首位に迫るトッテナム 逆転優勝に望みをつなぐ勝ち点3を!

Pocket

前節アーセナルとのノースロンドンダービーを見事制したトッテナム。

首位チェルシーとの勝ち点差を4で保ったまま、36節を迎えることになりました。

次節には優勝争いに向けて最後の正念場になるであろう、ユナイテッド戦が控えている状況。

ここで勝ち点3を加えることは絶対条件です。

対するは15位ウエストハムユナイテッド。

勝ち点39で降格の心配はほとんどないでしょうが、来期への調整の意味合いも込めて目に見える結果を残しておきたいところです。

プレミアリーグ第36節。ウエストハムがホームでトッテナムを迎え入れる一戦。

見逃せない重要なゲームを、オッズでも予想していきましょう。

 

 

両チームの近況

トッテナムは、ホワイトハートレーンでの最後の試合。

ノースロンドンダービーを2-0で制しチェルシーとのpt差を4点に保つことに成功しました。

リーグでは9連勝を達成しホームではなんと13連勝。終盤にきても好調を維持し続けています。

前節のダービーマッチでも点差以上に圧倒した試合を演じ、勢いだけならばチェルシーに勝るでしょうか?

出典 NAVERまとめhttps://matome.naver.jp/odai



下位相手との今節もしっかりと制して、首位に肉薄したいところです。

対するは、このところ10戦でわずか1勝と不調に陥っているウエストハム。

降格の心配はほとんどありませんのでひとまずは安心ですが、上位相手にも粘りのある試合を見せることが来期にもつながるはずです。

前節はスコアレスで試合を終えましたが、果たして今節は念願の勝ち点3を奪取できるか?

白熱したゲームを期待しましょう。

 

 

トッテナムの逆転優勝は? 次節はユナイテッド戦が控えている

次節天王山ユナイテッド戦を控えているトッテナム。

そのため今節は負けられない一戦といえるでしょう。

首位チェルシーは前節エヴァートンとの上位決戦を制し残すところは下位相手の3連戦のみ。

敗戦は考えにくいので、トッテナムとしては残り試合を全勝で終えることが絶対条件です。

特に次節ユナイテッド戦は厳しいゲームになることが予想されますので、ここで勝ち点3を逃すことになれば優勝はほぼ絶望的となってしまいます。

気を緩めずに全力を出し切って戦い抜くことが、逆転優勝への道につながっていくことでしょう。

 

 

試合展開

前節アーセナル戦では、攻守ともに迫力あるプレーを演じて見せたトッテナム。

バイタル内でしっかりとブロックを作り敵の攻撃を封じ込め、ボールを奪ってからは迫力ある素早い攻撃で簡単に相手ゴールラインまで迫ることが出来ていました。

トッテナムの強みは、攻守の切り替え。

深追いしすぎないハイプレスと縦への展開力。それに陣形を整える素早いリトリートが組み合わさることにより、守備と攻撃が試合中でバランスよく両立します。

また、DF・MF・FW共にフィジカルの強い選手がそろっており、高さを生かした空中戦にも定評があります。

正にプレミアを体現しているといってもよい肉弾戦中心のサッカーですが、唯一弱点があるとすれば引いて守る相手を崩しきれない攻撃力。

他のビッククラブと比べると、ショートパスからの連携などは苦手としている印象です。

特にハリーケインやデル・アリらがマンツーマンでマークされると攻撃面の魅力は半減。

ソンフンミンらウイングも縦にスペースがなければその強みを存分に生かしきれません。

出典http://spurs262.blog65.fc2.com



ウエストハムとしてはその隙をついてまずはしっかりと守備でバイタルを固めること。

しびれを切らして前がかりになった相手から良い形でボールを奪うことが出来れば、得点につながるはずです。

そしてこの試合最も大事になりそうなのは2ndボールの奪い合い。

空中戦で競り合った際に生まれるこぼれ球を、素早く拾うことが出来たクラブが試合の主導権を握ることになるでしょう。

優勢なのはトッテナムと見て間違いありませんが、ウエストハムにも球際で迫力溢れるプレーを期待したいものです。

 

 

オッズで試合を予想しよう

それでは大注目の一戦。

ウエストハムVSトッテナムの試合予想をお¥、ブックメーカーのオッズでも確認していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル  ウエストハム勝利 6.50 引分け 4.75 トッテナム勝利 1.44


ブックメーカーbet365 ウエストハム勝利 8.00 引分け 4.50 トッテナム勝利 1.40


ウエストハムホームですが、やはりオッズではかなり差が見受けられます。

約6倍程のこの差が、両チームの力の差を如実に物語っているでしょうか?

ただトッテナムとしましては、気の緩みは禁物。

次節に向けてなるべく良い形で勝利を手にすることが必要になるでしょう。

特に今季アウェーゲームでの成績は7勝1敗6分けと引き分けがやや多い印象。

逆転優勝に向けてこれいじょう勝ち点を落とすことは許されないトッテナムですが、果たして今節はしっかりと勝ち切ることができるでしょうか?

激戦になることは間違いないでしょう。

 

 

総括

プレミアリーグ第36節。

ウエストハムがホームでトッテナムを迎え入れる一戦。

逆転の可能性があるトッテナムは、今節含めて今後3連勝を達成することが絶対条件です。

厳しい状況ではありますが、あきらめない姿勢が奇跡を生むかもしれません。

果たして今年のプレミアリーグ王者に輝くのはチェルシーか?トッテナムか?

今後も目が離せない試合が続いていくことは、疑いようもありません。

アイキャッチ画像 出典 http://spurs262.blog65.fc2.com

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る