崖っ淵ベッテル ハミルトンとの差を縮められるか?

Pocket

シンガポールgpで無念のリタイアとなり、ドライバーズチャンピオン獲得が絶望的になりつつあるベッテル。

果たして首位を走るハミルトンを追いかけることは出来るのでしょうか?

また、トロロッソホンダ誕生のニュースなど色々動きがあった9月のf1界。

最高峰のレースの舞台は、激動続きで日本人でも見逃せません。

前週日引き続きアジアでの戦いとなるf1マレーシアgpの勝敗の行方を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

ポールポジション獲得もクラッシュでリタイア 失意のベッテルはハミルトンと28pt差。

今期のf1といえば、ハミルトンとベッテルの熾烈なタイトル争い。

初戦勝利で勢いに乗ったのはベッテルですが、その後ハミルトンも食らいついていきました。

後半戦に突入した時点での両者の差はわずかに4。

どちらがドライバーズチャンピオンの称号を手にするのか?熾烈な争いにファンの注目も日に日に増していましたよね。

ただ、ベルギーgpを境にハミルトンが連続優勝で逆転に成功します。

出典 https://ja.wikipedia.org



そして今後を左右しかねない大事件が発生したのが、前回大会マレーシアgp。

予選好調でポールポジションを獲得したベッテルですが、まさかまさかのクラッシュで、開始早々のリタイアとなってしまったんです。

ライバルがいなくなったハミルトンは難なく優勝で3連覇。

逆にベッテルはポイントを獲得出来ずに終わり、差が28にまで開いてしまいました。

これはもう致命的としかいいようのない数字。

もう一度たりともハミルトンに首位の座を渡す訳にはいかなくなりました。

ただ、やはりポールポジションからのクラッシュは相当メンタルに応えているはず。

今回のマレーシアgpでは逆転に光明を見い出す走りが期待されますが、かなり厳しい状況に追い込まれてしまったのは否定しようのない事実でしょう。

 

 

マクラーレンとホンダが今シーズンで提携を解約 残り6戦で優秀の美を飾れるか

今期序盤から苦戦が続き、仲違いの噂が絶えなかったマクラーレンとホンダ。

特にマクラーレン側が、ホンダの頻繁なエンジントラブルに耐えきれずにこのような決断を下したとされています。

一時はポイントを稼ぐなど復調の兆しも見せ、関係改善との報道もありましたが、後半戦に入ってからもリタイアが相次ぎ、それが解約の最後の後押しとなってしまったようですね。

マクラーレンは既に来季ルノーと提携を結ぶことが発表され、ホンダ側もトロロッソと組むことが決定的。

出典 wikipedia https://upload.wikimedia.org



まだシーズン途中でなおかつ遺恨の残る別れ方ではありましたが、決定した以上は悔いの残らないレースで優秀の美を飾って欲しいと思います。

マレーシアgpはマクラーレンホンダと相性が悪くないレース会場としても知られていますし、今期2度目のw入賞のチャンスが巡ってきているといっても過言ではないでしょうか?

鈴鹿のサーキットで日本のファンにも優秀の美を見せて欲しいですね。

 

 

オッズで勝敗を予想しよう。

それでは注目のマレーシアgpの優勝予選を、ブックメーカーのオッズで確認していきましょう。

ブックメーカーbet365 ハミルトン勝利1.83 ベッテル勝利 3.00 ボッタス勝利 6.50


優勝予想1番手はやはりハミルトン。

シンガポールではラッキーな形での制覇となりましたが、勢いに乗っていることは間違いありません。

特に注目は予選の走り。

今大会でもポールポジションを獲得することになれば、彼にとってかなり優勢なレース展開になることでしょう。

対するベッテルですが、クラッシュで受けた精神的ダメージを今大会に持ち込まないことが大事。

残り6戦となっていますしこれ以上ハミルトンに差を離されては、事実上ドライバーズチャンピオンは決定してしまいます。

シンガポールの予選ではよい走りを見せていましたので、まずは2戦連続ポールポジション獲得で勢いに乗りたいですね。

 

 

総括

マレーシアgpが29日から開幕。

果たしてハミルトンは連覇で、年間優勝を決定付けることが出来るでしょうか?

それともベッテルが最終戦に臨みをつなげるのでしょうか?

注目の一戦は予選から見逃せません。

ブックメーカーでもオッズが発表されていますし、予想を楽しみながら好きな選手を応援してみて下さい。

 

 

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る