天皇杯決勝 セレッソが横浜と激突

Pocket

元日と言えば天皇杯決勝。

今年も例年通りの激戦が待ち構えています。

2冠を狙うセレッソに対し、ACL進出のかかる横浜も気合十分。

18年にふさわしい戦いで、ファンを盛り上げてくれることは間違いありません。

セレッソが横浜を迎え入れる天皇杯決勝。

日本人なら見逃せない注目のゲームの行方を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

セレッソは二冠を狙う 横浜は勝利ならACL出場権獲得

セレッソ大阪は、今季J2から復帰したばかりにもかかわらず、Jで3位・ルヴァン杯では優勝と目覚ましい躍進を遂げました。

尹晶煥監督のもとパスサッカーからカウンターサッカーに転身。

それが功を奏したのか、すっかり勝てるチームへと生まれ変わり、一時リーグ首位に立つなどJを席巻します。

元々ビルドアップがゆっくりとしている日本ではハイプレスが浸透しませんでしたが、尹晶煥はチームに徹底的なハードワークをチームに根付かせ、それを実現させました。

走行距離の試合平均はリーグ4位。インターセプト(ボールを相手から奪う)率は1位を記録し、カウンター完成度は鹿島に勝るとも劣りません。

アトレティコやリヴァプールに代表されるような、縦に早いカウンターサッカーを極めていくことは、今後セレッソのみならずJ全体に良い影響を与えることとなるでしょう。(海外志向に合わせることは、リーグのレベルを上げることに繋がるはず)

対する横浜は今季5位でリーグを終えます。

モンバエルツ監督のもと非常に徹底的な守備を敷くスタイルは、例えるならばユナイテッドのモウリーニョ。セレッソとはまた違った気迫が自陣ゴール前の選手からは感じられます。

ただ、攻撃パターンが多いとはとても言えず(斎藤離脱など不運も重なった結果でもある)、それがACL出場権を獲得できなかった要因の一つでしょう。

セレッソのような個の力のあるFWも在籍していませんし、決勝でもその差は如実に現れてしまうかもしれません。(ただしセレッソ不動のcf杉本は負傷離脱)

出典 http://muddlenews.blog.fc2.com



厳しい試合展開も予想されますが、天皇杯準決勝で見せたような粘り強さを見せ、何とか先制点を奪い試合を優位に進めたいですね。

 

 

 

両チームの対戦成績 有利はセレッソ?

今シーズンを上位で終えた両クラブですが、直接対決で圧倒したのはセレッソ大阪になります。

5節では2-0の完封勝ちを収め、直近32節でも4-1と完勝。

特に32節は先制したにもかかわらず後半に4点を返されるなど、横浜からしてみればダメージの残る敗戦だったのは事実です。

そもそもモンバエルツ監督は守備的なサッカースタイルを得意としていますが、その実余り攻撃パターンを持ち合わせててはいません。

川崎の要にパスを回してくるチームならともかく、セレッソのようにハイプレスをかけてくる敵相手では攻撃を組み立てずらく、押し込まれれば厳しい状況が続いてしまうでしょう。(ラインは高いため、裏のスペース目掛けたカウンターは有効か?)

32節でも、先制後は敵のプレッシャーからくるミスが相次ぎ、結果的にそれが失点に繋がってしまいました。

ですから天皇杯でも必然的に苦戦が予想されます。

横浜としては、ハイプレスを殺すようなロングカウンターで前がかりとなっているDF・MFラインの裏を着きつつ、徹底的な守備でゴールラインを割らせないこと。

敵がプレスをかけてくるタイミングを見計いボールを蹴りだし、それに連動するようにFWが裏抜けの動きを見せれば、少なからず敵のDFラインを混乱に陥れることが出来るでしょうか?

そのためには精度の高いフィードが絶対条件ですが、しつこく試合の中でそれを繰り返していけば必ずチャンスは生まれます。

苦しい展開が続くことも予想できますが、モンバエルツ仕込みの粘り強さを発揮してほしいですね。

一方セレッソは当然プレスの弱点であるカウンターに気を付けつつ、横浜の固い守備に相対する我慢強さが必要になります。

出典 http://ikemenfot.blog.fc2.com



巧みな守備戦術を誇る横浜が引いて守れば、そう簡単に崩すことは難しいはず。だからといって焦って前線に人数を掛けすぎては敵のペースにはまるだけでしょう。(高すぎるラインでは裏を取られやすくなる)

基本的にはハイプレス・パス回しを軸にしつつも、じっくり構える時間帯を織り交ぜることも必要かもしれません。

決勝ですので終始テンションの高いプレーが続く可能性もありますが、ペース配分を考え試合功者振りを発揮し、相性の良さを見せつけたいですね。

 

 

ブックメーカーのオッズで優勝予想

それでは天皇杯の優勝クラブを、ブックメーカーのオッズを予想しましょう。

ブックメーカー1xbet セレッソ勝利 2.2 引き分け 3.38 横浜勝利 3.66


ブックメーカーウィリアムヒル セレッソ勝利 2.15 引き分け 3.20 横浜勝利 3.30


セレッソが若干有利との予想となっています。

やはり今季の対戦成績はセレッソが圧倒的ですし、横浜は守備に回る時間帯が多くなることも予想できますね。

ただ決勝はイレギュラーが起こってもおかしくはありません。

特に杉本の負傷離脱はセレッソにとって大きな痛手となることでしょう。

勝負の鍵は先制点が握っているとみて間違いなさそうです。

 

 

総括

元日に行われる天皇杯決勝。

今年は2冠を狙うセレッソと、ACL進出を狙う横浜がぶつかり合います。

果たして勝利で栄光を掲げるのはどちらのチームになるのでしょうか?

注目の一戦は元日2時40分キックオフ。

日本人ならこの戦いは見逃せませんよ。

 

アイキャッチ画像 出典 http://muddlenews.blog.fc2.com

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る