昨年決勝カードが遂に実現 白熱のCLは見逃せない。

Pocket

欧州最強を決定する戦い、チャンピオンズリーグ。

今年も昨年に続き、名物カードが実現することとなりました。

レアルVSアトレティコ。

マドリードダービーの名でも親しまれる両者の対決は、CLの舞台ではもはやお馴染みでしょうか?

12-13・15-16シーズンでは決勝で顔を合わせたことも記憶に新しく、今年も激闘必死の好ゲームになりそうな予感が満載です。

5/2日キックオフの1stはまずはレアルホームでの一戦。

全世界注目の一戦を、オッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

両チーム近況

レアルは、数週間前のクラシコでバルセロナにホームで敗戦。

試合前はレアルが優勢と見られていましたが、蓋を開けてみれば終始劣勢の試合展開でした。

粘りを見せ二度追いつきはしますが、勢いが勝るバルセロナにアディショナルタイムに決勝点を奪われ勝ち点3を逃す結果に。

やはり試合を通してバルサMFブスケツをフリーにしたのが原因でしょう。

守備への意識が余りにも薄すぎました。

33節・34節共に勝利し敗戦の影響は現在は見られませんが、連続失点中の記録はやはり気になるところです。

対するアトレティコは、直前のリーグ戦で5-0で大勝。

レスター戦勝利後も好調を維持できているようです。

ただ気になるのは怪我人続出のチーム事情。

特に右SB選手に不幸が相次ぎ、ファンフランらだけでなく代役のヒメネスまでもが離脱してしまいます。

自慢の守備に影響がみられないかが、やはり心配です。

また、攻撃面でもFWカラスコが欠場の模様。レアル戦を前にしてかなり追い込まれた状況下となっているのは否定しようもありません。

出典 http://bnjb.blog.fc2.com



名将シメオネ監督の采配に普段以上に注目が集まりそうですね。

 

 

対戦成績 CL上ではレアルが有利?

ここ数年で何度もCLの舞台で顔を合わせている両者ですが、対戦成績にはレアルに軍配が上がります。

特に記憶に新しいのは12-13シーズンと、15-16シーズンの決勝での対戦。

どちらも延長にまでもつれ込む激戦となりましたが、結果的に勝利を手にしたのはレアルマドリードでした。

過去何度も苦汁を飲まされ続けてきた相手に、今度こそリベンジしたいアトレティコ。

ですが、レアルはCLではスペイン勢に無類の強さを誇っていることでも知られ、最近7試合では1敗もしていません。

今年も苦しい戦いを強いられそうですが、持ち前の気迫あふれるプレーで1stの先勝を狙います。

ただ、準決勝の舞台ではホームで未だ無敗というアトレティコ。(2ndはアトレティコホームでの一戦)

ここを乗り切れば、2期連続の決勝進出も十分射程圏内になるでしょう。

激闘が予想されるマドリードダービーは、今年も見逃せません。

 

 

試合展開

4/8・31節のマドリードダービーは、1-1に終わりはしましたがレアルの一方的な試合展開が続きました。

クロース・モドリッチの守備がアトレティコのパスラインをシャットアウトし、トーレスを自由にさせないことでロングカウンターも封殺。

出典 http://midomidomidori.seesaa.net



正に完璧と言ってよい試合内容でしたが、それだけに1-1という結果は不満以外の何物でもありません。

90分間のたった一度の期のゆるみが、勝ち点2を逃す結果につなったのです。

今回はチャンピオンズリーグでの対戦。

リーグ戦以上に1点の重み(特に、アウェイゴール)が増します。

試合を通して、アトレティコのカウンターは警戒し続けなければいけません。

また、今年のレアルはリードすると変に守備に意識が向かうことが多く、そのせいで相手にチャンスを作られる場面も増えています。

仮に先制点を奪えたならば、そのまま畳みかけるように圧力をかけ続けるのも有効といえるでしょう。

対するアトレティコは基本線はカウンター。

ブロックを作りながら相手のバイタル侵入は阻止。前がかりとなった相手の隙をつく縦パス一本でゴールに迫りたいところです。

ただ31節のダービーでは、相手も慎重に攻守の判断を見極めていたため、試合を通してチャンスは作れませんでした。

その二の舞になるわけにもいきませんので、オフザボールの動きなどで何とかしてレアル陣形を崩したいところです。

特に1stではグリーズマン・トーレスの運動量が必要不可欠。

ボールのないところでのダイアゴナルな動きや、時には中盤まで下りてきて組み立てに参加するなど、的を絞らせないポジショニングを続けることが得点につながるはずです。

出典 http://www.calciomatome.net



 

 

オッズで試合を予想しよう

それでは、CL1st。大注目のマドリードダービーを、ブックメーカーのオッズでも確認していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル レアル勝利 1.80 引分け 3.50 アトレティコ勝利 4.50


ブックメーカーbet365 レアル勝利 1.83 引分け 3.75 アトレティコ勝利 4.75


オッズだけで比べると、レアルが相当有利と予想されているようです。

確かに直近のマドリードダービーで引き分けたとはいえ、前半戦のアトレティコホームの試合では3-0の勝利。

リーグの勝ち点差も10あり、実力差は例年以上にあるでしょう。

ただそう易々と事が進まないのがダービーマッチの常です。

両者一歩も引かない激戦を繰り広げるとこは、疑いようもありません。

状況的にみてもレアル優勢は間違いありませんが、アトレティコにも十分チャンスはあると思います。

 

 

総括

去年に引き続き、またもやCLの舞台でマドリードの強豪クラブが顔を合わせることになりました。

アトレティコは昨年のリベンジに燃えているでしょうが、レアルも2冠に向けて気合十分です。

両者の対決はスコアが動かない固い試合になることも多いですが、果たして今年はどうなるでしょうか?

注目の準決勝は5/2日(日本時間5/3日)キックオフ。

まだまだ欧州サッカーが、見逃せません。

 

アイキャッチ画像 出典 http://www.calciomatome.net/archives/20130410-1.html

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る