ラグビーリーグ・ワールドカップ開幕 今年の優勝国は?

Pocket

ラグビーリーグ・ワールドカップが10月27日から12月2日に掛けてオーストラリア、ニュージーランド、パプアニューギニアの3か国、13都市にて開催となります。

ラグビーリーグ・ワールドカップは同じく国別対抗戦のラグビーワールドカップと並んでラグビー界のビッグイベントとなりますが、ラグビーワールドカップのように予選を勝ち抜いたチームだけが出場するわけではありません。

初めから決まった参加国同士が争う大会で今回のラグビーリーグ・ワールドカップは14か国で争われる大会となっています。

更にワールドカップは15人制なのに対してラグビーリーグ・ワールドカップは13人制のラグビーを導入しています。

15人制よりも2人少ない分、スペースを埋める為によりスピーディーな試合展開が見られるのもラグビーリーグ・ワールドカップの特徴の1つです。

では有力チームのご紹介の前に、まずはブックメーカーにて優勝予想オッズを確認していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル

オーストラリア 1.22倍、イングランド 7.00倍、ニュージーランド 10.00倍、トンガ 21.00倍、サモア 67.00倍、


開催国の1つとなるオーストラリアが断トツの人気を得ていますね。

ラグビーワールドカップのナショナルチームは「ワラビーズ」の愛称で世界的なラグビーの強豪として知られていますが、ラグビーリーグ・ワールドカップに出場するチームの愛称は、これまたオーストラリアにちなんだ「ザ・カンガルーズ」の愛称となっています。

ザ・カンガルーズもワラビーズをしのぐ活躍を魅せ1957年の第2回大会から13大会連続で決勝まで勝ち上がってきているチームなので1番人気なのは当然の結果と言えるでしょう。

続いて人気なのがイングランドですね。

イングランドは、イギリスとしてなら1954年、1960年、1972年大会を優勝している実績あるチームですが、イングランドとして参加した年の実績は2位が最高順位で優勝の実績はまだありません。

直近の3大会連続で準決勝敗退となっているだけに今回2番人気なのは意外でした。

次は3番人気のニュージーランドです。

ラグビーワールドカップのナショナルチームは黒いユニフォームとハカでお馴染みの「オールブラックス」で有名です。

出典 http://chronos.seesaa.net/



ラグビーリーグ・ワールドカップに出場するチームは「ザ・キウィズ」の愛称でオールブラックスと同じく黒いユニフォーム姿で戦います。

ザ・キウィズは3大会連続で決勝まで勝ち上がってきているチームなのでオーストラリアを負かすならニュージーランドしかありませんね。

以上上位人気3か国をご紹介しました。

現状13人制ラグビーの最高峰リーグと言われるNRLがあるオーストラリアとニュージーランドがラグビーリーグ・ワールドカップでは有利と言えるでしょう。

なので、今回もオーストラリアとニュージーランドが決勝の顔合わせになると予想します。

開催国同士の戦いで盛り上がると思いますし、イングランドは次回大会のホスト国として2強に近づけるように意地を見せて欲しいものですね。



アイキャッチ画像 出典http://melhyak.web.fc2.com


ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る