最下位大宮が対するは首位浦和 待ちに待った埼玉ダービー

Pocket

前節G大阪相手に0-6と歴史的な敗戦を喫したのは大宮アルディージャ。

1年ぶりにJ1に復帰した伝統あるクラブですが、今季はここまで大苦戦です。

泥沼に使ったまま、早くも降格候補筆頭となってしまているのが現状。

今節は久々の埼玉ダービーですが、果たして復調の足掛かりをつかむことはできるでしょうか?

対するは前節シーソーゲームを制し、首位独走の浦和。

ACLウエスタンシドニー戦でも6-1の大勝を収め、2年連続でグループステージ突破が決定しました。

今の浦和の勢いを止めれるクラブは、アジア中探してもそう多くはないでしょう。

4/30。埼玉を代表する首都圏クラブがぶつかりあうダービーマッチ。

大注目の一戦を、オッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

両チーム近況

大宮は言うまでもなく絶不調。

前節はG大阪相手に何と6-0の敗戦。

開幕から8戦未だ未勝利で、難しい状況が続いています。

今節は埼玉ダービーですが、復調のきっかけを掴むことはできるのか?

少なくとも引き分けで試合を終えることが出来れば、今後に向けて希望が見えることは間違いありません。

対するは、前節札幌相手にシーソーゲームを制した浦和。

守備では不安をのぞかせる場面もありましたが、それでも勝ち点3を手にすることが出来たので上出来と言えるでしょう。

ACLでもウエスタンシドニーに6得点の大勝を収め、現在の彼らに死角は見当たりません。

出典 http://niwaniwafootball.blog.fc2.com



果たして絶好調浦和に土をつけるのはどのクラブになるのか?

ホーム大宮がどれだけ浦和相手に粘りを見せることができるか、注目が集まります。

 

 

対戦成績 スタッツ比較

大宮と浦和。両者の通算対戦成績は、浦和から見て18勝6分け8敗と圧倒。

過去5戦の戦いでも大宮は一度も勝利がなく、今節も苦戦は間違いないでしょう。

特に大宮のつたない守備では、浦和攻撃陣を止めることが出来るとは到底思えません。

リーグ平均2.9得点に加え、成功率も17%を記録するその圧倒的攻撃力を前になすすべもないといった所が現実です。

また大宮は、深刻な得点力不足にも陥っており、奪ったゴールはここまでわずか2つ。

何かを一新しなければ現在の浦和には歯がたたないでしょう。

ダービー戦ですのでせめて球際での争いだけはリードしたいところ。

前後半通じてハードワークを徹底することが出来れば、奇跡は生まれるかもしれません。

 

 

試合展開

大宮は戦略というよりは、出せる力全て浦和にぶつけるしかないといった状況です。

カウンターをしようにも前線はターゲット不足。守備でも稚拙さを極めていますので、はっきりいって勝ちの目はほぼありません。

とにかく浦和の中盤めがけてハイプレスを繰り返し、それをカウンターにつなげること。

10回に一回の成功で構いません。その1回で確実にゴールを奪う集中力が、今節はものをいうはず。

劣勢は間違いありませんが、少なくとも前半を0で終えることが出来なければ、勝負にはならないのではないでしょうか?

対する浦和は、落ち着いてボール回しを続けたいところ。

今節は大宮ホームでの一戦ですが、敵が引いて守ることも十分に予想されます。

ラインを常に高く保ち、クロスなどの跳ね返りで生まれたセカンドボールでの球際の攻防を制することができれば、労せずして勝利は容易いでしょう。

気を付けたいのは、前がかりになった場面でのカウンター。

いくら最下位の相手とはいえ、細心の注意を払って試合に臨まなければ足元をすくわれかねません。

しっかりと守備の意識も保ちつつ、ラファエルシルバ・興梠ら強力前線が先制点を奪うことが出来れば、大量得点での勝利も十分可能でしょう。

出典 http://www.calciomatome.net



 

 

オッズで試合を予想しよう

それでは大注目の埼玉ダービー。

大宮がホームで首位浦和を迎える一戦の予想を、ブックメーカーのオッズでも確認していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル  大宮勝利 7.00 引分け 4.35 浦和勝利 1.40


ブックメーカーbet365 大宮勝利 8.50  引分け 4.75 浦和勝利 1.36


やはり浦和勝利予想が大半のようです。

まあ、当然と言えば当然。

ここまでわずか2得点で最下位に沈む大宮は、浦和と引き分けることすら難しいのが現実でしょう。

ダービーといえど一方的な試合展開になってしまうことも十分によそうされます。

大宮としては、なんとか復調の足掛かりを見出すためにもまずは先制点。

どのような形であれこれを奪うことが出来れば、今後のリーグにも明るい兆しが見えるはずです。

持てる力全てを出し切って、好調浦和相手にも粘りを見せて欲しいところです。

 

 

総括

年を増すごとに苛烈さを増している埼玉ダービー。

今年は明暗はっきり分かれた形での対戦となってしまいましたが、果たして勝利を掴むのはどちらのクラブになるのでしょうか?

下馬評では圧倒的に浦和が有利ですが、大宮も気持ちだけはめけてはいけません。

白熱した試合が予想されるダービーマッチ。

4/30日の日曜日は、Jリーグに目が離せません。

アイキャッチ画像 出典 http://nofootynolife.blog.fc2.com

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る