大相撲9月場所 横綱稀勢の里は無念の休場

Pocket

大相撲9月場所がいよいよ開幕。

7月は不調稀勢の里が話題となりましたが、果たして今場所はどうなっていくのでしょうか?

日本力士の活躍で、日に日に注目度が増している大相撲の行方は、初日から見逃せません。

そんな9月場所の優勝予想を、ブックメーカーのオッズでも確認していきましょう。

 

 

波乱の幕開け 3横綱が出場辞退は昭和以降初の珍事

昨場所では白鵬が最多勝利を達成し、会場が多いに沸きました。

やはり記録がかかっていましたし、白熱した試合も多かったですしね。

相撲協会としては、今場所も勢いのある激闘を期待していることでしょう。

ただ、非常に残念なニュースが開幕前から立て続けに飛び込んできてしまいました。

横綱白鵬・稀勢の里・鶴竜がそろって休場。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp



7月場所から怪我が噂されていた稀勢の里に加え、最多勝利を達成したばかりの白鵬までもが怪我で不出場となると、興行的にも大ダメージです。

唯一出場予定の日馬富士も中々状態が上がらず、本調子で臨めるかどうかは不透明。

相撲界を引っ張る横綱勢が不調とあって、今場所はかなりあれるのではないでしょうか?

ただ、これは高安ら日本人力士にとってはチャンスともいえます。

初日からしっかり勝ち星を積み重ねることが出来れば、今場所も日本人優勝者が生まれるかもしれませんよ。

特に圧倒的な力を誇る白鵬がいない状況ですので、大関陣同士の直接対決が、勝敗に直結しそうなよかんですね。

 

 

期待は大関陣営 高安は優勝なるか?

期待の大関高安。

フィリピンと日本のハーフとしても知られる27歳の彼は、今期大ブレイクした力士の一人です。

出典 http://vivivigirl.com/takayasu/



 

1月場所で、白鵬・鶴竜の2横綱に加え大関らも次々と撃破する好調な出だしを切ると、5月場所では12勝3敗で殊勲賞を獲得。

その後の7月場所でも危なげなく勝ち越し、念願の大関昇進を決めました。

ただ、大関昇進後の9月場所はやや苦戦気味だったのも事実です。

特に終盤に連敗が重なり9勝止まりとあっては、とても満足できる成績とは言えないでしょう。

果たして今場所では鬱憤を晴らすような力強い相撲を取れるか?

3横綱が休場のこのチャンスをものにして、一気にスターへ駆け上って欲しいものですね。

また、彼だけでなく豪栄道や照ノ富士には大注目。

特にカド番で迎える照ノ富士がどんな相撲を見せるのか、初日から目が離せませんよ。

 

 

オッズで試合を予想しよう

それではブックメーカーのオッズで9月場所の優勝予想を確認していきましょう。

ブックメーカーマラソンベット


1番人気は横綱日馬富士。それを追いかけるのが大関高安・豪栄道・照ノ富士です。

やはり横綱を追いかける大関という構図になりましたね。

実際この4選手全員にチャンスがあるといっても過言ではないでしょう。

また、その他の幕内力士もダークホース的な活躍を見せるかもしれません。

絶対王者の不在時、どのようなスポーツでも荒れるのはお決まり。

前半戦の流れ次第では驚くような選手が優勝という可能性も十分にあるだけに、毎試合毎試合の取り組みは見逃せませんよ。

 

 

総括

大相撲9月場所が開幕。

3横綱不在の珍事の中、優勝は誰の手中となるでしょうか?

日本人力士優勝の可能性も高まっているだけに、ファンなら大注目必死です。

10日開幕の激闘を、ブックメーカーでも是非予想してみて下さい。

 

アイキャッチ画像 出典 http://sportours2008.blog120.fc2.com

 

 

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る