オペラ賞開幕 今年の優勝馬は!?

Pocket

フランスのG1レースオペラ賞が10月1日にシャンティイ競馬場にて開催となります。

オペラ賞は芝2000mで争われる3歳以上の牝馬限定レースとなっています。

過去に日本馬の参戦はないものの、1994年には日本の武豊騎手がエリンバードで参戦し、1着入線ながら降着で5位となった出来事がありました。

エリンバードは後に日本で繁殖牝馬となり、オークス馬のエリンコートを産み出しています。

今年は15頭の参戦となっていますが、メンバー的に抜きん出た馬は見当たらずどの馬にもチャンスがありそうです。

では人気馬のご紹介の前に、まずはブックメーカーにてオッズを見ていきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル

ロードデンドロン 5.50倍、シャムレーン 7.50倍、ハイドランジア 8.00倍、ウーヘイダ 8.00倍、ラカザール 9.00倍、


ブックメーカーbet365

ロードデンドロン 5.00倍、センガ 8.00倍、シャムレーン 8.00倍、ウーヘイダ 8.00倍、クイーンズトラスト 9.00倍、


両ブックメーカー共に1番人気こそロードデンドロンですが、2番人気以降が定まっていません。

オッズ10倍台に6、7頭並んでいることからも実力伯仲のメンバーであることが理解できます。

では1番人気のロードデンドロンから順にご紹介していきましょう。

ロードデンドロンは3歳牝馬のG1馬でアイルランドの名門オブライエン厩舎所属です。

出典 https://ja.wikipedia.org



2歳牝馬限定G1フィリーズマイルを勝ってからクラシック候補として期待されていた馬でしたが、英1000ギニーは同厩舎のウィンターの2着、そして英オークスは凱旋門賞1番人気のイネーブルの2着と共に惜敗しています。

続くフランスオークスはレース中の鼻出血のため競争を中止し、前走のメイトロンステークスでは7着と大敗しています。

前走のメイトロンステークスは1600mのレースなので、今のロードデンドロンには距離不足なのは否めません。

距離2000mのオペラ賞に代わり距離延長がプラスに働くとみてロードデンドロンが1番人気に推されているのでしょうが、近走の不甲斐なさから凡走する可能性も高い危ない人気馬だと感じます。

続いてシャムレーンをご紹介します。

シャムレーンはアイルランドの3歳牝馬で、重賞を3勝していますが、G1は未出走です。

今回のオペラ賞と同じ芝2000mを中心に使われ、前走、前々走の勝ち方が強い内容だから人気を集めているのでしょう。

ただ、初めての牝馬一級線との対決なのと、初の外国遠征レースになるので、実力は未知数となりますから大敗してもおかしくない馬ですね。

最後に地元フランスの3歳馬センガをご紹介します。

センガは今年のフランスオークス馬で、オペラ賞と同じシャンティイ競馬場を3回経験している強味があります。

地元フランスの名手パスキエ騎手がデビュー以来継続して騎乗していることもレースでは有利に働くことでしょう。

以上3頭をご紹介しましたが、実力伯仲なのでどの馬が勝っても不思議ない波乱含みのレースとなりそうですね。



アイキャッチ画像 出典 http://iroirokeiba.blog.fc2.com


ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る