アーセナルVSチェルシー 新年早々ビックマッチ!


新年を迎えても休むことなく稼働が続いている、プレミアリーグ。

過密日程からなのか、独走中のシティにも怪我人が相次ぎ、後半戦では一悶着ありそうな予感です。

まだまだ2位以下とは勝ち点差が開いていますが、気を抜けば足元をすくわれかねません。

そんな中1月3日に行なわれるのは、プレミア屈指のビッグマッチ。

6位アーセナルが暫定3位チェルシーを迎え入れての一戦が待ち構えます。

果たしてどちらが勝利で今後に弾みをつけるのでしょうか?

日本人でも見逃せない好カードの行方を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

両チームの近況 アーセナルは引き分けでビッグマッチへ

アーセナルは前節wbaと引き分け。連戦の疲れからか低調なパフォーマンスに終始し、痛い痛い勝ち点1となってしまいました。

12月は1勝1敗3分けと成績を残せず、4位リヴァプールとの差は6にまで拡大。

仮に今節敗戦することとなれば、cl出場は早くも絶望的となってしまうでしょう。

チェルシーのような守備重視のクラブ相手には苦戦する傾向もあるアーセナルですが、勝ち点を積み重ねることは絶対条件と言えるでしょうか?

今季ビック6との対戦では手腕を発揮しているベンゲルには、当然期待も集まっています。

一方のチェルシーは、12月の7連戦を5勝1敗1分けとまずまずの成績で終えました。

ただコンテを始め、フロントは危機感を募らせていることでしょう。

出典 http://bnjb.blog.fc2.com



首位と10pt差以上離されている現在において、少しの勝ち点ロスでも致命的。実際16節ウエストハム戦(0-1での敗戦)は落としてはいけない試合でした。

昨季はシーズンを通して5敗だったのに対し、今シーズンは既に4敗を喫しています。まだビックマッチとの対戦も控えていますし、アーセナル同様これ以上敗戦は許されない状況にあります。

ビッククラブの中で比較的成績が安定しないアーセナルでは、アウェーと言えど勝ち点「3」を手にしたいのがコンテの本音でしょうか?

前半戦はホームでスコアレスのドローとなっていますが、前節5-0で大勝した勢いそのままに、攻撃陣の爆発に期待したいですね。

 

 

アーセナルは昨年ほどはビック6苦手意識はない? 強敵相手とのインテンシティは

例年ビッククラブに対する成績の悪さが指摘されているアーセナルですが、今季はインテンシティの高さを見せてくれています。

シティ戦では敗戦ながらもハイプレスで敵を苦しめましたし、トッテナム戦では今季最高ともいうべき試合内容で、結果も完勝でした。

ユナイテッド戦もデ・ヘアの好セーブが無ければ試合がどう転んでいたかは分からないでしょう。

成績だけで見るとまだまだ不十分と言え、実際リヴァプール戦のような目も当てられない敗戦もありましたが、決して内容で劣っているといったわけではありません。

出典 http://football2channel.blog.fc2.com



ただ過密日程のチェルシー戦でも、同じようなインテンシティを選手に求めるのは酷かもしれません。

もちろんチェルシーのも同様のことがいえ、当然試合を通してアグレッシブなプレッシングを賭けることなど不可能。

場面場面でリトリートせざるを得ない場面もどうしても出てくるでしょう。(飛ばしすぎればガス欠の心配も)。

そうなると普段から守備戦術にたけており、体を張れる選手も揃っているチェルシーが有利と言わざるを得ませんね。

高さもあり、流れのないところからでも点を決めることができる(アロンソのFKは強力)ので、得点を奪えない展開が続けば苦しむのは間違いなくアーセナルになります。

そのためアーセナルは早い時間帯に先制点を奪うことは必須と言えますが、そう簡単にチェルシーの牙城が崩れるとも思えず、苦しいゲーム展開も予想されるでしょう。

当然先制されるような展開になれば、勝ちの目がかなり薄くなってしまうと言えそうです。

 

 

ブックメーカーのオッズで勝敗を予想

それではブックメーカーのオッズで注目の一戦を予想していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル アーセナル勝利 2.87 引き分け 3.40 チェルシー勝利 2.50


ブックメーカー1xbet アーセナル勝利 2.96 引き分け 3.56 チェルシー勝利 2.54


ほとんど互角のオッズですが、若干チェルシーが有利と見られているようです。

やはり前節の結果が少なからず影響を与えているのでしょうか?(アーセナルは1-1のドロー。一方チェルシーは5-0の圧勝)。

ただ前半戦の同カードは0-0のドロー。過去6度の対戦成績をさかのぼってみても2勝2敗2引き分けと、それほどアーセナル側も苦手意識は感じていないはず。

アーセナル勝利も十分に予想できます。

また、共に連戦の疲れもあるので、スコアレスの引き分け決着予想も面白いかもしれません。

 

 

総括

プレミアリーグもいよいよ後半戦に差し掛かってきました。

今年はシティの独走状態が続いていますが、2位以下は団子状態。

4位争いは苛烈を極めており、1戦1戦見逃すことは出来ないでしょう。

中でも3日(日本時間4日)のアーセナル・チェルシー戦は激戦必至といえます。

どちらもこれ以上勝ち点を落とすわけにはいきませんので、終始インテンシティの高い、エキサイティングなゲームが見られるのではないでしょうか?

早朝のキックオフではありますが、ファン必見ですよ。

 

 

アイキャッチ画像 出典http://football2channel.blog.fc2.com

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る