トラヴァーズS2017 気になる出走馬の詳細は?

Pocket

8月ももう終盤。日本の競馬は秋が近づくと盛り上がりを見せてきますが、それはアメリカも同様。

10月末のブリーダーズカップに向けて有力馬が徐々に戻ってきます。

3歳馬が古馬に挑戦する前のステップとしてあらゆるレースが開催されますが、まもなく、アメリカの3歳馬たちの重要なG1、トラヴァーズSが行われます。

出典 http://blog.livedoor.jp/neouniverse03



今年のトラヴァーズSは8月26日(土)の14時30分(日本時間:8月27日(日)6時30分)にアメリカのサラトガ競馬場のダートコース1マイル1/4(約2012m)で開催。3歳限定の一戦で、ブリーダーズカップに向けて重要なステップレースの一つとなっています。

アメリカのクラシックレースは5月序盤からわずか1ヵ月半ですべて終わり。

その後に3歳馬限定レースをするというのが日本ではなかなかないことですが、アメリカではトラヴァーズSと言えば、ケンタッキーダービーに次ぐくらいに権威のあるレース。ミッドサマーダービー(真夏のダービー)という異名から、数多くの一流馬が揃うことでも知られています。

そもそもトラヴァーズSの開催は1864年とケンタッキーダービーよりも前。賞金総額も夏の競走としては異例なほどに高額なことでも知られ、99年以降はベルモントSと同額となる100万ドルに。ケンタッキーダービーの次に意識する陣営が多いというのも納得します。

加えて、トラヴァーズSは春クラシックの活躍馬はもちろん、調子が出なかった馬のリベンジの舞台としても知られ、かなりの豪華メンバーが揃うことでも有名です。

歴代の勝ち馬を見ても、フォーティナイナー、イージーゴア、サンダーガルチ、コロラドズクエストなどの地日本で種牡馬入りする馬や活躍馬が多くラインナップ。

他にもレモンドロップキッド、ポイントギヴン、メダグリアドーロ、バードストーン、バーナーディニ、サマーバード、ストリートセンスら後に大レースを制した馬ばかり。

ミッドサマーダービーの異名に恥じない出世レースと言えるでしょう。ちなみに昨年はアロゲートがこのレースを制し、その後ブリーダーズカップクラシック、さらに今年のドバイワールドCを制して、北米最多賞金王に君臨しました。

アメリカ3歳世代の真のチャンピオンならびに後の出世頭がわかる一戦だけにどんな馬が集まるか気になりますよね? それではブックメーカー「bet365」で発表されているオッズとともに注目度の高い出走馬を詳しく見ていきましょう。


今年のトラヴァーズSにはケンタッキーダービー馬のオールウェイズドリーミング、プリークネスS勝ち馬のクラウドコンピューティング、さらにベルモントSを快勝したタップリットの3頭が一堂に会するという超豪華なメンバー構成。

しかし、bet365で1番人気に支持されているのはこの3頭ではなく、ウエストコーストと言う馬です。

デビューは今年の2月とやや遅め。しかし、ここまでただの一度も連対を外していないという堅実さが何よりもウリの馬。

さらに前走のロスアラミトスダービーで初の1800m戦という距離延長を苦にしないで圧勝した点が人気を集める理由になりました。

このウエストコーストに次ぐ人気を集めているのはグッドサマタリン。

もともとは芝馬で、2歳時にはブリーダーズカップジュベナイルターフに出走していたほど。ここでも3着に好走したことで芝に集中したため、春のクラシック戦線には出走しませんでした。

この馬がここまで人気になった理由は前走、ジムダンディSのレース振りでした。

このレースにはケンタッキーダービーを勝ったオールウェイズドリーミング、さらにプリークネスS勝ち馬のクラウドコンピューティングの2頭が揃い、どちらかが勝つと思われていましたが、この2頭をまとめて負かしたのがこの馬。この一勝で一気に注目を集めるようになりました。

出典 http://segundocorreos.at.webry.info



意地を見せたいクラシック勢ですが、人気最上位はタップリット。Bet365でも3番人気に推されています。

馬名の通り、プルピット産駒の素質馬としてデビューした後、タンパベイダービーを制して一躍クラシック候補生に。

しかし、ケンタッキーダービーでは6着に敗れたことでプリークネスSをパスしてベルモントS一本に。距離延長も幸いして見事に勝利したことで他のクラシックホースよりも優位に立っています。

10ハロン以上の距離になればこの馬が断然の有利。過去の実績を考えても最右翼と言えるでしょう。

ちなみにケンタッキーダービー馬のオールウェイズドリーミングが10倍前後、プリークネスSの勝ち馬クラウドコンピューティングは13倍とさほど支持されていません。

これだけでも今年のアメリカ競馬の3歳世代のレベルが疑問視されるのも仕方ありません。

それだけにウエストコースト、グッドサマタリンらの新興勢力が期待されているという狙いもあります。古馬相手となるブリーダーズカップクラシックに向けて、注目を集める一線です。

トラヴァーズSは8月26日(土)の14時30分(日本時間:8月27日(日)6時30分)に発走予定。夏の中距離王者が決まる一戦だけにぜひ馬券を買ってみたいですね!

   アイキャッチ画像 出典http://www.keibanomiryoku.com

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る