埼玉ダービー第2幕 危機的状況の浦和は再起を誓う

Pocket

昨節まさかの格下札幌に敗北で、公式戦3連敗となった浦和レッズ。

付けで監督解任も発表となり、事態は深刻を極めるばかりです。

序盤は好調でしたが、准尉も今や10位にまで転落。

優勝は既に厳しいかもしれませんが、来季acl出場をかけてまだまだ負けられない戦いが続きます。

対するは浦和と双極をなすライバルクラブ、大宮アルディージャ。

新監督就任後、一時建は建て直しに成功しましたが、7月は未勝利で終えました。

順位も16位と降格圏を抜け出すことができず、こちらも崖っ淵に追い詰められているといっても良い状況です。

jリーグ第20節。危機的状況を脱したい両者が、再起をかけてぶつかり合う埼玉ダービー。

ファン注目の一戦をブックメーカーのオッズでも確認していきましょう。

 

 

両チームの近況 浦和・大宮共に緊急事態

浦和は昨節15位と低迷していた札幌に0-2で敗戦。

このまさかの出来事に遂に首脳陣も手を打って出ました。

ミハイロビッチ監督解任。

出典 http://muddlenews.blog.fc2.com



数年の長きに渡りチームを支え基盤を築いてきた名将ですが、最期は悲しい形でチームを去ることとなってしまいました。

やはりシーズン序盤から推し進めてきたスタイルは攻撃に偏り過ぎていたのは事実。

暫定で堀コーチが新監督に就任しましたが、この辺り・特に守備面はしっかりと改善したいところです。

鹿島は賛否両論あった石井監督解任から見事持ち直しました。

浦和もしっかりとチーム内統率を図って鹿島に続かなければいけないでしょう。

対するは以前降格圏の大宮。

7月は未勝利で終え、再び厳しい状況に追い込まれることとなってしまいます。

昨節はポドルスキ要する神戸相手に善戦したものの、最終的にはタレントの差を見せつけられ力負け。

失意の中待ち構えるは、埼玉ダービーですが、果たして勢いを取り戻すことはできるでしょうか?

では1-0で勝利しているだけに、今回も勝ち点1以上は手にしたいところです。

 

 

監督変更で光明を見いだせるか?

堀監督変更後も練習などでは変更は見られないと語った槙野。

強いてあげるならば、日本人監督就任により意思疎通という面ではスムーズになったそうです。

とはいっても現在のチームを建て直すには戦術変更は避けては通れない道でしょうか?

攻守のバランスをしっかりと整え、リスクなく勝てるチームに育成しなければいけません。

最近は選手のプレスが甘くなり、失点につながる場面も見られました。

バイタル付近でのハイプレスを徹底し、自慢の素早い攻撃につなげることが重要。

攻守一体。現在穴となっている3バックの脆さや、ボランチのカバーの遅さ。

その当たりを改善していけばまた上位浮上のきっかけとなるはずです。

 

 

試合展開

今節は浦和ホームでの一戦。

そのため選手達は攻勢を仕掛けることが予想されます。

出典 http://niwaniwafootball.blog.fc2.com



ただ、前半戦ではカウンターで手痛い一発を食らっていますので、敵fw は常にマンツーマンマークを徹底しなければいけません。

また、中盤の などの積極的なプレスも忘れてはいけないでしょう。

バイタルへの寄せを甘くすると、前線に良いラストパスを供給させることにつながってしまいます。

このラインをキッチリとつぶし、大宮に考える時間を与えなければ、とりあえずは無失点で試合を終えることは可能になるでしょうか?

新監督就任の影響で多少の乱れはあるかもしれませんが、カウンター対策を徹底すれば勝ち点3を奪取できるはずです。

対する大宮は、ハイボールなどで応戦しつつ、積極的にシュートを狙う姿勢を見せなければいけません。

強引過ぎてもいけませんが、完全に自陣に引きこもるのも逆効果。

焦りを生むような攻撃を全般1回でも繰り出せれば、浦和守備の乱れにつけこめます。

また、クロス攻撃で生まれた2ndボールは必ず浦和より先に拾う事。

このボールを拾うことが出来れば、カウンターで数的優位を作りやすくなります。

両チーム共に負けられない一戦ですが、共通していることは、もっと球際で激しさを見せなければいけないということ。

セレッソや鹿島はこれを徹底しているので、安定した守備力を維持しています。

特に浦和は堀監督就任初試合で変化を見せられるか?

ハードワークがチームに根づけば、上位きっかけの足掛かりとなることでしょう。

 

 

ブックメーカーのオッズで試合を予想しよう

それでは注目の埼玉ダービーの行方を、ブックメーカーのオッズでも確認していきましょう。

ブックメーカーbet365 浦和勝利 1.30 引分け 9.00 大宮勝利 7.50


やはり有利は浦和レッズ。

確かに不調ではありますが、大宮の方も7月未勝利。

常識的に考えれば浦和勝利は固いでしょうか?

ただ前半戦でも圧倒的劣勢を跳ね返した大宮ですので、徹底した守備で前半を無失点で守り切れば、金星の個脳性もあり得るでしょう。

 

 

総括

埼玉ダービー第2幕。

前半戦では大方の予想を覆し大宮が1-0で勝利を収めましたが、果たして今回はどうなるでしょうか?

選手にして特別といわしめるダービー戦を制することが出来れば、両チーム共に復調のきっかけとなるはずです。

注目の試合は8/5日キックオフ。

土曜日はjリーグから目が離せません。

出典http://www.stmargaretsburyfc.com

 

 

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る