NHKマイルカップ2017 気になる出走馬の詳細は?

Pocket

クラシックレースが開幕した日本の競馬界。

その中には3歳GⅠも多く開催されていて、中でもNHKマイルカップというマイル王決定戦として今年で22回目の歴史を誇ります。

そんなNHKマイルカップ、今年は5月7日(日)の15時40分に東京競馬場の芝1600mコースで開催されます。

96年に新設されたNHKマイルCですが、もともとはNHK杯というダービートライアルでした。

このレース自体は1953年から開催され、95年までに43回も開催された歴史のあるレースでした。

ダービーのトライアルレースとして、歴代の勝ち馬を見るとハイセイコーやカブラヤオーなどのクラシックホースが貫録を見せたり、モンテプリンスやインターグシケンなどののちの菊花賞馬などの活躍馬が出走していました。

それがレースが変わったのは96年。

当時は外国産馬がクラシックに出走できなかったため、春に目指す大レースがないことからこのレースがマイル戦としてリニューアルされました。

そのため、当時のレースは外国産馬の出走が多く、第1回目の勝ち馬タイキフォーチュンから、第6回目の勝ち馬クロフネまで外国産馬が6連勝。

そのため、この頃のNHKマイルCは別名「外国産馬のダービー」と呼ばれていました。

しかし、01年から外国産馬にもクラシックレースへの門戸が開かれ、さらに外国産馬の数自体が減ったことでこのレースの存在意義も少しずつシフト。

真のマイラー決定戦として認知されたり、ダービーへのステップレースとしても知られるようになりました。実際、04年の勝ち馬キングカメハメハ、08年の覇者、ディープスカイはこのレースを制した後にダービーも勝ち変則二冠を達成しています。

そんな変遷を遂げたNHKマイルカップ。今年で22回目となりました。過去に大本命場が勝つ中で、大万馬券も出るレースだけに穴党の競馬ファンには必至のレースと言えます。

それではブックメーカー「bet365」で発表されているオッズとともに注目度の高い出走馬を詳しく見ていきましょう。


今年のNHKマイルカップは戦前から混戦模様と目されていて、その中で人気を集めているのがカラクレナイ。

父ローエングリンと血統こそ地味ではありますが、末脚の切れ味はまさに格別。2走前のフィリーズレビューではM・デムーロを背に大外一気の末脚を見せて快勝。

一躍桜花賞戦線の新星となりました。

本番の桜花賞はあと一歩というレース内容で4着に敗れましたが、道悪馬場の中懸命に伸びてきたことでこの馬の評価は急上昇。

今回はフィリーズレビュー制覇時のパートナーであるM・デムーロが鞍上に戻ることで人気を集めています。

出典 http://namakemonoyoshi.com/archives/1272



そんなカラクレナイに次ぐ人気を集めたのが朝日杯フューチュリティステークス2着の実績が光るモンドキャンノ。

朝日杯の前に出走した京王杯2歳Sで快勝しているように東京コースは得意舞台。

前走のスプリングSはいかにも距離が長い印象で敗れたのは必然と言えば必然。距離短縮で巻き返しを図ります。鞍上も京王杯2歳Sを制した時のパートナー、C・ルメールに戻るのも心強いポイントです。

さらに注目したいのが、皐月賞12着からここに臨むアウトライアーズ。

皐月賞では大敗しましたが、スプリングSでは2着好走。さらに500万条件の百日草特別ではのちの重賞勝ち馬たちと善戦したことでこの馬の実力の高さを裏付けます。

決して2000mが長いようには思えませんでしたが、皐月賞のレースぶりを見ると現状ではマイルがちょうどいい様子です。

その次に人気を集めたのはカラクレナイ同様に桜花賞からここに臨む牝馬のアエロリット。

出典 http://hero830.blog.fc2.com



関東馬ということで軽視されがちですが、この馬の魅力は何といっても安定感。

桜花賞前まで5戦1勝、2着4回という連対パーフェクトの成績をキープしていました。

本番桜花賞は5着には敗れましたが、その差はごくわずか。今回の東京コースは得意舞台になるだけに激走が期待できます。

さらにアーリントンCで皐月賞2着馬ペルシアンナイトと僅差の争いを繰り広げたレッドアンシェル、名馬フランケルの娘であるミスエルテ、そして前哨戦のニュージーランドTを制したジョーストリクトリなど有力馬が多数エントリーしています。

正直どれが勝ってもおかしくないレースだけに期待が持てそうです。

混錬模様とされているレースですが、穴馬券を取るときに欠かせないポイントがいくつかあります。

一つは前残りの馬場になりやすいこと。この時期の東京競馬場は天気がいいことも多く、速いタイムが出やすい傾向があります。

さらに芝の状態がいいために先行馬が残りやすく、特に内枠ならその可能性がさらにアップします。

過去のレースで激走を見せた穴馬たちの多くはそうした条件に合致した馬たち。

さらに過去に東京競馬場や左回りの競馬場で走った経験のある馬なら、確率はさらに高まります。穴馬をピックアップするときの参考にしてみるといいかもしれません。

NHKマイルカップは5月7日(日)の15時40分に発走予定。3歳マイル王の決定戦で、混戦模様だけにぜひ馬券を買って大儲けしてみたいですね!


アイキャッチ画像 出典 http://www.yakudachishiki.com


ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る