカルド 13.00倍、バルテリ・ボッタス 13.00倍、


ブックメーカーbet365

ルイス・ハミルトン 1.83倍、セバスチャン・ベッテル 3.25倍、マックス・フェルスタッペン 5.50倍、バルテリ・ボッタス 13.00倍、キミ・ライコネン 21.00倍、


両ブックメーカー共にルイス・ハミルトンがオッズ1倍台とかなりの人気を集めていますね。

ハミルトンは昨年のメキシコGPでも優勝していますし、メキシコGPが行われるエルマノス・ロドリゲス・サーキットは全開率の高い高速サーキットなので、メルセデスのマシンとの相性も良いでしょう。

対して追いかける立場のセバスチャン・ベッテルはメキシコGPとの相性は良いとは言えないですし、中・低速サーキットで高いパフォーマンスを発揮している今季のフェラーリとエルマノス・ロドリゲス・サーキットは相性が良いとは言えません。

出典 http://f1vettel.blog.fc2.com



フェラーリは厳しい戦いを虐げられるでしょうがアメリカGPで2位、3位と二人のドライバーが表彰台に登っており、復調気配も見せているので何とかハミルトンの優勝を阻止してもらいたいと思います。

余談となりますがメキシコGPはF1ホンダが1965年に初優勝を決めたグランプリです。

マクラーレン・ホンダは過去の戦績を比べると今季のF1では低迷しているチームでもありますし、来季はマクラーレン、ホンダ共に別々のチームとして戦うことが決定しています。

来季は敵として戦うことになりますが長きに渡ってパートナーとしてF1界を引っ張ってきた存在のマクラーレン・ホンダには残り3戦で何とか爪痕を残して欲しいものです。

 

アイキャッチ画像 出典 https://ja.wikipedia.org

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る