CS2ndステージ開幕 王者ソフトバンクに挑むは楽天イーグルス

Pocket

西武を破り下剋上で、CS2ndに駒を進めた楽天イーグルス。

初戦の大敗から見事に立ち直り、勢いそのままに2連勝で西武を打ち負かしました。

一方セリーグでも下克上が…。

横浜が阪神との激闘を制し、逆転でcs突破を決めます。

両リーグ共に3位クラブが躍進し、これぞcsの醍醐味といったような展開が続いているのはファンにとっても嬉しいことですよね。

ただ、そんな2球団にはリーグを引っ張ってきた絶対王者が待ち構えています。

パリーグはソフトバンク。セリーグは広島。

両クラブ共に戦力は抜きん出ており、csでも圧倒的有利に違いありません。

ただ優勝から長い期間が空きましたので、モチベーションを維持できているかどうかは不透明。加えて、横浜・楽天には勢いがありますので、初戦の結果次第ではシリーズが大きく動いていくことになりそうですよ。

そんな大注目のcs2ndステージ。

プロ野球ファンなら見逃せない激闘の行方を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきます。

 

 

下剋上楽天は勢いではソフトバンクより上? しかし先発陣は不安も残る

西武とのcs1stを制した楽天。

初戦は10失点の大敗だったにも関わらず、見事な立ち直りを見せ、最終戦は完勝共言える内容でした。

打線にも徐々に火がついてきており(茂木の先頭打者ホームランなど)、こと勢いという点ではソフトバンクに勝っているのも事実でしょう。

ただやはり不安があるとすればピッチャー陣。

則本大炎上で先発3本走らの一角が崩れてしまったのは事実ですし、シーズンを支えてきたリリーフ陣も連投で疲労が蓄積しているはずです。

コンディション面から見ても不利は明白。加えて福岡への移動もありますので何日も好調は続かないでしょうか?

また、サファテらが控えているソフトバンク相手に終盤リードを許すと、それだけで致命的ともいえます。

そういった意味でも、7.8.9回のピッチャーの0封は必要不可欠になってきますが、現在の楽天投手陣では不安と言わざるを得ませんね。

 

 

リーグでは善戦も横浜は疲労が心配 初戦勝利で勢いに乗れるか?

ラミレス監督指導のもと、勝てるチームへと生まれ変わった横浜。

今シーズンは3位に終わりましたが要所要所で勝負強さを見せ、csでも見事に下克上を達成して見せました。

特に今年は今永・石田らの活躍で先発ピッチャー陣に厚みが増し、打ち勝つだけでなく守り切る野球が出来るようになったことが、下剋上の一つの要因になったでしょうか?

出典 http://haruyasu225.blog.fc2.com



山崎をはじめとしたリリーフ陣も盤石で、広島といえども難しい試合展開を強いられるはずです。

事実、対戦成績も12勝13敗とほとんどイーブンですし、昨年も同一カードでCS2ndを戦った経験もあります。

ここ1・2年においてこれほど広島に善戦している球団も珍しいですので、今シリーズも激戦が期待できそうですよね。

ただ横浜は雨天順延の影響もあり、休むことなく18日のゲームに挑まなくてはなりません。

選手達はまだアドレナリンが漲っているでしょうが、防戦一方の展開になれば自ずと集中力も低下していくはずです。

こういったメンタル面が試合に及ぼす影響は大きいので、是が被でも勢いを持続させたいところでしょう。

 

 

先発の出来がシリーズの明暗を分ける!! 注目の予告先発は?

それでは両リーグの注目の予告先発を見ていきましょう。

まずは、セリーグ。

広島は薮田、横浜は石田が予定されています。(といってもセリーグはこのシリーズは予告先発制度がないため当日になって変更はあるかもしれませんが)

どちらも力のある投手ですが、やはり問題は薮田の出来と言えるでしょうか?

今シーズンは防御率2.58という成績を残してはいますが、横浜戦に限っていえば数字は4点台まで下がってしまいます。

マツダスタジアムでの成績も良いとはいえませんから、彼の出来次第では横浜にもチャンスがあるといえそうですね。

対する石田は今季広島相手の防御率は3点台。

内1回はマツダスタジアムで投げ、その時は7回2失点で勝利投手となっています。

広島打線は長い休養期間で感覚が鈍っていることも予想されますので、まずは序盤すんなりと抑えていけば横浜ペースで試合が進むかもしれません。

一方パリーグの先発は、東浜と塩見。

東浜は今季ブレイクした投手の一人で、コントロールに秀でたピッチャーとして知られています。

出典 http://baseball-guide.com



持ち前の制球力に加え、決め球ツーシーム(シンカー寄り)で三振も奪える万能型。

ただし一発に弱い傾向があり、シーズン中はウィーラーなどによくやられている印象もありました。

そういった意味でも、鍵を握るのは彼と外国人選手のマッチアップです。

ここをすんなりと東浜が抑えると、ソフトバンクペースで試合が進んでいくでしょう。

対する塩見は、ソフトバンク戦の登板は今季1度にとどまっていますが、そこでは5回1失点としっかり結果を残して見せました。

今季はデータも少なく判断がしづらい投手の一人ですが、彼がソフトバンク打線相手に5回を無失点で乗り切れれば、盤石のリリーフ陣に繋げることも出来ます。

梨田監督も余り長いイニングは期待していないでしょうから、序盤から全開で飛ばしていって欲しいですね。

ソフトバンクは、柳田怪我の影響で打線に勢いはありませんからいかにピッチャー陣が踏ん張れるかが勝利の鍵を握ると言えるでしょう。

 

 

オッズで試合を予想しよう。

それではブックメーカーのオッズで試合を予想していきましょう。

ブックメーカー1xbet 広島勝利 1.64 横浜勝利 2.456


ソフトバンク勝利 1.464 楽天勝利 2.99


やはり優勝球団同士が有利との予想が大半のようですね。

休養期間を挟んでいますので試合勘などはまだまだ鈍いでしょうが、初戦にエースピッチャーを立てることが出来るのは大きすぎるアドバンテージです。

加えて移動距離などを含めたコンディションの差もありますし、この数字も致し方ないですね。

ただそれはあくまでも初戦の勝敗に限った話。

横浜・楽天共にシリーズを通しての戦いでは善戦出来そうな予感です。

特にCS1stで登板した中心先発陣の試合日までに貯金を作って置ければ、一気に立場が逆転することもありえるでしょう。

 

 

総括

プロ野球cs2ndステージの火蓋がいよいよ切って落とされようとしています。

1stでは両リーグ共に下克上が起き、ファンを楽しませてくれましたが、2ndでは何かサプライズなどはあるでしょうか?

18日のゲームの勝敗予想はブックメーカーでも発表されていますので、是非オッズを確認しながら観戦して見てください。

 

アイキャッチ画像 出典 http://gakudoh.blog67.fc2.com

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る