ユヴェントスVSバルセロナ CL1stは激戦必至

Pocket

前節まさかの下位相手の敗戦で、益々優勝が遠のいたバルセロナ。

皮肉にも、レアルマドリーのリーグ制覇をアシストする形となってしまいましたが、CL戦を目前にして気持ちを切り替えることができるでしょうか?

対するは、早くもセリエA優勝が確実視されている王者ユヴェントス。

2年前の雪辱を果たすためにも、なんとしてでも勝利を収めたいところです。

欧州CLは初日から注目カードが目白押し。

中でもユヴェントスvsバルセロナの2015-16シーズン決勝の再選は、全世界待望の一戦であることは間違いありません。

期待大の試合を、オッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

乗り切れないバルセロナ 対するユヴェントスは好調を維持

前節マラガ相手に0-2で完封負けを喫したバルセロナ。

ネイマールが65分に退場するなどかなり後味が悪い試合となってしまったのは事実です。

CL1stは雰囲気が重たい状況下でユヴェントスホームに乗り込むこととなってしまいました。

出典 http://favorite11.exblog.jp/18003764/



ただ、ベスト16・1stではパリ相手に苦い想いをしているだけに、アウェイと言えどしっかりと引き分け以上の成績を収めなければいけません。

また、アウェイゴールを1点でも奪うことができれば、カンプ・ノウの2ndに向けても励みになるはず。

この試合、先制点が何よりも大事になりそうです。

対するユヴェントスは好調を維持。

リーグ戦では20節以来負けなしを継続し、イタリア杯も決勝進出を決めました。

また、依然としてホームでの敗戦はなく、1stは強豪バルサを上回る試合を演じるかもしれません。

対照的な両者ですが、試合は一体どのような展開になるのか?

最後まで目が離せない一戦になることは、間違いなさそうです。

 

 

ブスケツが出場停止! マンジュキッチは復帰の見込み!

近況だけでなく、選手層で比べても明暗が分かれる形となった両者。

ユヴェントスは大一番に向けてマンジュキッチの復帰が予定されています。

彼が加わることにより更に厚みを増した攻撃を展開できるはず。

イグアイン・ディバラ・クアドラードと併せて、ユヴェントスの最強前線が見事に復活することになれば、3強(バイエルン・バルセロナ・レアル)にも勝るとも劣らない戦力アップが期待できるでしょう。

出典 http://ameblo.jp/worldsocceer-t/entry-11287406466.html



対するバルセロナはブスケツが出場停止。

試合に安定感をもたらす役割がある彼が出場停止とあっては、攻守ともに厳しいゲームメイクが予想されるでしょうか?

ラフィーニャの長期離脱など、ベストメンバーとは程遠い状態で挑むことになるユヴェントス戦。

勝利はかなり厳しいものになるかもしれません。

 

 

試合展開

ユヴェントスがホームの地の利を得て、序盤に攻勢を仕掛けることも予想される1st。

試合開始15分は落ち着かないゲーム展開になるかもしれません。

ユヴェントス・バルセロナ共に今季は試合を収める形のボランチが不足。

なるべく試合を落ち着けたいのはアウェーバルセロナの方ですが、ブスケツ出場停止でそれも難しいのが現実でしょう。

ビルドアップや攻撃の組み立てに彼がいるのといないのでは雲泥の差。

1stは攻守ともに精彩を欠いてしまうかもしれません。

そうなるとやはり、MSNの個の力。

出典 http://dlivenet.blog76.fc2.com/blog-entry-1474.html



何とか彼らまでボールを預けることができれば、中央からの崩しも期待できます。

もう年配となったイニエスタのプレーに頼らざるを得ない状態なのが現実ですが、ラキティッチなど他MFの奮闘にも注目したいものです。

 

対するユヴェントスは、バルセロナの中盤をハイプレスでしっかり潰しに行くこと。

特に、試合を通じてケディラらDMFがMSNへのパスコースを塞ぐことが求められます。

守備面で不安を抱えるユヴェントスですが、バルセロナ相手にアウェイゴールを与えては致命的。

失点は最小限で抑えなければいけません。

幸い前線は豊富なタレントが揃っていることですから、試合を通じてのハードワークでバルセロナに主導権を与えないこと。

ユヴェントスの力をもってすると、現在のバルセロナから得点を奪うことはそれほど苦ではないはず。

それよりも1stでは守備面での安定が最重要事項です。

カンプ・ノウに乗り込むまでにどれほど貯金を作ることができるかで、今後の試合展開も大きく変わっていくことでしょう。

 

 

オッズで試合を予想しよう

Clベスト8大注目の一戦。期待の好カードをオッズでも予想していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル ユヴェントス勝利 2.50 引き分け 3.10 バルセロナ勝利 2.90


ブックメーカーbet365 ユヴェントス勝利 2.62 引き分け 3.40 バルセロナ勝利 2.87


さすがは強豪同士の一戦。

ほとんど互角のオッズ数値となっています。

CLベスト8ともなると各リーグを代表するクラブ同士の激突になるわけですが、今年も素晴らしい熱戦が期待できそうです。

果たして両クラブオッズ道理の激戦を演じてくれるでしょうか?

チーム状況などから見ると、有利なのはやはりユヴェントスでしょうがCLでは何が起きるか分かりません。

最後まで見逃せない試合が続きそうですね。

 

 

総括

2017欧州チャンピオンズリーグもいよいよベスト8.

4月は各国を代表するクラブチームがベスト4進出をかけて凌ぎを削りあいます。

その中でも大注目の好カード、ユヴェントスVSバルセロナ。

早くも2012シーズン決勝の再現となった一戦だけに、サッカーファンなら見逃すことはできません。

 

ピックアップ記事

  1. 2018-10-12

    日本でブックメーカーに参加することは違法!?弁護士の見解は・・・!!

    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  2. 2018-10-12

    totoを買うのは馬鹿らしくなってしまう驚くべきブックメーカーの還元率の高さとは!?

    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 でもなかなか当たらな…
  3. 2018-10-12

    知らないと損をする!?ブックメーカーのオッズの差

    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば例えば仮に1000円…
  4. 2016-4-19

    ブックメーカーを日本で行うと違法となるのか?

    ブックメーカーを日本で行うと違法になるのか? このことについては弁護士ドットコムから記事を少し…
ページ上部へ戻る