aclベスト4の浦和が、鳥栖と激突 j27節も見逃せない。

Pocket

aclで奇跡の大逆転劇を演じたのは浦和レッズ。

リーグでたまに溜まった鬱憤を、最高の形で晴らすことな成功しました。

現在は 位と未だ厳しい状況が続きますが、3位奪取に向けて。最後まで諦めない姿勢を貫いて欲しい者です。

対するは勝ち点37の9位。まずまずの成績を残しているサガン鳥栖。

9月は苦しい戦いが続きましたが、前節ようやく勝ち点3奪取に成功しました。

果たして勢いを取り戻しつつある浦和相手にどれだけのゲームが展開出来るのかは、注目ですね。

jリーグ第27節。

浦和がホームで鳥栖を迎え入れる一戦。

ファンなら見逃せない好ゲームの行方を、ブックメーカーのオッズで予想していきましょう。

 

 

両チームの近況

浦和は前節ななみ監督要するジュビロと引き分け。

試合内容では終始圧倒していただけに、セットプレーでの失点は悔やまれます。

ただ今後に向け明るい材料がそろったという点では、収穫の多い節だったといえるでしょう。

特に4-1-4-1の基本フォーメーションが軌道に乗りはじめ、チームに安定感が生まれました。

出典 http://niwaniwafootball.blog.fc2.com



今節は堅守速攻・ロングボール多用の鳥栖が相手のため、ハイプレスは生きにくいかもしれませんが、堀新監督の選手起用や手腕にも注目ですね。

対する鳥栖は前節ホームで甲府相手に勝利。

後半50分の劇的なゴールで勢いに乗ることに成功しますした。

現在勝ち点3差で浦和を追いかける状況。今節勝利ならば勝ち点で並び順位浮上のチャンスです。

前半戦では勝利を収めていますので苦手意識もないはず。

特に鳥栖のロングカウンター気味のサッカーは、現在の浦和には相性が良いと言えるでしょう。

プレスをかけてくる相手をハイボールで上手くいなし、積極的にPエリア内にクロスを上げていけば、次第にペースを掴めるはずです。

またサイドのスペースに大きく蹴りだしてスピード勝負をしかけるのもよいかもしれません。

出典 http://sr2460.hatenablog.com



そういった意味でも活躍が期待されるのは豊田とイバルボの2トップ。

高さある両選手の動き出しは、浦和にとって非常に厄介なものとなるでしょう。

 

 

浦和は4バックが新しい風を吹き込む 欠点も多いが攻撃力は魅力

浦和は堀新監督就任後は4バックでここまで戦い抜いています。

4-1-4-1(4-3-3)に似たこのシステムを使用することで、浦和に欠けていたプレス力が目に見えて向上し守備でも安定感が増しました。

またペドロビッチ時代から縦に早い攻撃が魅力のチームでしたので、この戦術は浦和に見合ったものといえそうですね。

ただ弱点もあります。

前から前からプレスをかけていくこのサッカーではチームの連動性が必要不可欠。

出典 http://www.calciomatome.net



丁度ピッチ上の10人が見えない糸でつながったかのような動きを見せなければ、ライン間の隙間などにパスを通されたりロングボールを上げられるなどして、プレスの効果が相殺されてしまいます。

肝心のプレスがはがされてしまえばこのサッカーは欠点だらけ。

ワンボランチでは明らかにDFラインに人数が足りず、相手の思うがままのカウンター攻撃を食らってしまうことになります。

選手たちには攻守の判断が求められますし、サイドの裏のやCBとCBとの間にできる「縦のスペース」をカットする姿勢が大事になるでしょうか?

特に運動量が落ち気味の後半はこのあたりをよく狙われますので、スタミナや基礎力の底上げも絶対条件。

カウンターに弱いという弱点を除けば、攻守にバランスが取れたシステム(守備時には4-5-1の布陣にもできる)といえますし、特にプレスが上手くはまれば絶大な攻撃力が生まれます。

このサッカーをものにすることができれば、堀イズムがチームに浸透し、上位浮上の足掛かりとなることは間違いありません。

 

 

ブックメーカーのオッズで勝敗を予想しよう。

それでは注目の一戦。浦和vs鳥栖の勝敗予想を、有名ブックメーカーでも予想していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル 浦和勝利 1.55 引分け 3.8 鳥栖勝利 5.50


ブックメーカーbet365 浦和勝利 1.55 引分け 4.00 鳥栖勝利 5.75


やはりホーム浦和が圧倒的有利とのオッズ数値。

順位の差はあまり変わりませんが、やはり戦力などを見ても浦和優勢は明らかですよね。

ただ、浦和のハイプレスサッカーはロングカウンター中心の鳥栖には相性が悪く、序盤に決めきれなければ厳しい試合展開になるかもしれません。

そういった意味ではこのオッズ程差がある試合展開とはならないかもしれません。

浦和勝利7割・鳥栖勝利3割といった予想が妥当だと思いますね。

 

 

総括

Jリーグ第27節。浦和VS鳥栖の一戦。

堀新監督就任後一定の成果を上げている浦和ですが、そろそろ順位浮上の足掛かりを作りたいところでしょう。

対する鳥栖も浦和相手にアウェーですが、自分たちのサッカーを徹底してほしいものです。

果たして勝利出終盤勢いに乗るのはどちらのチームになるのか?

注目の一戦はブックメーカーのオッズでも予想が発表されています。

是非好きなチームにベットしながら、サッカーの試合を楽しんでみてください。

アイキャッチ画像 出典 http://nofootynolife.blog.fc2.com

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る