安田記念2017 気になる出走馬の詳細は?

Pocket

レイデオロが制したことで終わった今年の日本ダービー。春のクラシック戦線が終了したことで一山ついた感のある日本競馬ですが、まだまだ終わったわけではありません。

クラシックが終了した次に主役になるのはスピード自慢の古馬たち。春のマイル王決定戦と言われる安田記念が間もなく始まります。

今年の安田記念は6月4日(日)の15時40分に東京競馬場の芝コース1600mで開催されます。

安田記念の名前の由来となっているのは明治から昭和にかけて競馬に携わり、競馬法の制定やダービーの創設に尽力した安田伊左衛門に由来しています。

安田伊左衛門の功績は大きく、東京競馬場内にも彼の偉業をたたえる像が立っています。

安田記念が制定されたのは1951年。当時は安田賞という名称で、レースもハンデ戦。

距離は現在と同じ1600mでしたが、当時の競馬は長距離優位のもの。

そのため、短距離レースはあまり価値がないとされ、安田記念でさえも当初はハンデ戦とかなり格下のレースという扱いだったことは容易に想像がつきます。

現在の安田記念という名称に替わったのは58年。この年に安田伊左衛門が逝去したため、彼を悼んでこのレース名に替わりました。

しかし、ハンデ戦という条件は変わらないままで、いかにマイル戦が軽んじられていたかがわかります。

安田記念がようやく現在の地位を得たのは84年。グレード制が導入されてからでした。

この年からG1レースになった安田記念は定量戦となり、ようやく春のマイル王決定戦として認識されるようになりました。それ以来、安田記念にはスピードあふれる名馬たちが続出します。

歴代の安田記念を振り返ると、とにかく名マイラーの宝庫。

85年のニホンピロウイナーはもちろん、歴史的アイドルホースとして日本中を熱狂させたオグリキャップも90年にこのレースを制しています。

98年の勝ち馬タイキシャトルはこのレースを制した後にフランスのジャックルマロワ賞を制して、世界のその強さをアピールしましたし、00年には香港から遠征してきたフェアリーキングプローンに日本馬が軒並み敗れるという大番狂わせもありました。

近年で言えば、歴史に残る女帝ウオッカの2連覇、世界を股にかけて活躍したロードカナロア、ジャスタウェイ、モーリスらの名馬の勝利も記憶に新しいところ。

安田記念の勝ち馬はその後も活躍するケースが多いだけに注目が集まります。

春のマイル王として君臨するスピード自慢が集まるレースだけにどんな馬が出てくるか気になりますよね?

それではブックメーカー「bet365」で発表されているオッズとともに注目度の高い出走馬を詳しく見ていきましょう。


今年の安田記念で人気の中心となりそうなのが、3年前に皐月賞を制したイスラボニータ。

2歳の6月開催でデビュー勝ちを収めるという仕上がりの早さがウリの馬で、皐月賞を制すると、ダービー2着、天皇賞(秋)3着と東京競馬場で無類の強さを発揮。

出典 http://special.ciao.jp



古馬になり停滞した時期もありましたが、前走のマイラーズCで久々の勝利を飾り完全復活。昨年5着に終わった舞台で無念を晴らす準備は整いました。

デビュー以来、蛯名正義とC・ルメールの2人しか乗っていない馬ですが、今回の鞍上はルメール。

今春の東京開催は絶好調で、3週前のヴィクトリアマイルからオークス、ダービーとなんとG1レースを3連勝。

このレースも制すれば史上初のG1レース4連勝という大記録も迫ってきます。先行差しのレースで偉業を達成するかにも注目が集まります。

続いて人気に推されているのがエアスピネル。

イスラボニータ同様に2歳時からデイリー杯2歳Sを制するなど、完成度の高さをウリにしていた1頭。マイラー気質が強すぎたあまり、牡馬クラシック戦線では勝ち切るまでは行きませんでしたが、矛先をマイル戦線に向けた京都金杯以降は安定した成績をマーク。マイラーズCでもイスラボニータにあと一歩届かずに敗れた形でしたが、タイム差は0.1秒差とごくわずか。

直線の長い東京コースはこの馬にピッタリで、逆転を狙います。

この2頭からやや離れたオッズに押されているのが惑星、グレーターロンドン。

出典 http://iroirokeiba.blog.fc2.com



「ダークホース」という言葉がピッタリとハマるこの馬。何しろデビューしたのは3歳の2月という遅さ。

それ以来、体質の弱さが原因でまともにレースに使えず、5歳にしてわずか7戦のキャリアという少なさ。

しかし、レースにさえ出られれば強い馬で、敗れたのはデビュー2戦目の山吹賞のみ。それもタイム差なしの2着という接戦だけに、ポテンシャルが相当高いことがうかがえます。

ただし、今回も体質の弱さが付きまとい、3月の東風Sを使って以来、3ヵ月ぶりのレース。

安田記念への出走も慎重で、木曜日の最終追切後まで明言しないというほどの慎重さでした。明らかに格上の馬と当たる今回、どんなレースをするかにも注目が集まります。

このほか、大阪杯から距離短縮でここに臨むステファノス、アンビシャスまでが単勝オッズで10倍を切る人気を集めています。

安田記念は6月4日(日)の15時40分に発走予定。春のマイル王者が誕生する一戦だけにぜひ馬券を買ってみたいですね!

アイキャッチ画像 出典 http://trendnews133.blog.so-net.ne.jp/2014-06-15-3

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る