Jリーグ上位決戦 磐田がホームでセレッソと

Pocket

前節g大阪相手に快勝を収めたジュビロ磐田。

名波監督が指導し3年目を迎える今季は、ここまで6位と好調をキープしています。

首位鹿島との勝ち点差は8で、優勝も射程圏内。

中盤で少しでも勝ち点を積み重ねることが、強豪復活への道筋となるでしょう。

対するはj2から上がってきたばかりのセレッソ大阪。

前半戦は好調で、一時は首位に躍り出るなど台風の目としてリーグを盛り上げています。

上位決戦となった今節を制するのは、どちらのクラブになるのか?

ファン注目の一戦を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

両チームの近況

ジュビロ磐田は、前節g大阪相手に2-0で快勝を収めました。

中村のセットプレーが冴え、流れの外からの2得点。

最後まで試合をコントロールし、危なげなく勝ち点3を拾ってきた印象です。

これで8月は初勝利で、首位との勝ち点差も8にまで縮めました。

連勝となれば4位圏内フィニッシュも現実的なだけに、強豪相手との今節も負けられないでしょうか?

好調の選手陣をまとめ上げる、名波監督の手腕にも注目が集まっています。

対するは勝ち点44で2位につけるセレッソ。

出典 http://muddlenews.blog.fc2.com



鹿島との勝ち点差は2で、こちらもこれ以上離されるわけにはいきません。

特に前節は格下清水に痛い敗戦。

前半2点を先行した後の逆転劇は、少なからずダメージが残ったはずです。

連敗となれば緊急自体は間逃れないだけに、アウェーでも勝ち点1は手にしなければいけません。

得点力が高いジュビロが相手ですから、ディフェンスをしっかりと修正して、今節に臨みたいところですね。

 

 

アウェーに弱いセレッソ 優勝のためには悪い流れを断ち切りたい

過去何度も対戦経験のある両者の成績は、磐田が20勝14敗5分けでややリードしているようです。

ただ、過去5戦に限っていえば2勝1敗2分けで、セレッソが勝ち星先行。

総合的に見て、ほとんど互角と言えるでしょうか?(あくまでも対戦成績上は)

しかしこのデータ以上に注目したいのは、セレッソのアウェー成績です。

ホームでは未だ無敗なのに対し、アウェーではわずかに4勝止まりなのは気になるところ。(4勝4敗2分け)

この成績が鹿島に遅れを取っている原因といえるでしょうか?

アウェイ戦では2連敗中で、今節も厳しい戦いとなることは間違いありません。

幸い磐田は余りホームに強いチーム(5勝1分4敗)ではありませんが、やはりこの流れを断ち切らなければ優勝はありえないはず。

鹿島に食い下がるためにも、今節勝利は絶対条件といえそうです。

 

 

セットプレーが鍵 試合の展開を予想

新監督就任後は、ハードワークが売りのスタイルに変化を遂げたセレッソ。

山口・ソウサらを中心に、全選手が積極的にボールを奪いにいく姿は鬼気迫るものを感じます。

出典 http://world-samurai.com



奪った後は、fw杉本らを起点に多彩な攻撃を披露。

仮に剥がされたとしても、他選手が素早くフォローに回るため、それほど守備の乱れも少なくて済むのも利点です。

磐田戦でも、このスタイルを念頭にじっくりと追い詰めたいところ。

特に敵がボールを回す展開となれば、カウンターが機能しやすく、スムーズな試合展開が期待できそうです。

逆にいえば磐田は、今節は中盤での球離れをすばやくしなければいけません。

加えて受け手のオフザボールの動きなども重要になるでしょう。

中村にはマークが集中するでしょうが、その周りにポジショニングする受け手がマンマークされていては、出しどころが無くボールを持つ時間も増えてしまいます。

川又らfw陣が創意工夫しながら、出し手と受け手の関係性を高めることが、セレッソ攻略の近道となりそうです。

出典 http://speakosakaben.blog51.fc2.com



ただ、ここまでは流れの中での話。

このゲームで一番のターニングポイントとなるのは、両チームのセットプレーでしょうか?

磐田・セレッソ共に前節はセットプレーから2得点ずつ挙げていますし、ここは見逃せません。

特に磐田の中村のプレースキックは精度が高く、それだけで大きな武器になりえます。

セレッソとしては、なるべくバイタル付近でのファールや、不用意なck献上は避ける戦いが、得策となるかもしれませんね。

 

 

オッズで試合を予想しよう

それでは注目のゲーム。セレッソvs磐田の一戦を、ブックメーカーのオッズでも確認していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル


ブックメーカーbet365


若干ですがホーム磐田が不利との予想となっているようですね。

やはり今季の順位がそのまま影響しているといった感じでしょうか?

ただ、セレッソはアウェイゲームが苦手なうえ不調なのも事実。

すんなりとオッズ通りに事が運ぶことはなさそうです。

互角の試合展開が繰り広げられても、全く不思議ではありません。

勝率は磐田4割・セレッソ6割と予想します。

 

 

総括

中盤に入りますます盛り上がりが増すjリーグ。

連日白熱した試合が続き、ファンも大盛り上がりです。

果たして今季を制するのはどのクラブになるのか?

今節の上位決戦を含め、jリーグはまだまだ見逃せませんよ。

 アイキャッチ画像 出典 http://sakalog.net/shunsuke_nakamura_freek/

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る