好調浦和を迎える甲府 5年間未勝利の相手に雪辱を果たせるか

Pocket

前節セレッソ相手に完勝を収めた、昨季総合一位浦和レッズ。

ハリル監督にはコンディションが悪い選手が多いと苦言を呈されてはいましたが、2017年初勝利はやはり嬉しいはず。

サポーターも一安心といったところでしょうか。

対するは、ここまで2試合勝利がないヴァンファーレ甲府。

それでも、前節王者鹿島相手に善戦。

長い戦いに向けて可能性を見せました。

5年間浦和相手に勝利がない甲府ですが、今節こそ勝利をつかみ取ることができるでしょうか?

 

J1リーグ第三節。

未だ未勝利の甲府が、浦和をホームで迎えいれる一戦。

注目の好カードを、オッズを交えながら予想していきましょう。

 

両チームの近況

浦和は、開幕を落としはしたものの、ACLと併せて今季ここまで好調をキープ。

特に攻撃力という面においては、昨季以上の強みを感じます。(リーグ戦2戦で6得点)

興梠や武藤に加え、新戦力のラファエルシルバが躍動。ここまで、リーグ3得点と絶好調の外国人選手が、今節でも違いを見せつけてくれるでしょう。


対する甲府は、ここまで1得点と得点力には課題を残したまま。

特に、鹿島戦でもそうでしたが、シュート・あるいはシュートにつながるラストパスまでになかなか進めません。

スプリントでは鹿島以上のものを見せるなど、体を張っている彼らですが、攻撃面の改善が浦和戦に向けて絶対条件です。

 

今節のキーポイント

圧倒的なポゼッションを誇る浦和に対して、甲府は今節も防戦を強いられることは間違いありません。

ホームといっても、守備的に試合に入ってまず間違いないでしょう。

浦和は攻撃力と比べ守備面では課題が残るチームでもあります。

前がかりになった隙をついてのカウンターが最も有効な戦術といえるでしょうか?

今節も鹿島戦で起用した5バックを軸にまずは浦和の攻撃に耐え抜くことが重要になります。

更に、ウィルソン・橋爪ら前線選手も加わった攻守一体のプレーが求められるでしょう。

ただ、浦和はハイプレスとポゼッションが上手く融合したチーム。ボールを奪われるとすかさずプレスをかけてボールを奪い返しに来ます。

中盤の兵働のつなぎのパスが、この試合は重要になるはず。

悪い形でボールを失う・あるいは意味のないロングパスを繰り返していては相手の術中にはまります。

ボールを持ったら素早い攻め。

特に浦和の弱点である両サイドからの速攻で先制点を上げたいところでしょう。

また、セットプレーも貴重な得点源になるはずです。

 

対する浦和は、いかにして甲府の5バックを崩すかが鍵。

オフザボールの動きで、甲府のDF陣を惑わせつつ、効果的なパスを随所に織り交ぜることで、縦に早いサッカーを演じたいところでしょう。

守備に人数をかけている甲府相手に、単純なクロスが通用するかどうかは疑問です。

とにかく甲府のDF陣に隙を作らせること。セレッソ戦でも見せたロングボールからの裏の抜け出しが重要になるでしょうか?

また、中盤の短いショートパスのコンビネーションで甲府のDFを崩せれば理想。

ただ、復帰明けの柏木の調子次第では、案外得点を奪うのに苦労する可能性も考えられます。

注目選手は武藤。彼の攻撃面・守備面での貢献が現在の浦和にはかかせません。


豊富な運動量で、甲府DFを惑わせつつ、相手のカウンターの起点を潰すハードワークが求められます。

オフザボールの動きや、ドリブルで5バックの一角を崩すことができれば、ペースは浦和に傾きます。

武藤だけでなく、興梠・ラファエルシルバら前線選手陣が、ボールのないところで甲府DFを惑わせることで、少しづつ甲府のブロックを崩すことが可能になるはずです。

 

ブックメーカーのオッズで予想しよう

それでは注目の試合を、オッズで確認していきます。

ブックマーカーウィリアムヒル 浦和勝利1.33 引き分け4.50 甲府勝利8.50


ブックメーカーbet365 浦和勝利1.28 引き分け5.00 甲府勝利11.00


やはり優位は浦和。とてつもないオッズの数値となっています。

甲府勝利の確率はかなり低いとみられているようですね。

昨季総合王者にはやはりホームと言えど厳しいという評価でしょうか?

通算成績は、14勝5分1敗と浦和がリード。勝利は2011年のわずか1戦のみと圧倒。

諸々考慮しても妥当なオッズ数値ですが、今季の甲府は守備面は安定しています。

鹿島戦前半でも見せた気迫が、甲府には求められるでしょう。

 

 

総括

Jリーグ第3節

ヴァンファーレ甲府がホームで浦和を迎える一戦。

甲府にとっては厳しい試合が予想されますが、それでもチャンスは0ではありません。

両サイドの脆い浦和の守備に上手く漬け込みたいところでしょう。

対する浦和も、優勝に向けて、アウェイといえどこれ以上勝ち点を落とすことはできません。

下位相手にしっかりと勝ち点を積み重ねることが優勝につながります。

激闘が予想される今節。

3/10キックオフのナイトゲーム。金曜の夜は、Jリーグから目が離せません。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る