敵地で最後の締めくくり シティは引き分け以上で4位確定!

Pocket

プレミアリーグ16-17シーズンもいよいよ最終節。

コンテ率いるチェルシーが就任1年目で見事にリーグ制覇を果たし、一応は一区切りがついたでしょうか?

しかしまだ戦いは終わっていません。

3クラブ間で熾烈を極めるトップ4争いが続いています。

シティ・リヴァプール・アーセナル。

プレミアを代表する強豪同士が、今節の勝敗で命運をわかつことになるんです。

今回取り上げるのは、その中でも注目のゲームの一つ。

ワトフォードVSシティ。

シティは大敗さえなければほとんど4位圏内は確定という優位な状況に立ってはいますが、最終節は何が起きても不思議ではありません。

サッカーファンなら見逃せない一戦を、オッズを交えながら予想していきます。

 

 

両チーム近況

シティは前節ウェストブロム相手に快勝。

試合内容も素晴らしく、ここ数試合で一番のパフォーマンスを選手は見せてくれました。

特に光ったのが、ベルギー出身デブライネ。

出典 http://world-football-young-stars-talents.doorblog.jp



シルバ依存が囁かれていたシティに彼が加わることにより、得点パターンも増加してきました。

1点目の敵を抉ってのラストパスなどは圧巻。

来期にも向けても希望の見える試合となったことでしょう。

対するワトフォードは前節チェルシー相手に4-3と善戦。

ターンオーバーを実施していた相手ではありましたが、これは立派な数字といえます。

現在勝ち点40で上位とは差がありますが、前線選手の迫力溢れるプレーは健在。

シティ相手にもどんどん身体をぶつけていけば、勝機は見えます。

 

 

シティの突破条件 2クラブとの比較で確認

熾烈な争いを続けている3クラブ。

現在シティが勝ち点75で一歩リードし、それを73pt.72ptでそれぞれリヴァプールとアーセナルが追いかけます。

シティとしては今節必要なのは引き分け以上。とりあえずこれで、勝ち点72のアーセナルに追い抜かれる心配はなくなります。

ただ、欲を言えば3位に入ってCLプレーオフは避けたいところ。

仮にシティ引き分けで、リヴァプールは勝利し勝ち点が並んだ場合、プレミアの規定では得失点差が順位に影響を与えることになります。

シティは得失点36。リヴァプールは得失点33。

仮にリヴァプールが4点差以上で試合を終えれば、その時点で順位が逆転してしまいます。

ただ、見方を変えればこの得失点差はシティにも良い影響を与えてはいます。

今節敗戦したとして、アーセナルは得失点が31.順位が並んでもまだ5ptの差があります。

大差で敗退しない限りは、突破は濃厚でしょうか?(アーセナルの最終節の相手は強豪エヴァートン)

状況的にみて優位なのはペップ率いるシティですが、3クラブの中では唯一のアウェイゲームでもあります。

敵地でしっかり勝ち点3以上をもぎ取るのが、強豪の至上命題です。

 

 

試合展開

前節ウエストブロムウィッチに快勝を収めたシティ。

特に中盤のコンビネーションからの崩しは見事で、相手守備陣を翻弄し続けていました。

ただ、今節の敵は肉弾戦を積極的に仕掛けてくるワトフォード。

FWオカカらを中心とした屈強な選手陣は、積極的に体をぶつけにくるでしょう。

元々空中戦やサイド攻撃に難のあるシティですが、ここを突かれればいくら下位相手といえど厳しい戦いが待っています。

パレスのザハや、ミドルズブラのネグレドにも随分と苦戦したことが思い出されます。

コンパニの復帰などによって守備面でも安定感を見せてはきましたが、やはりまだまだ不安が残るのも事実。

今節はまず、中盤とサイドの守備陣形をしっかりと整えることが勝利への近道となるでしょう。

攻撃面ではデブライネ・シルバらの崩しから、最後のターゲットGジェズスにしっかりとボールを預けたいところ。

出典 http://lifewithyoga.blog45.fc2.com



加えて、サネ・スターリングらを中心として素早いサイド攻撃で敵DFを振り続ければ得点は容易いはずです。

中盤以降は大事な場面でドローゲームが続いたシティですが、最近は復調。

波の乗れば大量得点での勝利も十分可能でしょう。

ただ、攻め込みながら前半を0で終えるようなことがあれば、途端に重い雰囲気が流れ出すのも事実。

最終節ならではの独特な緊張感もあることですし、意外に拮抗したゲーム展開となる可能性もありますね。

 

 

オッズで試合を予想しようそれではプレミアリーグ最終節。

注目のゲームをブックメーカーのオッズでも予想していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル  ワトフォード勝利10.00 引分け 5.50 シティ勝利1.28


ブックメーカーbet365 ワトフォード勝利12.00 引分け6.00 シティ勝利1.28


ワトフォードホームで行われる今節ですが、やはりシティが有利との予想ですね。

オッズ差は10倍程あり、やはり力の差は明白といったところでしょうか?

ただ最終節には魔物が潜んでいるもの。何が起きても不思議ではありません。

過去5戦で未勝利と相性も最悪のワトフォードですが、敵の緊張感に付け込めば勝利も可能なはずです。

是非白熱した試合を見せて欲しいものです。

 

 

総括

プレミアリーグ最終節。

シティ・リヴァプール・アーセナルのCL出場権争いも、ついに今節で終わりを迎えます。

果たして試合後歓喜の渦に飲まれているのは、どのクラブになるのか?

正真正銘、この試合の結果で全てが決まります。

注目の試合は日本時間11時キックオフ。

プレミアリーグも最後まで見逃せません。

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る