伝統の一戦 崖っ淵の巨人が阪神と激突

Pocket

セリーグも残すところ数試合。

既に広島が優勝を決め、阪神も3位以内が確定しましたが、巨人・denaの熾烈な争いは未だに続いています。

両者の差はわずかに1で、どちらに転んでもおかしくない状況。

しかし巨人はdenaとはもう試合がありませんので、これ以上離されてしまえば致命傷ていえるでしょう。

また阪神も3位以内を確保したとはいえ、csを甲子園で迎えるべく、いち早く2位確定を決めたい所です。

果たして伝統の一戦を勝利で終えるのはどちらの球団になるのか?

手に汗握るセリーグの激闘を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

崖っ淵巨人 打線の奮起が最重要課題か?

一時は出場不可能という程のゲーム差をつけられていた巨人。

しかし流石はジャイアンといわんばかりの力を、9月ごろから見せ始めました。

あれよあれよと勝ち進み、一度は横浜と並んだことがあったのも事実です。

が、しかし。そこから差が中々縮まらず、結局ここまでもつれ込んでしまいました。

原因は色々考えられますが、やはりキャプテン坂本の不振が大きいのではないでしょうか?

8月に入ってからその打棒が影を潜め、月間打率は2割台。

9月の打率に至っては、つい先日まで1割台と過去類を見ないほどの不調に陥っているようですね。

そうなると頼れるのは開幕から好調キープのマギーだけですが、余り一発の出るタイプでもなく、彼だけでは試合の流れを変えられません。

1点・2点が精一杯の打線では当然勝てるはずもなく、ここまで粘れているのも菅野・マイコラス様様といったところ。

出典 http://matomedeon.com



田口と合わせての三本柱は相当に勝ちを溜め込んでいるはずなのですが、それでも貯金が作れないという事実が、現在の巨人の全てを物語っています。

やはり打線の奮起はcs進出の上ではかかせないでしょう。

特に坂本は現在4試合連続で安打はできていますから、噛み合えば復調のきっかけをつかめるかもしれませを。

また、坂本だけでなく、長野ら中心選手の流れを変える一発が試合の中で飛び出せば、チームの士気も上がり勝ちにつながっていくはずです。

 

 

阪神は打線がつながらず 試合を決められるバッターがいない。

阪神は直近のdena戦で11-2の大敗。

守りきれなかった投手陣にも避難が集まっていますが、それよりも11安打放ちながらたったの2点に終わった打線にはファンも辟易しているところでしょう。

シーズン序盤から指摘されていることですが、打線を牽引するリーダーがおらず、結局最後のところでは返せずにランナー残塁に終わってしまいます。

出典http://hanshinn.blog.fc2.com



これは今後csを戦っていく上でも致命的。

広島の重厚打線に打ち勝つには、コンパクトに少ない安打で得点を積み重ねるしかありません。

鳥谷・糸井を中心に返せるバッターは揃っているんですから、いかに彼らの前に類を貯めるかが重要。

csを見据えて確実なバントや盗塁での撹乱などとにかくランナーを2塁に進めることが出来なければ、日本一の夢は遠くなるばかりでしょう。

 

 

予告先発発表 阪神に相性が良い畠が試合を作れるか?

ここで両チーム先輩が発表されたようなので、確認していきましょう。

ホーム巨人は畠。対する阪神は岩貞を建ててきました。

畠といえば今期ブレイクした新人の1人。ルーキーイヤーながら6勝をマークし、防御率も2.73と高い数値を残しています。

また、彼は阪神戦を得意としており通算防御率は1.50。

そのため巨人としても畠にいけるところまでいって欲しいのが本音かもしれません。

9月は1勝2敗と負けが込んではいますが、3点以上の失点はなく試合はしっかりと作れています。

非常にプレッシャーのかかる一戦ではありますが、ルーキーらしい大胆な投球で試合をコントロールして欲しいものですね。

対する阪神の先輩は岩貞。

こちらは畠と打って変わって今期不調が続いています。

特に巨人戦を苦手としており、vs巨人・東京ドームでの防御率はそれぞれ10.00・14.63と随分打ち込まれている印象も拭えません。

ただ、直近dena戦では敗戦投手ながらも6回2失点とそれなりに安定したピッチングを披露できました。

今回も少なくとも6回2失点以下を心掛けて試合に臨んで欲しいですね。

抑えにはドリスら強力選手も控えていますし、大きく崩れなければ金本監督としてもまずは及第点といったところでしょう。

 

 

ブックメーカーのオッズで勝敗を予想しよう。

それでは東京ドームで開催される伝統の一戦の行方を、ブックメーカーのオッズでも確認していきましょう。

ブックメーカーピナクルスポーツ 巨人勝利 2.62 阪神勝利 1.555

 


意外にも阪神が有利との数値。

しかし前述した通り、先発陣の顔ぶれを見ると巨人にも十分チャンスがある用の燃えます。

勝率は5分と5分とみて間違いないでしょう。

 

 

総括

9月最後に控える伝統の一戦。

果たして巨人は勝利でcs進出に望みをつなぐことが出来るでしょうか?

それとも阪神が勝利で2位を決定づけるのでしょうか?

注目の試合は6時開始予定。

ブックメーカーではオッズも発表されていますし、是非予想を楽しみながら試合をご覧になってみて下さい。

 

 

 アイキャッチ画像 出典 http://baseballpeopel.blog88.fc2.com

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る