コンフェデ開幕 ポルトガルやドイツに注目!!

Pocket

サッカーロシアW杯に先駆けて行われる大陸間のチャンピオンチーム同士で争われるコンフェデレーションズカップが、6月17日より開催となります。

開催地はW杯と同じくロシアとなり、出場国には地元のロシアと前回W杯優勝国のドイツ、EURO2016優勝国のポルトガル、OFCネーションズカップ2016優勝国のニュージーランド、CONCACAFカップ2015優勝国のメキシコ、アフリカネーションズカップ2017優勝国のカメルーン、コパ・アメリカ2015優勝国のチリ、アジアカップ2015優勝国のオーストラリア、の計8か国となります。

8か国を比較すると戦力的に見てもドイツとポルトガルが頭一つ抜け出しているような印象を受け、それに続くのがチリ、メキシコと思われます。

ただいま各国ロシアW杯の予選を戦っている真っ最中で、チリ、オーストラリア、カメルーンは予選敗退の危機であり、コンフェデレーションカップに出ている場合ではない様に思えますが、滅多に顔を合わせることが出来ない強豪国との試合を経てW杯予選に弾みを付けたいところでしょう。

その反面、ドイツ、ポルトガルは、予選を順調に戦っており、コンフェデレーションズカップはW杯に向けての調整の場ぐらいにしか見てない側面も伺えますが、各国の思惑が見え隠れする中で、どういった戦いが繰り広げられるのか興味が尽きません。

 出典 http://oshigotomoney.blog.fc2.com



では、コンフェデレーションズカップの優勝国予想オッズをブックメーカーにて見ていきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル

ポルトガル 3.25倍、ドイツ 3.50倍、チリ 3.75倍、


ブックメーカーbet365


ドイツ 3倍、チリ 3.25倍、ポルトガル 3.5倍、

両ブックメーカー共にドイツ、チリ、ポルトガルの3か国が人気を分け合っている状態です。

続いてロシア、メキシコ、カメルーンが人気を得ていますが、上位3か国とは力差がある様に思えます。

W杯予選を順調に勝ち点を積み重ねているドイツ、ポルトガルが本命で、波乱が有るとすればコンディション調整で有利なのとホームの大声援を受けられる地元ロシアの台頭かなと予想しますが果たして結果はどうなるでしょうか?

残念ながら日本は出場していませんが、ロシアW杯を占う意味でも重要な大会に位置するコンフェデレーションズカップから目が離せませんね。


アイキャッチ画像 出典 http://blog.livedoor.jp/regbonus1


ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る