全豪op開幕 フェデラーや杉田の日程は?


いよいよ開幕する全豪op。

今年もトップ選手に怪我が相次いでおり、錦織不出場も残念でなりませんよね。

ですがatpの次代を担う若手達と、ナダル・フェデラーらベテラン勢の争いはかつてないほど白熱しています。

またジョコビッチが今大会に戻ってくるとあって、ファンのボルテージも最高潮。

果たして昨年覇者フェデラーが力を鼓舞するのか?

それともディミトロフを筆頭とした若手が、ベテラン勢に引導を渡すのか?

テニスファンなら見逃せない注目の一戦を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきます。

 

 

フェデラー好調も、序盤の体力温存が鍵 ナダルは怪我が心配

昨シーズン見事な復調振りを見せたフェデラーは、何と36歳。

引退しても可笑しくない高齢だというのに、相変わらずテニスは美しさを保っており、衰えを感じさせませんよね。

マッケンロー氏も優勝候補筆頭に挙げるなど、全豪に向け仕上がりも万全です。

ただ今回は比較的厳しいドローが続きますので、彼といえど難しい戦いが続くでしょうか?

出典 http://akogaresan.net



4回戦ラオニッチはビックサーバーで油断禁物。準々決勝では、ツアーファイナルで負かされたゴフィンと大戦する可能性があり、仮に勝ち進んだとして、準決勝は復帰開けジョコビッチが待ち構えている可能性もあります。

優勝候補であることに変わりはありませんが、ここまで激戦が続けば当然疲労の蓄積は避けられず、そうなるとやはり高齢がネックになるはず。

序盤いかに体力を抑えられるかで、全豪制覇の確率も大きく変わってきます。

特にラオニッチ・ゴフィン戦辺りを、4セット未満で終えなければ、後々ガス欠となる可能性も否定できません。

一方昨年準優勝ナダルは膝の調子次第。

コンディションが悪ければ、早期敗退も少なくないので、まずは初週に注目して見てください。

危なげなく勝ち進んでいれば、優勝の目はあると考えるのが妥当な判断と言えます。

 

 

ジョコビッチが戻ってきた 2018年は14位からのスタート

昨シーズンは怪我も重なり、苦しいシーズンに終わったジョコビッチ。

ランキングもトップ8から陥落し、18年はまた1からのスタートと言うことになります。

出典 http://ameblo.jp/zooblog



 

ただこういっては何ですが、この悔しさは彼に新たなモチベーションを与えたのではないでしょうか?

元々彼の不調の原因はメンタル的な側面が大きく、全仏を制した後からは目に見えてモチベーションが低下し、その後はプレーにも制裁を欠きました。

ピッチ外でも問題が続き、(コーチ解任や洗脳騒動など)試合自体に集中できない時間も続いたのでしょう。

一度長い休養期間を挟むことで自分自身を見つめ直せたことは、大きな財産へと繋がります。

フェデラー・ナダルらも苦しい時期を乗り越え、再びツアーで花を咲かせましたし、彼の実力を持ってすれば十分カムバックも可能。

特に全豪は、通算6度優勝を誇る相性の良い大会の一つで、ここだけの成績ならフェデラーにも見劣りしません。

本格的な復帰で、いきなり5セットマッチを戦うのは難しいものはありますが、活躍を期待するファンも多いでしょうね。

 

 

日本勢は初戦から強敵揃い 杉田はいきなりソックと激戦

錦織不参加は本当に残念でなりませんが、日本勢からは期待の3選手が今大会にエントリーしています。

怪我から復帰の西岡や、昨シーズン旋風を巻き起こした杉田らには特に注目が集まっていますよね。

中でも杉田は、初戦から強敵ソック(ランキング8位)との対戦が待ち構えており、対戦を心待ちにしているファンも多いはず。

ランキング的には太刀打ちできる相手ではありませんが、昨年ウェスタン&サザンオープンでは勝利を挙げています。

ソックとしても、当時の苦い記憶は少なからず頭に残っているでしょうし、粘り強い杉田のプレースタイルは彼が苦手としているものの一つ。

オッズで確認して見てもご覧の通り……

ブックメーカーウィリアムヒル 杉田勝利 2.90 ソック勝利 1.40


 

ブックメーカー1xbet 杉田勝利 1.39 ソック勝利 3.19


ランキングの割には差が少ないオッズとなっており、杉田にも十分チャンスがあることが伺えますね。

対戦成績でリードしていることや、ソック自体早期敗退が多いこともオッズに影響しているのでしょう。

簡単に勝利とはいきませんが、敵のパワーを上手く交わして泥臭い展開に持ち込めば、勝機もあるとみて良さそうです。(それでも勝率は杉田から見て2割が妥当)

一方西岡が対戦するのはドイツ出身コールシュライバー。キャリア最高位は16位の選手ですが、34歳と高齢ですので、スタミナ勝負に持ち込まなければいけません。

また片手バックハンドに深いボールを集めていくことで、ミスを誘うことにもつながるでしょう。

攻略の手段は見えているので(片手バックに深いショットを集めながら、粘り強くスタミナ戦に持ち込む)、敵の弱点を的確に突いていきたいところですね。

オッズでは下のような評価となっており・・・

ブックメーカーウィリアムヒル コールシュライバー勝利 1.25 西岡勝利 4.00


 

ブックメーカー1xbet コールシュライバー勝利 1.29 西岡勝利 3.92


西岡勝利を予想しにくい状況ですが、前述の通りチャンスが無いわけではありません。

後は復帰明けの彼のコンディション次第ですが、まずは序盤の入りに注目ですね。(身体特に持ち味であるフットワークが軽快かは、大きな指標となる。)

 

 

ブックメーカーのオッズで優勝クラブを予想

それでは全豪OPの優勝予想を、ブックメーカーのオッズで確認していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル


上位オッズを見渡すと、御覧の通りフェデラーが圧倒的高評価を受けていることが分かります。

ナダルはコンディション面で不安が残りますし、復帰明けジョコビッチも当然難しい試合になっていくでしょう。

ただ激戦が続くフェデラーもスタミナ不足が心配ですし、若手陣(特にディミトロフ・ズベレフ)には期待できるかもしれませんね。

まだまだビック4と比べれば成績は安定しませんし、事実オッズも10倍を超えていますが、可能性としてはありえます。

まあ正直有利はフェデラーと言わざるを得ませんが、彼が初週で苦戦するような展開(フルセットにもつれる展開)となれば、他選手にもチャンスの芽が出で来るのではないでしょうか?

 

 

 

総括

テニス4大大会初戦、全豪オープンがいよいよ15日から開幕。

今年は連覇に期待がかかるフェデラーを始め、復帰のジョコビッチにも注目が集まっており、ファンなら見逃せない大会となっています。

もちろん杉田・西岡ら日本選手も今大会に向け仕上がりは万全で、彼らにも期待できるでしょう。

そんな中、今年の全豪オープンを制するのは誰になるのか?

錦織・マレー不参加やナダルの膝コンディションなどネガティヴな要素もあり、それだけにフェデラーが優勝候補としては抜けているのは事実。

ただ高齢によるスタミナ不足から、5セットマッチを戦うのは厳しくなっているでしょうし、そうなると若手の台頭もあるかもしれませんよね。

とにもかくにも白熱した戦いが続くことは間違いなく、テニスファン釘付けの2週間になりそうな予感です。

 

出典 http://yukisato0802.blog.fc2.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る