伝統の一戦 セリーグはまだまだ終わらない

Pocket

広島の2連覇が話題となっているセ・リーグ。

赤ヘル軍団の快挙にファンも湧いていますが、シーズンはまだ終わっていません。

巨人・dena・阪神のクライマックスシリーズ出場の座をかけた争いは、ここからが本番といったところでしょう。

中でも20日の巨人vs阪神の伝統の一戦は、今後を大きく左右しかねない熾烈を極める戦いになりそうな予感。

まだまだ熱気冷めやらぬプロ野球の勝敗の行方を、ブックメーカーのオッズでも予想していきましょう。

 

 

巨人は9月建て直し傾向も、直近2連敗で4位転落 坂本不調で打線がつながらず。

巨人は開幕当初から不調が続いてきましたが、後半戦に入ってからは復調傾向にあったのは事実でしょうか?

2位阪神の背中に5ゲーム差まで迫り、denaと同率の3位にまで持ち直します。

しかし直近の中日戦にまさかの2連敗。

この結果を持って再び順位は4位へと転落してしまいました。

特に18日の田口先発の試合で勝ちを拾えなかったのは、今後に大きく響いてくるかもしれません。

貧打が深刻な巨人の頼みの綱は、菅野・マイコラス・田口の先発3本柱。

この投手陣の踏ん張りの甲斐もあり、後半戦で復調の兆しを見せましたが、18日のように打線が0点散発ではどうしようもありません。

頼れるマギーは相変わらず好調ですが、坂本が大不振に陥り3割台はチーム1人という状況に。

http://baseballpeopel.blog88.fc2.com



最近の試合ではわずか2割に落ち込んでいる坂本の打撃成績が上がって来なければ、順位浮上のきっかけを掴めないまま、denaに離されていくばかりでしょう。

 

 

阪神は不調の9月 首位と5ゲーム差から失速。

一方の阪神は、一時広島に5ゲーム差近くまで詰め寄る猛追を見せ、9月当初には逆転優勝も現実味を帯びていたのは事実です。

しかし5日からの広島戦3連敗を機に風向きが変わり始めたでしょうか?

首位攻防戦で3連敗。それもサヨナラ負けが2度とあってはもはや終戦ムード。

結局そのまま浮上のきっかけを掴むことができず、優勝を攫われてしまいます。

やはり広島に比べると打線に重みがなく、勢いに欠けるのは見逃せません。

金本監督指導のもと若手は力を伸ばしてきましたが、現在3割台は0人。

打線としてまとまりがあることは評価できますが、一発の出るバッターや3割を超えるバッターが中軸にはおらず、試合を決めきれない場面も目立つ印象ですね。

現在は5ゲーム差でdenaを離し2位につけていますが、うかうかもしていられません。

現在4試合勝ちから見放されており(3連戦巨人戦は未勝利)、対巨人成績は8勝12敗と負けこしているという現状もあります。

甲子園で挑む20日の試合でも黒星を献上するようなら、4位転落の悪夢も十分考えられるので、選手たちは気持ち新たに伝統の一戦に臨む必要がありそうです。

 

 

予告先発は菅野 阪神は打ち崩せるか

激闘が予想される伝統の一戦ですが、負けられないとだけあって両チームエースピッチャーを立ててきました。

特に巨人は菅野が満を辞して先発。

出典 http://matomedeon.com



ここまでのシーズン防御率は驚異の1.72で、現在も4試合負けなし記録を続けています。

果たして阪神はこの絶対的エースを打ち崩すことができるのでしょうか?

ちなみに今期の菅野の甲子園での成績は1勝0敗。防御率は1.25と素晴らしい成績を残しています。

ただし14日の直近の試合に限っていえば、自責点2で勝ち星つかず。

阪神はこの時の良いイメージを保ったまま試合に入らなければなりません。

特に一発を浴びるとやや乱れる傾向もありますので、糸井を中心としたhrバッターの奮起が望まれますね。

一方の巨人はチームが貧打である事実を理解しているはずです。

そのため、エース菅野には完封をという気持ちが強いでしょうか?

ただ、そうはいっても鍵を握るのはやはり打線陣。

阪神先発秋山は9月は乱調気味ですが、甲子園と巨人はお得意様です。(秋山の甲子園防御率は、1.65。対巨人防御率は1.35。)

実際前回登板でも6回を0封に抑えられているのも事実。

ですので1.2.3番らの選手(特に不調の坂本)らの活躍はもちろんのこと、最近好調の小林や石川ら下位打線がどれだけつなぐことができるかが、注目ですね。

 

 

ブックメーカーのオッズで優勝予想 鍵を握るのは秋山のピッチング

それでは野球ファン注目の伝統の一戦の行方を、ブックメーカーのオッズでも確認していきましょう。

ブックメーカーピナクルスポーツ 巨人勝利 1.617 阪神勝利 2.460


やはり菅野が先発ということもあり巨人に有利なオッズとなっています。

普通に考えれば巨人勝利予想が妥当でしょう。

しかし気になるのは阪神先発秋山の調子。9月は防御率4点台と散々な成績ですが、甲子園と巨人に強いことは先ほど紹介した通りです。

彼が普段通りのピッチングを見せることが出来れば、白熱した党首選になると考えてよいと思います。

 

 

総括

広島優勝で1段落ついたセリーグ。

しかしまだまだcs争いは苛烈しており、見逃せない試合が続いていきます。

中でも20日の伝統の一戦は大注目。

直近では勝ち星に恵まれない両者が、甲子園の舞台でぶつかり合います。

果たして勝利で復調のきっかけを掴むのはどちらになるのでしょうか?

この試合はブックメーカーのオッズが発表されていますので、是非勝敗予想をしながら楽しんでみて下さい。

 

アイキャッチ画像 出典http://hanshinn.blog.fc2.com

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る