ジョッキークラブ開幕 今年の優勝馬は!?

Pocket

ダート2000mで争われるアメリカのG1レース「ジョッキークラブゴールドカップ招待」が10月7日にベルモントパーク競馬場にて開催となります。

元々は秋のダート中距離最強馬決定戦として施工されていた格式高いレースでしたが、11月に行われるブリーダーズカップクラシックにその座を奪われています。

距離も同じ2000mでローテーション的にも約1か月後にブリーダーズカップクラシックがあることから今では同レースの前哨戦としての位置づけに成り下がっています。

例年ならばアメリカ国内外のブリーダーズカップクラシックを目指す一流馬が多く参戦してきますが、今回のメンバーを見ると一流馬と言える馬が一頭も見当たりませんので、頭数も少なく面白みに欠けるレースとなりそうです。

ではブックメーカーのオッズにて上位人気の馬をご紹介していきましょう。

ブックメーカーbet365

キーンアイス 2.37倍、ラリークライ 4.00倍、パベル 7.00倍、グッドサマリタン 7.50倍、ハイランドスカイ 10.00倍、


1番人気のキーンアイスは3歳時にG1トラヴァーズステークス勝ちの実績を持つ5歳馬です。

トラヴァーズステークスを勝って以降の3歳、4歳時では勝ちに恵まれず、前々走のG2サバーバンステークスにて久し振りに勝利すると前走G1のホイットニーステークスでも2着に入り完全復活した印象を与えています。

続いて2番人気のラリークライはG1はおろか重賞勝ちの実績も無い4歳馬です。

前走のG1ウッドワードステークスで2着に入った実績を買われ2番人気の支持を得ていますが、実際には1着のガンライナーに10馬身も離されての2着なので、実力を過信すべきではないような気がします。

最後に3番人気のパベルは未だ3戦しか経験のない3歳馬です。

前走のG3スマーティージョーンズを優勝し重賞馬の仲間入りを果たしましたが、あくまで3歳馬限定の重賞レースであり今回が初の古馬との対戦となることからもこの馬にとって試金石となるレースになります。

出典 http://blog.livedoor.jp/turfabeille



未だ3戦しかしていない3歳馬なので、伸びしろがたっぷりと残されている事を考えれば、このレースでも善戦する可能性は大いにあるでしょう。

以上人気3頭をご紹介してきました。

実力、実績、戦ってきた相手を見てもキーンアイスが1枚も2枚も上の存在のような気がするので、オッズ1倍台になっても不思議ない固いレースと見ています。

キーンアイスはジョッキークラブゴールドカップ招待の後にブリーダーズカップクラシックを予定しているので、ここを勝って本番で有力馬の1頭となるのかレースぶりに注目が集まります。

 

アイキャッチ画像 出典 http://2chkeiba2chkeiba.blog.fc2.com


ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る