acl開幕 注目試合をオッズで確認


昨年は見事浦和レッズが制し、幕を閉じたアジアチャンピオンズリーグ。

浦和だけでなく全体的にjリーグの活躍が目立った年でもあり、決勝Tまでに3クラブ残った事自体、3年振りの快挙でもありました。

今年もjリーグは4クラブを本戦へと送り出しましたが、どこまで勝ち進めるか楽しみですよね。

もちろん豊富な資金力を誇る中国勢や、目覚ましい躍進を遂げているkリーグ勢らが今年も立ちはだかります。

aclグループステージは13日から一斉にキックオフ。

ブックメーカーのオッズを交えながら日本勢の行方を確認していきましょう。

 

 

カップ戦に強いセレッソに期待も、やや厳しい組み合わせ 2節では中国の広州と対決

柏がaclプレーオフを勝ち抜いたことにより、日本からは今年も4クラブの参戦が決定しました。

鹿島・川崎・セレッソ・柏。どのクラブも世界と比べて遜色ない実力を備えており、決勝T進出にも期待がかかっています。

特にユジョンファン率いるセレッソは大舞台(とりわけカップ戦)に強く、10日に行われたスーパー杯で川崎相手に勝利。

元々戦力だけならjの中でも12位を争うクラブですし、今季はaclでも大きな躍進を遂げるかもしれませんね。

出典 http://muddlenews.blog.fc2.com



そんなセレッソが初戦にぶつかるのは、韓国の済州ユナイテッド。

済州と言えば昨年のaclで浦和相手と大乱闘を繰り広げたことばかりが話題となりますが、昨年kリーグで2位の実績も残しており、実力自体も申し分ありません。

それはオッズにも現れており…

ブックメーカーウィリアムヒル 済州勝利 2.30 引き分け 3.50 セレッソ勝利 2.62


ブックメーカー1xbet 済州勝利 2.58 引き分け 3.46 セレッソ勝利 2.845


若干ですがセレッソを上回るオッズとなっているのがお分かりになると思います。

ホームゲームということもありますが、少なくともセレッソと同等の力を秘めたクラブであることは、間違ないといえるでしょう。

ただセレッソとしては今節どうしても勝ち点3が欲しい事情があります。

何故なら同グループリーグは広州ら強豪がひしめく激戦区であり、2節広州戦と合わせて連敗ならgs突破が早くも厳しくなってしまうから。

セレッソといえどこのグループを突破するのは容易ではなく、出だしで躓けば難しい展開となっていくのは明白です。

最低でも勝ち点1は手にすることが、今節の史上命題といっても良いでしょう。

 

 

日本勢はいきなり中国の強豪と 川崎は上海上皇と激突

14日から開幕するグループステージ初戦ですが、日本勢は初戦から激戦を闘わなければいけません。

中でも一番の好カードは、川崎vs上海の一戦でしょう。

川崎は昨年度のj1王者であり、aclでもベスト8まで進出したビッククラブ。スーパー杯ではセレッソに0-3で惨敗を喫しましたが、実力は昨季の成績が示す通りです。

一方の上海も復帰・オスカルら強豪選手を要し、昨年度のaclでもベスト4の成績を残しています。戦力だけならアジアの中でも群を抜いているクラブと言えるでしょうか?

ただ広州ほど世界舞台での実績はなく、昨年はベスト4で日本の浦和に敗れています。

今節は川崎のホームゲームですし、試合を優位に進めるのは川崎となるかもしれません。

ちなみにオッズを確認してみるとご覧の通りとなっており…

ブックメーカーウィリアムヒル 川崎勝利 2.25 引き分け 3.30 上海勝利 2.80


ブックメーカー1xbet 川崎勝利 2.392 引き分け 3.6 上海勝利 3.02


やはり若干川崎有利のオッズ評価。

ただフッキを中心としたfw陣の爆発力は並大抵ではなく、劣勢のゲームを個の力だけでひっくり返す力を持っています。

川崎は自陣ゴール前での集中力をより高めて、特にカウンター攻撃は警戒しなければいけません。

スーパー杯もそうでしたが、ボールを保持しながらも破れる試合が川崎は増えているので、優勢のゲームを勝ちきることが、アジア制覇に向けての課題と言えそうです。

出典 http://joy-spo.com



一方、昨季逆転でまさかの優勝を逃した鹿島は、中国の上海申花とのカードが予定されています。

申花といえばテベスのイメージが強いですが、彼は結局クラブで思うような成績を残せず、高額な年俸だけを受け取り自国へと帰ってしまいました。

補強失敗のイメージも強く、他の中国クラブと比べるとやや実力が劣る印象もあります。

それはオッズにも現れており…

ブックメーカーウィリアムヒル 鹿島勝利 1.75 引き分け 3.40 上海勝利 4.20


ブックメーカー1xbet 鹿島勝利 1.82 引き分け 3.66 上海勝利 4.86

2〜3倍近く開いている差が、両者の戦力差を如実に物語っています。

ホームということもあり、鹿島の勝率は7割を超えるのではないでしょうか?

そもそも上海自体が勝ち点1でも奪えればそれでよしと考えているかもしれません。

 

 

 

プレーオフを突破した柏は 全北に挑む

ムアントン相手に快勝を収めて本戦進出を決めた柏は、初戦韓国の全北との対戦になります。

全北は16年度aclを制した韓国の強豪クラブですが、八戸長問題で昨年は出場すらしていませんでした。

ただkリーグでは王者に返り咲いており、aclでのブランクは問題ないでしょう。

単純な実力差だけなら柏の上を行っているのも事実ですし、難しいゲームとなるのは明白です。

オッズを確認してみてもご覧の通りとなっており、

ブックメーカーウィリアムヒル 全北勝利 1.80 引き分け 3.40 柏勝利 4.00


ブックメーカー1xbet 全北勝利 1.87 引き分け 3.7 柏勝利 4.48


全北にかなり有利なオッズとなっています。

柏としては最低でも勝ち点1の結果は持ち帰りたい所でしょうか?

ただ過去対戦を見てみると柏が5勝と大きくリードしており、全北側にも少なからず苦手意識はあるかもしれません。

そのためオッズ程差が開いたゲーム展開にはならないと予想出来ますし、柏にも3〜4割程度の勝利の可能性があると見るべきです。

 

 

総括

aclが13日から開幕。

今年も日本勢・中国勢を始めとした強豪クラブが集っており、グループステージの段階から激戦が予想されます。

果たして幸先の良い出だしを切って、決勝Tに進むのはどのクラブになるのか?

特に日本勢の動向には開幕から目が離せませんよ。

 

 

アイキャッチ画像 出典 http://blog.livedoor.jp/keydrop

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る