最後の正念場を迎えたレアル 優勝を占う重要な一戦へ

Pocket

先日アトレティコにアウェーで敗戦しながらも、2戦合計でCL決勝進出を果たしたレアル。

ここ4年で3度も決勝進出を果たしているスペインの強豪ですが、初の連覇に向けては宿敵ユベントスが立ちはだかります。

また、リーグではバルセロナにクラシコで敗戦したものの依然として1位をキープ。

悲願の優勝まで後3勝というところにまでこぎつけました。

しかし、今節は最後の正念場になるであろうセヴィージャ戦。

現在4位のスペインの古豪は終盤戦を迎えて調子を落としていますが、それでも油断できる相手ではありません。

リーガエスパニョーラ第37節

レアルマドリードがホームでゼヴィージャを迎え入れる一戦。

サッカーファンなら見逃せない重要な一戦を、オッズを交えながら予想していきます。

 

 

両チーム近況

レアルはCL2nd。

3点差のリードを保ってアトレティコホームに乗り込んだ一戦ですが、思わぬ苦戦を強いられます。

まずは前半12分にCKから先制点を奪われ、続く16分にもPKで失点。

前半の早い時間帯に2点を返され、逆転まであと一歩のところまで詰め寄られてしまいました。

3点差のリードが1転。段々と王者にも不穏な空気が流れ始めたその時。

レアルに試合の流れを引き戻したのはベンゼマのスーパープレーです。

出典 サッカー名言集http://blog.livedoor.jp/jeep_55



ライン際でアトレティコDF3人を華麗に交わし、クロースまでラストパス。

GKがはじいたこぼれ球をイスコが押し込み大きなアウェーゴールをものにします。

結局この得点が決定打となり、レアルは決勝進出を果たすことに。

試合内容は決して満足のいくものではありませんでしたが、決勝進出という結果は誇るべきでしょう。

守備面などこれから改善するべき箇所も多々見受けられましたが、チームの雰囲気事態は良好。

今節をものにすれば、いよいよ2冠も射程圏内です。

対するセヴィージャは前節も引き分け。

終盤に入ってから勝ちきれないゲームが続き、順位も4位にまで下がってしまいました。

一時期はレアルに勝利するなど好調を維持していたセヴィージャですが、やはり決定力がシーズンを通して物足りません。

歯車が狂い始めているチームを、サンパオリ監督は建て直すことができるのか?

ここで勝利ならば、CL無条件進出の3位に浮上の可能性もある重要な一戦。

レアルだけでなく、こちらも負けられない試合となりそうです。

 

 

試合展開

ジダン監督就任後、そのスタイルにも変化が見え始めたレアル。

出典 livedoor.blogmig.jp



モウリーニョ・アンチェロッテ時代の名残であるカウンターを踏襲しつつも、格下相手との戦いではポゼッションサッカーで対抗するなど、臨機応変に戦術を使い分けています。

アトレティコ戦1stでも、4-3-3-や4-2-3-1など時間帯に応じてフォーメーション変更を実施。

的をしぼらせない多彩なスタイルがここまでの今季の躍進につながっているでしょうか?

今節相手のセヴィージャはポゼッションを主体とするクラブ。

それだけに最初の時間帯は4-3-3でカウンターを狙うプランを実施するのが得策と言えるでしょう。

しかし本拠地での一戦ですので敵はひるんで守備から試合に入るかもしれません。

そうなれば、逆にポゼッションを高めて押し込む展開にシフトチェンジするべきです。

どちらの戦術でも鍵になるのは中盤の3選手ですが、今節はやはりカゼミーロの働きが最重要のはず。

彼がナスリら敵中心選手からボールを奪うことが出来れば、そこから素早い攻撃につなげることが可能です。

出典http://calciomatome.up.seesaa.net



前線2選手の動き出しが少なく裏のスペースが生まれにくいレアルですから、陣形が整う前の速攻は試合を通して続けたいところ。

これにサイドからのクロス攻撃を織り交ぜることでDF陣を左右に振り続ければ、スライド・プレスのどちらかが遅れ始めるでしょう。

その隙をついて強力前線にボールを良い形で渡すことができれば、勝利は容易いはずです。

対するセヴィージャは敵地で難しい試合が予想されます。

ポゼッションで試合を支配したいのが本音でしょうが、上手くいくかどうかは不透明。

守備の意識を高めなければ、レアルに対抗することは難しいのが現実でしょう。

前後半と長い時間帯を0で耐え忍ぐためにはサイドの守備が肝心。

常に敵と同じかそれ以上の人数をかけるために、アンカーのカバーリングは怠れません。

鋭いカウンターにつなげるめにも、まずはきっちりと敵の攻撃を跳ね返していくことです。

 

 

オッズで試合を予想しよう

それでは優勝を占う重要な一戦。

レアルVSセヴィージャの試合予想をオッズでも確認していきます。

ブックメーカーウィリアムヒル レアル勝利 1.20 引分け 7.00 セヴィージャ勝利 11.00


ブックメーカーbet365 レアル勝利 1.18 引分け 8.00 セヴィージャ勝利 13.00


今節は優勝を占う一戦。それも1位と4位の直接対決です。

しかしオッズの差は異常。実に10倍の差が出ていることが分かります。

これにはやはりセヴィージャの不調が影響しているのでしょうか?

ただ、過去2戦の直接対決で見ますとレアルは一勝も上げることはできていません。(1敗1分け)

オッズの差ほど試合に差が出るかどうかは不透明です。

それでもレアル有利は間違いありませんが、リーグ終盤戦は何が起きても不思議ではありません。

白熱した試合展開になることは間違いなさそうです。

 

 

総括

リーガエスパニョーラ第37節

レアルがホームでセヴィージャを迎える重要な一戦。

果たしてレアルはこの一戦をものにして優勝を決定づけることができるでしょうか?

一方のセヴィージャも3位圏内フィニッシュを目指して全力で試合に臨むはずです。

大注目のゲームは5/14日(日本時間5/15)日キックオフ。

まだまだ海外サッカーに目が離せません。

アイキャッチ画像 出典 http://www.calciomatome.net/archives/20130410-1.html

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る