女子ラグビーワールドカップ開幕 日本はベスト8なるか

Pocket

2019年に日本でワールドカップが開催されることが決まり、今話題沸騰中のラグビー。

五郎丸や松島などメディアで取り上げられる選手も増え知名度は鰻登りです。

そんな男子の人気に負けていられないのは女子ラグビー界。

今月開催されるワールドカップで好成績を残せば、女子サッカーの時にも起きたような一大ブームを巻き起こせるかもしれません。

果たして女子ラグビーは新たな歴史のページを作り上げることができるのか?

7日に初戦が行われる女子ラグビーワールドカップの行方をブックメーカーのオッズでも確認していきましょう。

 

 

日本は4大会振りの出場 アジア予選で涙のv

ラグビーといえば日本男子でしょうか?

強豪南アフリカを予選で撃破し、一躍有名になったのが記憶に新しいですね。

ただ、対照的に女子は苦境が続いてきました。

w杯にも長らく参加することができず、女子スポーツとして日の目を見ることも叶わず。

ブームを巻き起こしたなでしこjapan(女子サッカー)との知名度の差も明らかで、競技者として悔しい想いをしてきた選手も多かったはずです。

しかし今年はアジア選手権で見事にv。

4大会ぶりに本戦出場の切符を手にしました。

出典 http://rugsoku.blog.fc2.com



これには選手達も大喜び。

関係者も、これを機に人気獲得に繋がれば…と口を揃えます。

千載一遇のチャンスを手にした女子ラグビー日本代表は、果たしてどこまで勝ち進めるのか?

まずは目標としているベスト8に向けて、粘り強い試合を見せて欲しいですね。

 

 

初戦は強豪フランス

4大会ぶり2度目のw杯出場で沸く、女子ラグビー日本代表。

しかしそんな彼女達に、初戦から大きな壁が立ちはだかります。

女子ラグビーフランス代表。

昨大会でも3位と好成績を残した強豪が、初戦に待ち構えています。

正直力の差はかなりのもの。勝てる確率も非常に薄いのが現実でしょうか?

オッズの差も後述の通りで、劣勢は明らかです。

ただ、それでも監督・選手は諦めていません。

南アフリカから奇跡の勝利を挙げたラグビー男子を例に挙げ、ネバーギブアップの精神をかかげる一同は、最後まで粘り強く戦いを見せてくれるはず。

出典 http://misakirugby.sblo.jp



その他にもアイルランド・オーストラリアら強敵揃いのグループリーグですが、少しでも大くの白星獲得を目指して、女子ラグビーを全力で応援しましょう。

 

 

 

オッズで試合を予想しよう

それではブックメーカーのオッズで、女子ラグビーワールドカップの優勝予想を確認していきましょう。


優勝候補筆頭はイングランド。

前回大会覇者は、今年も一番人気のようです。

それに続くのはニュージーランド。

1998年から2010年まで連続優勝で王者を維持するなど、疑いようのない実力を兼ね備えていますが、前回大会は屈辱の5位。

それだけに今大会にかける意気込みは並大抵のものじゃないでしょう。

そして注目の日本は9〜11番手予想。

かなり厳しい裁定を下されていますが、逆境をバネに戦い抜く力は持っています。

まずは、優勝予想でも好位置につけるフランス相手にジャイアントキリングで、女子ラグビーの歴史を変えたいところです。

 

 

総括

女子ラグビーワールドカップが8/9日から開幕。

日本は初戦から強豪フランスとの対戦となってしまいましたが、果たして大金星で名声を上げることができるでしょうか?

好成績を残して日本男子の人気に続くことができれば、ラグビー界もより一層盛り上がりを見せるはずです。

スポーツ好きなら、女子ラグビーワールドカップは見逃せませんよ。

出典 http://rokujiro.blog.fc2.com

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る